HURRY UP HARRY!!! Ver2.0

au oneから移転。 全力で無気力、真面目に不真面目、そんなブログ。

アイドルの手料理をいただく。

エナンザム!

d2b64a88.jpg

どうも、秋葉原にあるグッドスマイルカンパニーのカフェがモバマスとコラボ中なので行ってきました。
上の写真はプロデューサーさん達にはおなじみのアイテム、エナジードリンクを商品化したものです。味は普通の栄養ドリンクでした。

eeb50899.jpg
こちらは安部菜々のウサミンパワーお月見うどん。味は普通の冷凍…ゲフンゲフン!

ba75acf0.jpg
おまけというかこちらが本体というか、ランチョンマットが付いてきます。ちなみに左下が安部菜々ちゃん。


3/17までコラボしてます。2/25と3/7にメニューの差し替えもあるので、プロデューサー諸氏はぜひ。

新年のご挨拶

明けまして以下略
まずはコミケのお礼から。
おかげさまで持って行った部数は全て頒布できました。意外と感触が良かったので、チャンスがあれば第二弾を作りたいなあと、作り手側は勝手に意気込んでいます。大してお金はかかってないので、時間があれば作るやもしれません。
まあ、次があるにしろないにしろ、本当にお越しになった皆様に感謝感謝です。



さて、昨年も大変お世話になりました。
ハリーさんは2013年の幕開けをムーンライトながら車中で迎えました。これぞ鉄オタの鏡。
ちなみに東京駅発車まで時間があったので、時間潰し用に秋葉原のメロンブックスでモバマスの同人誌を漁ってきました。蛍の光が流れるなか、閉店5分前に会計を終える荒技。これぞ二次オタの鏡。

なお、今年はこれまで以上にリア充なブログを目指していくのでよろしくお願いします。手始めに正月はメロンブックス巡りから始めますかねぇ。

C83告知

さて、冬コミですね。まさかのサークル参加ですよ。
東ム10a『精神17きっぷ』にてお待ちしております。と言っても、時折席を外すかと思いますので、実際に座ってるかどうかは分かりませんが。

で、良いお知らせと悪いお知らせがあります。
良いお知らせは、なんと無料頒布です。
悪いお知らせは、お金を頂戴するのがはばかられるクオリティということです。

なお、サークルでの名前は『チェリー』さんなので『ハリー』とか言っても反応ありません。あしからず。

メリークリスマス!

4b4a7335.jpg

コミケ頒布物製作の合間にやってみた。しょぼいが反省はしていない。ニャル子可愛いよニャル子。笑顔があざとい可愛いよ。

共通テーマ:自民党が圧勝!今回の選挙、どう思いましたか?

ブログネタ
自民党が圧勝!今回の選挙、どう思いましたか? に参加中!
まあ、結果に関しては大半の人の想定通り自民完勝でしたから特に何とも思いません。ただ、小選挙区の当落を見ていると、有権者はちゃんと資質や能力を見ているんだなあと感じました。
この逆風の中でも小選挙区で当選した民主党議員を見ると、3年間で一定の成果を残した人が並びます。逆に閣僚経験者や現役閣僚ですら、目立った成果が無い、もしくは失策をした人は比例復活さえままならない票差がついています。
これは何も民主に限った話ではなく、維新や未来などの新興勢力にも言える話でしょう。特に未来は民主離党組の敗北が続き、党や党首の名前では勝てないことを表しています。維新も、本拠の近畿以外では小選挙区では苦戦した人が多く、比例復活に救われた人も少なくありません。直近二回の選挙(とその後の政治)を経て、有権者の見る目も育ってきたということでしょうか。
今後ですが、安倍政権には安定政権を期待したいところですし、それをやれるだけの環境は整っています。公明と合わせて320を越える議席を得、参議院第一党の民主とは三党合意など対立の軟化の兆しもあります。第三党の維新とは政策が近いことを考えれば、「決められる政治」は十分に可能です。前回の安倍政権は「空気が読めない」などと揶揄されましたが、当時国民が望んだ景気対策や社会保障改革よりも防衛省格上や国民投票法を重視したのも否定できませんし、それが短命に終わった一因でもあります。まずは経済政策で一定の成果を出し、消費税増税を実行できるかどうか。そこに道筋がつけば、集団的自衛権や憲法改正への視界も開けてくるでしょう。
他方民主党です。大量離党と大敗で党内の純化が進み、力のある議員が残りました。新代表の下、じっくりと力をつけることが求められます。五年後十年後の政権奪取を目指すくらいのスパンでの党勢回復、人材育成を期待したいところ。閣僚を経験していないような若手が新代表となり、ベテランがそれを支える体制ができれば、民主党の未来は決して暗くはありません。
維新とみんなの党は自民との距離感が問われます。政策の近い分野で協力しつつ独自性を打ち出せるでしょうか。
未来は小沢派が主導権を握らなければ、海外における緑の党になりうる可能性を秘めています。果たして今までの日本政界になかった勢力になれるでしょうか。

選挙は終わってからが大事です。次の選挙で有意義な判断ができるように、各党・各議員の動きをしっかり見ておきたいですね。
プロフィール

eharry2nd

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ