2015年07月

2015年07月29日

ギョーザ

02e402d1.jpg先日24日は、旦那さんの誕生日でした!

お友達が開催してくれた誕生日パーティーに出掛けた旦那さん。

私はお仕事で、帰宅して1人で餃子を食らいました!
前の日の休日に、たくさん作り過ぎた餃子。
初挑戦でしたが、なかなかうまく出来て満足
焼き加減も良しかと。

まだまだあって、ひとまず冷凍保存。しばらく我が家の非常食となりそうです


keggm2005 at 20:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日常 

2015年07月28日

三菱東京UFJ銀行より大切なお知らせです

こんにちは!

swgywdcwdnxhlgqgmevvuq851654162840656884522a4ukrav1vrypa0ewvxqkxoqvthuyhjpkabypiwubtj043593950433312183846gem3zvp86prjcoikhcvwlsdybxfgbkggrtvksimcor145184724180434617851jzzcuzdnyuo3g3uizesyi

(平成27年7月28日更新)「三菱東京UFJ銀行」のシステムが安全性の更新がされたため、お客様はアカウントが凍結?休眠されないように、直ちにアカウントをご認証ください。

chtxsuhnxdfbpmdbllnifw354077792137367372544vetxprewirtkbmpyx8brxbvutzinbqvsdqborfsgyr379584925402845618366vkk3vhbzir2stnmun027vganekamguujzwjwhpfjmh361075790160966243371wqcxrg0s9sa1mnjqdbqli

以下のページより登録を続けてください。


――Copyright(C)2015 The Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ,Ltd.All rights reserved――

nvztqadwbataqdpewnqtfx5979218473710782445223rufa3dyiquvo3nfprux8ibqihyaopcrrpvchwddwc439303140000832946813x4kxuv5oysrgnoditff64mptpxjhiqtnihtyqivdrl51493073540367711435008eton68ipwyiiypriyyi



keggm2005 at 06:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日常 

2015年07月27日

阿弖流為

7d5b15ce.jpg今月、アテルイ観てきました〜。
今日で東京の新橋演舞場は、千穐楽ですね。

私が観劇したのは金曜日の夜だからか、さすがに演劇女子が多かったです

全体的に出演者みんな、『ナイスファイト』って感じ。
そしてなぜかなぜか、萬次郎さんが凄く本物の女性に見えたんですけど『女形』じゃなくて、『女優』くらい。何マジック

あと、亀蔵さんの使い方が良かった〜
あの大きいキャラと口跡は、新感線的には新太兄さんの位置やな、と。

染五郎さん、めちゃかっこよかった。この先の十年、二十年がほんと楽しみな役者。

圧巻はやはり勘九郎さん。
最後、染五郎さんと勘九郎さんの一騎打ちの所、勘九郎さんのヅラが取れちゃったんです。
そしたら、勘九郎さん、タメ(間)を作って羽二重を取って地面に投げつけたんです
もう、場内拍手の嵐。

違和感なく芝居の間や、雰囲気を把握してれば、アクシデントさえも、演出効果になるんだと、勘九郎さんの役者魂を見せてもらった気持ちです。

あの世界観は、新感線ならでは。
歌舞伎next、次は何かな?

これから楽しみです


keggm2005 at 12:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日常 

2015年07月25日

またまた遅ればせながら

9f024d4d.jpg今月歌舞伎座の夜の部で『牡丹燈籠』のイヤホンガイドの解説を担当しておりまして、
もう楽日に近いというのに、首から肩にかけてのコリやダルさが治らず、やっぱりそうかな〜と、
満を持して、『怪談 牡丹燈籠』の作者、三遊亭圓朝のお墓参りに行って来ました!

谷中の全生庵というお寺です。

谷中に行くのは久しぶりで、なんとも言えない情緒があって好きな街です。

さすがに、有名な三遊亭圓朝だけあって、お墓の場所も分かりやすく案内が立てられてありました。

夕方の墓地に西日があたり、幽玄な世界が広がっていました。お水をあげ、手を合わせました。

無人の墓地を、外人の男性が観光に訪れておりました。

ここら辺りは、お寺が多く和テイストのお店もあって外人の方がたくさんいたのも納得。

ひとまず、大変遅ればせながら作者の三遊亭圓朝の墓参をさしていただき、これで、肩の重さがなくなるかな〜と思っていたのですが、変わらず

単なる私の運動不足的なダルさ、なんでしょうか

ま、とにかくも気になっていたので、気持ち的には、スッキリ


keggm2005 at 12:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日常 

2015年07月01日

怪談 牡丹燈籠

7月は歌舞伎座の夜の部で、
『怪談 牡丹燈籠』の第一幕のイヤホンガイドの解説を担当させていただきます。

そして、

そして、

気のせいかも知れませんが、

どうも、原稿書き始めたタイミングから、肩が重いのです。

最初は寝違いかな〜と思ってましたが、整骨院に行っても改善せず。

実在の話でもないのに、もしや、乗っかってるそっち系のダルさや重さかと。。。

六代目尾上菊五郎は、上演したら必ず祟りがあると、舞台にかけたがらなかったそうです


keggm2005 at 14:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日常