エゴマ・ベンガルの風にのって

 エゴマのふるさとはアッサム地方より中国雲南省と推定されています。今では文明の発達により地球の大気の流れを気象衛星により見ることが出来ます。  その衛星画像を見ると春と秋に流れてくる雲はベンガル湾でわき上がり中国を経て日本にやってきます。  この気流の流れのままに日本に流されてきたエゴマは私達日本人そのままの歴史です。
 1万年〜5500年前の縄文時代から栽培され、食べ伝えられてきたエゴマ。日本人いや人類に大切な油脂植物だったのです。古代人の私達の祖先はどのような思いでエゴマと共に風に乗って日本に到達したのでしょうか。

 優しく吹く秋風にゆれている白いエゴマの花に、毎年ふるさとから便りが届くのでしょうね。

日本エゴマの会・ふくしまオンラインショップ

エゴマの販売 エゴマの栽培 エゴマの料理

乾燥が始まりました


DSC_0327

昨日は雷雨を期待したのですが積雲が流れて来ただけでした。


畑も次第に乾燥してきましたね

子5月から6月にかけては中緯度高気圧の影響で乾燥した空気に覆われやすくなります。



エゴマの苗を乾燥から守るために覆いをして保護しています

地下からの水分が覆いに受け止められて再び水滴となり土へ戻ります。
DSC_0330
この覆いは水分も通すので散水もできますがまだその必要は無いようで。

5月28日に蒔いたエゴマの中性種です。種を蒔いた後はしっかりと散水をしました。

なので今もしけっている感じですので散水は明日行います。


この寒気の季節にしておかなければいけないことは梅雨時期の真逆な過湿状態になる雨の畝立てもしなくてはいけないです。
植物栽培って厄介ですね

覆いを外す


っ早生の芽早生種の覆いを外しました。

育ちすぎないように早めに外しました。


覆いをそのままにしておくと雑草も元気に育ちます。

外した大井は次の田村黒種を覆います。


無農薬エゴマで生まれた卵💛

DSC_0293
栃木県で養鶏などの資料を提供している飼料の中にエゴマの搾り粕を入れた卵が出来ています。

昨日の下野新聞にも載っているそうです。

せっかく無農薬無化学肥料で栽培したエゴマなのでこのように上手に利用していただくとうれしいですね。

DSC_0291


輸入したエゴマはポストハーベストなどで農薬が残りやすくなっています。
更に工程上で洗浄が無い工業的搾油の搾り粕も不純物が含まれている可能性があるので動物の体にも良くありません。

おかしな病気が発症するかもしれないので安全なものを確認して利用してみてください。


大切が家族が食べる卵、ちょっとだけ奮発して卵かけごはんをいただきましょう。




ここの企画者も健康を考えて始めたえごま卵です。推薦できます。

この他にお喜多方市山都町の日暮農園産や近所のアニマルフォレスト移の森さんでも美味しい卵の飼料に使用しています💛

早生種の芽が出始めました。


早生種の芽
5月26日

5月17日に蒔いた。
早生種の芽が出始めました

定植は約30日後になると思えますが気温次第です。

早生白、葉食白


DSC_02635月25日の作業は

ほんの少し早生種の白種を蒔きました。
右側二畝です。


左側にはは葉食用の白種を蒔きました。


DSC_0273


不織布も張終わり


発芽を待ちます。







極早生の定植

5月24日

DSC_0229極早生種の定植をしました。

今年初めての定植作業なので、ただいま筋肉痛、働きながらスクワットを何百回も行った感じです。

極早生畑
定植した面積は

約8アール
時間は実働約5時間ほどで終了です。

刈り取り時期は9月15日ころになります。



やませのなので管理仕事


前やませの雨が続き土と交われない日が続きます。予定の定植が出来ないので畑の見回りへ


雑草が勢いを増して育っています。雑草にとっては
恵みの雨のようでした。

なので


あと
征伐

今はギシギシが畑の周囲を覆っていました。

農業の時間給は法令違反ですね
でも自由はつかめますね💛

少しのお金で活きられる、考え方を変えましょう。

そして悪い油を産まないように。



中性種の種まき準備をしましょう。


中性種の種蒔きの準備をしましょう。


種蒔きの時期は白種が25日ころから

黒種が30日ころから
どちらも前後5日間の余裕があるのでそのあたりで種まきをしましょう。


極早生種、定植へ

DSC_0107苗が育って

仮植も下の穴からしっかりと出てきたので


定植DSC_0109


今日から始める予定でしたが天候次第では23日ごろになってしまいそうです。


天気予報ではでは北東風が吹くとされていましたので耕しておきました。

苗が大きくならないように水やりは少なめにしておきます7.


恵みの雨なのでその前に🎵種まき

DSC_0103昨日も予定を変更して種蒔きをしました。


床を作り筋を引いてそこに蒔きます。

好転した深さがあるのでうまく床が出来ませんが所定の間隔に蒔きました。



DSC_0104

とこは踏み固めて

保水を高めて

十分に散水を施して
DSC_0130



保護布で覆います。

左に列が前回分今回は25アール分を蒔きました。


良く芽が出ますように
発芽予定は8日後、早いものは6日で出てきます。

27日日には芽が出そろうでしょう、問題は発芽を促す気温です。







記事検索
Archives
問い合わせ
このブログのメールアドレス。 egomanokaifukusima@gmail.com
livedoor 天気
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

    • ライブドアブログ