2019年02月25日

【談話】安倍政権は、沖縄県民の民意を受けとめ、辺野古新基地建設工事を中止せよ

http://www.zenroren.gr.jp/jp/opinion/2019/opinion190226_01.html

2019年2月25日
全国労働組合総連合
事務局長 野村 幸裕

 2月24日に投開票された辺野古埋め立ての賛否を問う沖縄県民投票は、辺野古「埋め立て」に反対する圧倒的な沖縄の民意をあらためて示した。様々な圧力をはねのけて、すべての市町村が参加する県民投票を成功させた、沖縄県民のみなさんに心から敬意を表する。
 これまで何度も、沖縄県民は、県民大会や様々な選挙で、「辺野古に新たな基地はつくらせない」という民意を示してきた。昨年9月の知事選挙においても玉城デニー知事が圧勝し、あらためて民意が示されたにもかかわらず、安倍政権は「選挙には様々な争点がある」などと言い訳をして、違法・無法な新基地建設工事を強行した。しかし、もう、この言い訳は通用しない。今回の県民投票における「埋め立て反対」票は、知事選挙での玉城知事の得票を大きく超え、投票総数の7割以上の43万4273票にのぼった。県民投票条例では、投票資格者総数の4分の1(29万票)を超えた場合、知事には結果尊重義務が生じ、首相と米大統領に結果を通知しなければならないと定められているが、その基準を大きく上回る結果となった。この県民投票の結果を、政府は重く受け止め、ただちに辺野古新基地建設のための埋め立てを中止すべきである。それとともに、普天間基地の無条件閉鎖・撤去を求めて、対米交渉を始めるべきである。
 政府は、辺野古の海への土砂投入を強行して、「工事は進んでいる」と見せかけ、県民をあきらめさせようとした。しかし、「県民はあきらめていない」ことを今回の県民投票ははっきりと示した。新基地建設にあたっては、いくつもの困難が存在している。大浦湾側の軟弱地盤の地盤改良のために7万7千本もの砂杭を打ち込むなどという工事は、どこまで費用と年月を要するのか想像もできない工事である。また、その地盤改良工事の工法変更を玉城知事は許可しない立場であり、工事の本格化は見通せない。「辺野古新基地は必ず止められる」ことは様々な点から明らかになっている。
 今回の県民投票は、「沖縄のことは沖縄県民が決める」として、民主主義と地方自治の実現を求めてたたかわれた。また、沖縄県内すべての自治体首長・議会議長が賛同した「沖縄建白書」の実現を求めて、オール沖縄でたたかわれた。その結果、沖縄の民主主義、地方自治、沖縄県民の民意が勝利した。
 全労連は、各単産・地方から沖縄県民のたたかいに支援・連帯して運動をすすめてきた。今回の県民投票の成果と到達点をふまえ、「辺野古新基地は必ず止められる」ことを確信し、さらにたたかいを広げる決意である。

以  上


ehimerouren123 at 12:50|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 全労連 | お知らせ

2019年02月01日

1月の労働相談

ハラスメントに

 「松山市内の焼肉チェーン店で、学生アルバイトで働いている。店のエキスパートから日常的に暴言、陰口などを言われ、精神的に限界が来ているので、退職を考えている。退職する手続きは、どのようにしたらよいか」という相談です。

 辞めることは簡単です。しかし、ハラスメントを辞めさせるには、勇気を出して上司や経営者に改善を求めることや職場に労働組合をつくることも重要です。

 どうしても改善されず、退職をする場合には、〃戚鶸間を確認し、可能ならば期間満了で辞めること、⊆めることを伝えること、Fいた分の賃金はもらうこと、ぜ,了纏を探すのに不都合を生じさせないこと、を考えるようアドバイスしました。


●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・

労働相談センターは、労働者の「かけこみ寺」として
相談者に問題解決のアドバイスをしています。

労働相談は 『愛媛労連労働相談センター』へ。
http://e-soudan.org/

労働相談ホットラインTEL0120-378-060
(全国の近隣の都道府県の全労連労働相談センターにつながります)

●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・

ehimerouren123 at 12:05|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 愛媛労連 | 労働実態告発

2019年01月31日

19国民春闘 アンケートからの声

2019国民春闘でアンケートにとりくみ、街頭配布などを行っています。返ってきたアンケートからの声を紹介します。

▼評価査定の面談で、上司が全く今後の事(業務)について話ができない状態であるにも関わらず、私の話を聞かない、話をそらす。「とりあえず面談完了の承認をせよ」と言われ、終わらざるをえない状況である。このような評価面談にも関わらず判定を下されるので評価査定が根本から崩れている。(正社員)

▼給与水準は減った。残業代としては、収入は増えているが、収入増とは等しくない。(契約社員)

▼支給されるものは少ないのに、要求されるものは多くて、辛い。(契約社員)

▼雇用の継続について、数日前に、月末終了を言われ、希望しない部署での勤務を条件に、雇用継続を申し渡されました。面談もなく上からの命令に驚きです。このようなやり方(手続き)の改善を要求します。(派遣社員)

●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・

労働相談センターは、労働者の「かけこみ寺」として
相談者に問題解決のアドバイスをしています。

労働相談は 『愛媛労連労働相談センター』へ。
http://e-soudan.org/

労働相談ホットラインTEL0120-378-060
(全国の近隣の都道府県の全労連労働相談センターにつながります)

●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・

ehimerouren123 at 12:04|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 愛媛労連 | アンケート

2019年01月22日

1/19愛媛労連春闘討論集会 報告

IMG_0437 1月19日、愛媛労連は春闘討論集会を開催。

 主催者あいさつで今井19愛媛春闘共闘議長は「労働条件の確定、春闘に向け3月までどう闘うのか方針を提起する。労働組合として最低賃金など社会的賃上げの運動、消費税増税ストップ、憲法改悪ストップ、地域を視野にした闘いのための討論集会として、今日の学習を春闘の闘いに活かそう」とあいさつ。

 「『働き方改革』職場での実践と活用」として社労士の鶴見伸之さんを講師に学習を行いました。

 続いて、19春闘方針の提案があり、討論を行いました。



続きを読む

ehimerouren123 at 17:39|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 愛媛労連 | ニュース

2019年01月15日

2019年春闘 はたらくみんなの要求アンケート(全労連web版)

私たちの生活向上のため、アンケートを実施しています。ご協力をお願いいたします。

2019年春闘 はたらくみんなの要求アンケート


ehimerouren123 at 11:57|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 全労連 | アンケート

2019年01月14日

2019春闘 新春合同旗開き

宣伝5 愛媛労連や県春闘共闘など6団体は1月11日、2019春闘のスタートを切る新春いっせい宣伝行動を県庁前とJR松山駅前の2ヵ所で行い、「大幅賃上げを実現し、最低賃金を大きく引き上げていくような春闘にしよう」と呼びかけました。

 夕方からは「新春合同旗開き」を開催。愛媛労連・県春闘共闘会議の今井議長は、安倍首相が通常国会に憲法9条改憲案を提出する考えを示したことに触れ、「安倍改憲を阻止するために、共同をさらに広げることが求められる」と強調。また、10月からの増税ストップ、辺野古新基地建設反対、原発廃炉など、「安倍暴走政治ストップ」で、地域とくらしを守るかたかいの共同・発展を呼びかけました。

 約120人が参加した会場では、テーブルスピーチや連帯の歌声などで盛り上がりました。



ehimerouren123 at 12:50|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 愛媛労連 | お知らせ

2019年01月11日

愛媛県国公 2019年春闘討論集会

 愛媛県国公は1月10日、松山市内で「2019年春闘討論集会」を開催し、本部より講師に招き、「19春闘をめぐる情勢と課題」について討論を行いました。

 国公賃金要求は、すべての労働者の賃上げ・景気回復を目指し、2万3千円を掲げるとともに、新たな定員削減計画阻止を求める請願署名の拡充には、世論を味方につけるため地域での運動が必要と提起されました。

 各単組からは、定員削減により職場は限界を迎えており、近年自然災害が多発する中で、国民生活を守るため公務の職場の充実が不可欠であること、最高裁での社保庁闘争を引き続き支援することを確認しました。

 県国公は、今後とも地域の活動に参加し、公務の重要性を世論に訴えていきます。

ehimerouren123 at 11:57|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 愛媛労連 | ニュース

2019年01月04日

2019年 愛媛労連議長 新春のあいさつ

 愛媛労連は、みなさんと「かちとろう大幅賃金引上げ、8時間働いて人間らしく暮らせる社会 とめよう安倍9条改憲・消費税増税」をスローガンに掲げて、2019春闘を職場と地域からの共同のたたかいにしていきたいと思います。

 職場では、―嫺要求の統一と要求書提出、∋妻鵡堝阿悗侶觸検↓ストライキ配置と粘り強く団体交渉をおこなっていきましょう。

 社会的賃金闘争を推進して、最低賃金を「いますぐ1000円、めざせ1500円」へ、そして全国一律最低賃金制度を確立させましょう。また公契約条例の制定と公務員賃金を改善させましょう。

 安倍首相の「9条改憲」発議を許さない闘争と10月からの消費税10%への増税ストップの共同を地域で広げましょう。

 春闘は労働組合の活動が、職場や地域で見える・見せる時です。新規採用の人など組織拡大・強化につながる活動にしていきましょう。


ehimerouren123 at 12:54|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 愛媛労連 | 春闘

2018年12月24日

社保庁不当解雇取消裁判 高松高裁で不当判決

 12月17日、社保庁不当解雇取消請求裁判愛媛事案控訴審の判決言い渡しが高松高裁で行われ、傍聴に84人が参加。
 判決は、裁判長が交代していたため新しい裁判長が代読し、「本件控訴をいずれも棄却する」との不当判決を告げると、法廷には傍聴席から抗議の声が上がりました。

 裁判後の報告集会では、弁護団から「厚労省に多くの欠員がおり、出向者の欠員枠を活用し救済できたとこちらは主張してきた。しかし裁判所は、証拠が出されていない国の主張に追随した。裁判の体をなしていない極めて不当な判決だ」と厳しく指摘。

 控訴人からは、最高裁に上告して闘いたいとの決意が述べられ、集会の最後に団結ガンバロウを行いました。

ehimerouren123 at 12:01|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 愛媛労連 | ニュース

2018年12月21日

トンネルじん肺根絶 第6陣提訴

 トンネルエ事などの作業中に吸い込んだ粉じんが肺に刺さり、呼吸困難などで死に至る「じん肺」の根絶を求めて、愛媛原告団の10人が12月18日、鹿島建設など62社を相手取って松山地裁に提訴しました。
 当日は原告団、組合員など約70人が集結し12時半から松山地裁前で宣伝行動を行い、通行人ヘビラを配り、トンネルじん肺根絶・基金制度創設への支援を訴えました。

 提訴後の報告集会では、トンネルじん肺根絶第6陣提訴愛媛原告団の松本団長は「裁判が長引くことで苦しむ人がいる。早期解決と今後じん肺を患う人を救済するための制度の創設を願います」と訴え、トンネルじん肺訴訟早期解決、基金制度設立に向けて愛媛原告団が一致団結して闘うことなどを確認しました。



ehimerouren123 at 11:59|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 愛媛労連 | ニュース