2016年09月14日

戦争法強行採決1年 9・19抗議行動 案内

19戦争法9・19抗議行動あの強行採決から1年。
私たちはけっして忘れていません。
廃止に追い込むまで…。

戦争法強行採決1年 9・19抗議行動

日時:9月19日(月・祝)午後1時
場所:松山市駅前・坊っちゃん広場(雨天決行)
    集会後にパレードも予定

ehimerouren123 at 19:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 平和 | お知らせ

2016年09月01日

愛媛最低賃金717円(+21円)に引き上げ

 愛媛地方最低賃金審議会は、8月5日に愛媛県最低賃金の改定について、現行から21円引き上げて、時給717円とすることを愛媛労働局長に答申しました。

P6244915 中央最低賃金審議会は7月27日に東京などAランクを25円、広島県などのBランクを24円、香川県などCランクは22円、愛媛県などDランクを21円を引き上げの目安として示しました。政府が最低賃金を3%程度引き上げると方針で示し、このことが大きく影響しました。今年も都市部の引き上げ額が大きく、格差を拡大する方向になりました。

 愛媛地方最低賃金審議会に、最賃改定の意見書か愛媛労連青年部、女性部、自治労連県本部、単協労連、介護福祉ユニオン準備会が提出し、健康で文化的な生活の保障、格差是正での人口減少対策、専門職の賃金底上げなどの点から最低賃金の大幅引き上げを求めました。


続きを読む

ehimerouren123 at 12:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 愛媛労連 | 最低賃金

2016年08月24日

県中小企業家同友会と懇談

同友会の「労使見解」に共感、連携

 愛媛労連は、8月10日に愛媛県中小企業家同友会と初めての懇談会を愛媛自治労連会館内で行いました。

 同友会からは平野・杉本両代表理事、鎌田専務理事、米田副専務理事など6人、愛媛労連からも6人が参加しました。

 双方が活動報告をおこない、同友会からは松山市中小企業振興基本条例のとりくみ、労働者をパートナーとする「中小企業における労使関係についての見解」などの説明かありました。

 愛媛労連は県内キャラバンなど地域活性化の取り組みや労働法制改悪の流れがもたらすもの、良質な雇用の創出の課題について報告しました。中小零細企業の経営と雇用を守り、住み続けられる地域づくりに双方が連携
をはかっていくことを確認しました。



ehimerouren123 at 11:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 愛媛労連 | ニュース

2016年08月20日

伊方3号機再稼働強行抗議集会 報告

P8125677 伊方原発をとめる会は8月12日、四国電力の伊方原発3号機再稼働の強行に抗議して、四電原子力本部前で抗議集会を150人が参加して行いました。

 とめる会の草薙順一事務局長は、「伊方原発3号機は5年以上動いていなかった。住民に過酷事故を背負わせる再稼働は認められない」とあいさつ。

 集会では、福島瑞穂参議院議員、田中克彦県議などが抗議の意思を表明し、原発の危険性と「原発ゼロ」「原発からの撤退」にむけ引き続き運動に取り組む決意が表明されました。

 和田宰・とめる会事務局次長が「私たちは決してあきらめない。声をあげ続け、訴訟に取り組み、必ず伊方原発を止める」抗議声明を読み上げました。

 軽水炉原発の最大の弱点は、熱のコントロール機能が脆弱で、冷却材喪失事故の可能性を絶えず秘めています。耐震安全性の過小評価、使用済み核燃料の処理方法の未確立、実効性のない避難計画はそのままです。住民の不安を踏みにじっての再稼働は許せません。


ehimerouren123 at 12:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 原発 | いのち・健康

2016年08月15日

7月の労働相談

安易な解雇を許すな!

 腰痛が原因で担当業務が続けられなくなったために解雇された60歳代の男性が愛媛労連・愛媛一般に加入しました。
  「会社は、シーツやタオルなどのリネン製品をホテル等に貸し出し・回収・洗濯・再び納品をしています。私はタオルなどを回収、納品する作業を終日行っていました。一度に運ぶタオルの重量が20キロを超え、エレベーターのない取引先もあり、かなりの重労働です。試用期間か終われば正社員にするという言葉を励みに、日々奮闘しましたが、椎間板ヘルニアを発症してしまいました。納品と回収業務が続けられなくなったため、配置転換を申し出たところ、解雇になりました。正社員の求人に応募したにもかかわらず、試用期間として時給800円でした。腰痛に苦しむ同僚がいると聞きます」

 解雇の撤回、腰痛対策の抜本的強化などの要求で団体交渉の準備をしており、労災申請も行う予定です。

ehimerouren123 at 12:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 労働実態告発 | お知らせ

2016年08月08日

7/30愛媛9条の会総会、青井美帆先生講演 報告

P7305487 7月30日、東温市で「憲法9条をまもる愛媛県民の会」の第13回総会が開かれ、記念講演も行われました。

 記念講演では、青井美帆先生(学習院大学法科大学院教授)が「いま改めて憲法9条を考える」のテーマで講演。

 第二次世界大戦での政治の失敗、侵略戦争の反省、軍国主義にならない憲法、日本国憲法は軍隊の統制ができず、破滅的結果を招いた反省から生まれた『平和憲法』と呼ぶべきもので十分な理由がある、前文、9条などがそれにあたる。自由のため、1人ひとりの自由の保障とは破滅的結末を否定するもの。

 先人の努力を見れば、昨年の国会でのひどい答弁、現在の国会の軽すぎる議論とは比較にならないほど、立憲主義をわきまえた国会、9条をふまえた議論、傾聴に値する議論が行われてきていた。何を残して何を考えるのか、その場合にこれまでの議論を無視してはいけない。

 前文に深い意味を持って、今の時代だからこそ読まなければならない。現行憲法、9条はアメリカおしつけではなく、幣原喜重郎が起源となっている説がある。

P7305504 現行憲法が『自由のため』、一人ひとりが自分の人生を自分で決めて生きられることを保障するために、前の大日本帝国憲法下での『お国のため』と、軍事が人権を大きく制約する、憲法を内側から食い破り、特攻隊という命を命と思わない命令、軍の大権が天皇の大権―こうしたことを否定し12条、13条、24条などを定めている。

 平和はその『自由』の基礎であり、権力こそが個人の自由を一番制約するもので、法の執行、憲法ということを人頼みにしないための法・規範とさせること。武力による平和解決は解決に至らない。簡単に壊すにはもったいない議論。

 9月の国会では「憲法を変える」ということを基調にどこからどこまで変えるのかという報道になるだろう。今声をあげていわないといけない。
 「過去に学び、今から未来へどういう日本を残すのか」と言う点、それらを考える基礎となる講演でした。



続きを読む

ehimerouren123 at 17:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 平和 | 学習

2016年08月05日

2016愛媛県最低賃金の改正決定(答申)に対する声明

愛媛県最低賃金の改正決定(答申)に対する声明


2016年8月5日   
愛媛地方労働組合連合会青年部長


本日、愛媛地方最低賃金審議会で目安どおりの21円を引き上げ、717円とする答申がありました。愛媛地方労働組合連合会青年部(愛媛労連青年部)は、目安が過去最高とはいえ今回の改定額をもってしても、憲法25条の生存権を保障できる生活に足る額には及ばないことについて、愛媛労連青年部が愛媛地方最低賃金審議会に提出した意見書の内容に沿って理由を述べ、異議を申し立てます。



続きを読む

ehimerouren123 at 20:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 愛媛労連青年部 | 最低賃金

2016年08月03日

8/3建交労青年部反核トラックキャラバン愛媛入り

13886410_664094113759900_5006752633580856007_n 建交労全国青年部の反核トラックキャラバン隊が8月3日愛媛入りしたので、市駅前宣伝に駆けつけましたよ!これから広島に向けてラストスパートだそうです!ファイト!

ehimerouren123 at 17:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 愛媛労連青年部 | ニュース

【談話】安倍政権の新たな経済対策について

http://www.zenroren.gr.jp/jp/opinion/2016/opinion160803_01.html

 安倍政権は昨日2日、「未来への投資を実現する経済対策」を閣議決定した。「財政措置」などの誤魔化しで水増しした結果、事業規模は28.1兆円に膨らんだ。“真水”といわれる国と地方の歳出は7.5兆円であり、それも複数年での編成である。こうまでして事業規模を大きくしなければないこと自体、日本経済の深刻な行き詰まりを示すものといわなければならない。

 具体的な内容も、「21世紀型のインフラ整備」として、リニア中央新幹線の最大8年前倒し整備をはじめ整備新幹線や高速道路の整備、大型クルーズ船受入れのための港湾整備、首都圏空港の処理能力拡大など、従来型の大型公共事業が目白押しであり、国民に大きな将来負担を強いるものとなっている。また、「安全・安心の確保」の名目で、自衛隊の警戒監視態制の強化や迅速な展開・対処能力の向上、弾道ミサイル攻撃への対応なども盛られており、とうてい容認できない。

 「一億総活躍社会の実現の加速」として、低所得者に対する1.5万円の給付金支給(19年10月の消費税10%増税時の軽減税率導入までの間の「簡素な給付措置」)や公的年金受給資格を得る必要期間の25年から10年への短縮などが盛られ、給付型奨学金については「予算編成過程を通じて制度内容について結論を得、実現する」という表現に止まった。また、「働き方改革の推進」が成長と分配の好循環を強化する「最大のチャレンジ」とされているが、同一労働同一賃金の実現や長時間労働の是正などは、曖昧な表現に後退している。本気で総活躍というのなら、「多様な働き方」ではなく、働き続けられる賃金・労働条件の底上げこそ必要だということを強く指摘する。
 また、インフラなどの海外展開支援や中小企業等の経営力強化、農林水産業の輸出促進・競争力強化などが盛られているが、輸出・海外頼みや中小企業の事業転換(再編・淘汰)ではなく、地域経済の安定・底上げこそ、日本経済の回復のためには必要である。なお、雇用保険料の再引き下げも盛られたが、やるべきは改悪され続けてきた給付額や給付期間の充実であり、そうしてこそ質の悪い仕事に飛びつかざるを得ない状況をなくし、雇用の安定を確保することができる。

 最低賃金については、先般の目安答申が全国加重平均24円となったことを「非常に高い水準となった」と手放しで持ち上げているが、この水準では人間らしいまともな生活はできないし、経済への波及効果も限定的である。今回の経済対策も冒頭で、「少子高齢化や潜在成長力の低迷といった構造要因も背景に……個人消費や民間投資は力強さを欠いた状況にある」としているが、日本経済の持続的回復のために必要なのは、すべての働く人々の賃金の底上げであり、そのための中小企業支援の抜本的な拡充である。参議院選挙でもほとんどの政党が最賃1,000円を掲げたが、「今すぐ最賃1,000円以上」の政治決断、さらに全国一律最賃制の実現が強く求められる。
 全労連は、アベノミクスの転換を求めて、賃金の底上げをはじめ、持続可能な地域循環型の経済・社会を求めるとりくみと共同を、地域を基礎にさらに発展させていく。

 2016年8月3日

全国労働組合総連合
事務局長  井上 久


ehimerouren123 at 16:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 全労連 | お知らせ

2016年08月01日

2016愛媛県最低賃金改正にあたっての青年部意見書

2016年7月26日
愛媛地方最低賃金審議会会長 様
愛媛地方労働組合連合会青年部長

          
愛媛県最低賃金改正にあたっての意見書


 私たち愛媛地方労働組合連合会青年部(略称:愛媛労連青年部)は、愛媛県内ではたらく青年労働者の権利を守り、労働条件改善のために日々活動しています。最低賃金の引上げはすべての労働者の賃上げにつながること、とりわけ低賃金で働く青年層の要求としてとらえて取り組みを強めています。

(1) 最低賃金引き上げの声が県内でも高まっていること
 今年の春闘で、愛媛労連1万枚の春闘アンケートを街頭や工場門前など未組織を対象に配布しました。そのうち2%の回答がありました。以下自由記述欄を紹介します。

「派遣として勤務して数年経ちますが、毎年賃金が下がり、毎年入札によって派遣元が変わるため、有給などもリセットされる。一番安いところが落札するので、とにかく時給が安い。使い捨てなので、仕方ないと思いますが。(女性、30代、派遣、公務職場)」

「労働時間が長く、基本給がとても低いです。(中略)基本給は121,000円一応残業代が出るものの、とても少なく1人暮らしではとても貯金なんて出来ません。(中略)時給にすると約614円(女性、20代、正社員、接客・販売)」

「賃金の安いパートに余分な仕事をさせすぎて困る。賃金も上がらないし、やる気もなくなる(男性、20代、パート、食品製造業)」

など青年労働者の悲痛な叫びが綴られていました。
 また、春闘アンケートの集計結果から幾つかの項目をピックアップしてみると、
生活実感について
かなり苦しい25.5%、やや苦しい43.5%と苦しいと答えた人が7割
現在の賃金について
700円未満4%、700円台28.4%、800円台36.5%で7割が900円未満
時間額での賃上げ要求額は
200円以上と答えた方が53.9%
以上のように、現在の生活実感では苦しく感じており、現在の時給から200円以上の引上げ額を求めている事がわかります。


続きを読む

ehimerouren123 at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 愛媛労連青年部 | 最低賃金