2012年12月

2012年12月30日

仕事納め!?

b1fb52e5.jpg

大阪松竹座は1月1日が初日です。

毎年初日は1月2日でしたので、まぁなんとか1月1日にお休みをいただいておりましたが、今年は元旦から張り切っています!

大阪松竹座の初春大歌舞伎公演は襲名披露公演です。

二代目市川猿翁、四代目市川猿之助、九代目市川中車襲名披露公演。

2012年の6月7月、東京の演舞場で行われた話題の公演が大阪に。歌舞伎ファンならずとも香川照之さんが市川中車として歌舞伎の舞台に立つことで、注目している方も多いと思います。

幕間のイヤホンガイドでは、6月7月の演舞場での公演の際に放送した四代目市川猿之助さんのインタビューと市川中車さんのインタビューを再放送致します。

インタビュー中には驚きの演出があって、ジーンとくること間違いなし!また、中車さんには、前回の6月の公演を前にした緊張のお声とともに、一ヶ月の公演を終えた感想もお聞きしています。

映像と歌舞伎とでの芝居の作りこみに関する違いを中車さんが語ってくれています。そうゆう心境だったのか〜!

また、猿之助さんのインタビューでは、ウィットのきいた会話の中にインテリジェンスな雰囲気が醸し出されています。頭の回転の速さ!すごいです。

これらは、イヤホンガイドの放送でしか聞けないお宝音源。是非とも、大阪松竹座でイヤホンガイドとともにお楽しみ下さい。

そして、

そして!

イヤホンガイドでのCM放送にもご注目を。

2月の松竹座に出演する“あの方”が登場して、バックミュージックとともにハジけてくれています。これもイヤホンガイドだけでしか聴けないお得な放送。

初日に向けて、関西イヤホンスタッフが只今、絶賛編集中です。あれこれと準備をして、皆様のご利用をお待ちしております。



keggm2005 at 17:58|PermalinkComments(6)TrackBack(0) イヤホンガイド 

2012年12月20日

前へ進む

a1b2ccaf.jpg

それでも、前へ進む!

今はこれしかないと思います。

そして、一期一会。

観劇のお客様に、とっておきの時間を楽しんでもらいたい。イヤホンガイドもまた一期一会。

舞台と客席とをつなぐ重要なアイテムとして、日々頑張るのみ。

 



keggm2005 at 20:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年12月11日

悲しみの中

712f8512.jpgそれでも、



幕が開く。



役者はセリフを発する。



満場の拍手のなか。


今月の南座、夜の部イヤホンガイドの「口上」の前の休憩時間の前説は必ずお聞き下さい!

勘三郎丈と親交が深かった塚田先生がどんな想いでこの前説の録音を行ったか…。


keggm2005 at 18:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日常 

2012年12月06日

信じられない

昨日からのニュースでそれが現実だというのに、やはり信じられない。


十八代目中村勘三郎さんがこの世にいないなんて…。

全ての歌舞伎ファンをどん底に突き落とした訃報。

57歳は若すぎる。

悔しい。

もう何年も前。
ある劇場のエレベーターで偶然いつも同じ時間に出くわす時があり、恐縮しながら乗り込む私に
「あ〜いつもの子だぁ」と気さくに声掛けてくれて、
「この階には何があるの?」と聞かれて、イヤホンガイドのオペレートについて軽く説明したら、
「じゃあ、役者がセリフ飛ばしたら大変だ!」

ほんの少しの説明だけで、どういう事態になるか瞬時に判断する、そのちょっとした会話だけで、なんと頭の回転が早い人なんだろうとびっくりしたのを思い出します。

私みたいなスタッフにも気さくに声掛けてくれて、分け隔てなく誰とでも接する。その人間性の素晴らしさ!

ひと度舞台に立つと、気迫は圧巻。
女形の大曲、舞踊の『京鹿子娘道成寺』を踊った時のこと。
早着替えに舞台の袖に引っ込んだ時、慌てるスタッフに
「焦らなくていいよ。大丈夫だから」
と声を掛けていたのが印象的でした。

スタッフはそのひと声の気配りに、この人の為には何だってしてあげようと思います。
結果、客席・舞台が一体となる素晴らしい芸が生み出される。


同じ時代に生きられたことに感謝。

かくも天才は生き急ぐものか。

合掌


keggm2005 at 08:02|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 日常