2023年08月07日

7/31愛媛地方最低賃金審議会で意見陳述

7/31(月)愛媛地方最低賃金審議会が開催され、意見陳述が行われました。

今年は4本の意見書が出され、コープえひめ労組と愛媛労連青年部が最低賃金の大幅な引き上げを求めて、意見陳述を行いました。

審議会に愛媛労連から「最賃署名1,002筆」が提出されたことも報告されました。


続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
ehimerouren123 at 18:00|PermalinkComments(0)愛媛労連 | 最低賃金

2023年05月10日

2023愛媛憲法集会 報告

憲法を守らせよう。一人ひとり、3.5%が変われば社会が変わる!まもれ命とくらしと仕事・学ぶ権利

5月3日(水・祝)『5.3愛媛憲法集会』が松山市コミュニティセンターで開かれ、約700人(オンライン含む)が参加。

午前中は平和のひろばを開催し、物品・書籍販売など多彩な催しが行われました。

DSC08151
集会のオープニングには、歌の披露があり、続いて「憲法に思う―私の意見」として4氏の発言がありました。

記念主催者あいさつで井口秀作代表委員(愛媛大学教授)が「『新しい戦前』という言葉が聞かれるが、裏を返せば80年近くの間、日本は戦後であり続けた。憲法を形骸化しようとするが、憲法は死んでいない。だからこそ憲法改正の動きが執拗に出てくる。憲法は紙の上の言葉の集まりではなく、それを社会に活かそうとするさまざまな運動があって初めて実態を持つ。憲法を守る運動は、憲法をテコに権力に何かを迫る運動。『憲法の死』があるとすれば、それは我々が憲法が形骸化しもはや役に立たないとあきらめた時、それは改憲勢力が願っていること。憲法を守るために力を合わせよう」などあいさつ。


DSC08246
落合恵子氏(作家、クレヨンハウス主宰)が記念講演し、先日亡くなった愛媛県出身の大江健三郎氏との思い出にも触れ、「大江さんが憲法を守ることについて『憲法を守るという運動を私は守る。それは日本人が最も上等な70年の間に鍛えぬいた一番上品な習慣ではないかと思う』と話したが私もそう思う」と語りました。また「大事な仕事は、次の世代へバトンを手渡すこと。そのために『(あの人たち)生き生きしている、かっこいい』と感じてもらう活動をすること」と話され、「1人が変われば社会が変わると言った人がいたが、現代では3.5%。3.5%が変われば社会は必ず変わる。ここにおられる方は3.5%の方、私たちがもっと動けば社会は変わる。私たちが3.5%になりませんか。私は本当はこの扉の向こうで『憲法集会だってよ』と言ってる人を捕まえて、考えませんかと言いたい。1人が5人変える、その5人が5人を変えると見た時、変わるものがある」など話されました。


DSC08329
続いて、集会宣言を採択後、憲法アピールパレードを行いました。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
ehimerouren123 at 15:00|PermalinkComments(0)憲法 | 愛媛県

第94回愛媛中央メーデー 報告

DSC080005月1日、愛媛中央メーデーが開かれ約130人が参加。労働組合・民主団体・争議団の決意表明がありました。デコレーションコンテストなども行われました。

「日本政府も唯一の戦争被爆国として核兵器禁止への道に参加すべき」「軍事費を削って、いのち・くらし・教育・福祉にまわせ」「地域の公共を私たちの手に取り戻す運動を」「同一労働同一賃金などの格差是正、ジェンダー平等の実現、長時間労働の解消を求める」「持続可能な社会の実現へ職場・地域で声をあげ行動を」などのメーデー宣言を採択。

DSC08043伊予労連の久保議長が閉会あいさつし、団結ガンバロウで集会を締めくくりました。メーデー集会後、松山市駅前に移動し、大宣伝を行いました。


 メーデー(May Day、直訳すれば「5月の日」)は、世界各地で毎年5月1日に行われる祭典。ヨーロッパでは夏の訪れを祝う意味を持った日である一方、旧東側諸国などでは労働者が統一して権利要求と行進など活動を取り行う日としている国もある。「労働(者)の日」(Labour Day)ともいうが、いくつかの国ではその国独自の「労働者の日」を定めているため、International Labour Day との言い方も存在する。 wikipediaより



続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
ehimerouren123 at 09:09|PermalinkComments(0)メーデー | 愛媛労連

2023年04月28日

第94回愛媛メーデー 案内

2023mayday1
2023mayday2



第94回愛媛メーデー

5/1県内のメーデー集会について、ご案内します。
〇愛媛中央メーデー
5月1日(月)10時〜
城山公園ふれあい広場(西口)
〇新居浜地区メーデー
5月1日(月)9時〜
中央公園
〇内山地区メーデー
5月1日(月)10時30分〜
内子町役場町民会館内 ※デモなし

このエントリーをはてなブックマークに追加
ehimerouren123 at 09:33|PermalinkComments(0)愛媛労連 | メーデー

2023年04月27日

2023年5・3愛媛憲法集会 案内

20230503kenpou


2023年「5・3愛媛憲法集会」は、コロナ対応でここ数年は開催中止や規模を縮小しての開催となりましたが、18年目の開催となる今年は5月3日(水・祝)に松山コミュニティセンターで開催されます。

今年の記念講演には落合恵子さん(クレヨンハウス主宰)が「一市民であることの、尊厳と誇り…まずは、沈黙を破る」と題して講演。

2023年5月3日(水/祝)松山市総合コミュニティセンター・キャメリアホール

《集会プログラム》
10:50〜13:30 平和の広場
12:30 ホール開場
13:00 開会
13:30 記念講演 落合恵子 さん
15:40 憲法アピールパレード


主催:2023年「5・3愛媛憲法集会」実行委員会
〒790-0873 松山市北持田町131-1教育会館内
Tel/Fax : 089-913-0448
メール:ehime53kenpou@chic.ocn.ne.jp


このエントリーをはてなブックマークに追加
ehimerouren123 at 17:43|PermalinkComments(0)憲法 | 学習

2023年01月27日

第23回働くものの学習交流集会in徳島(web) 報告

IMG_60481月21日(土)「全労連四国・第23回働くものの学習交流集会in徳島」がwebで開催され、19人(徳島9・高知4・香川3・愛媛1・全労連2)が参加。

学習会として「ロシアの侵略を止めるために日本の私たちができることを考える」をテーマに、布施恵輔さん(全労連事務局次長・国際局長)が講演。

ウクライナ侵略戦争から1年、_燭起きたのか、何が変わったのか、私たちは何をすべきなのかを話されました。


続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
ehimerouren123 at 15:39|PermalinkComments(0)働くもの | 四国

2022年12月21日

11月の労働相談

【相談事例】
事務職がなくなり総合職への転換を言われ、総合職は四国4県を営業で回ると言われた。採用されたときに高速道路の運転はできないことを伝えているため、総合職への転換を断ると、退職強要を受けた。退職に応じ、退職届に退職強要により退職をする旨を書いて提出した。会社からは「自己都合」だと言われているが、会社が離職票に自己都合としていた場合、「自己都合」を「会社都合」にするにはどうしたらよいか。また、失業給付はどう違うのか。(正社員)

【アドバイス】
離職票に自己都合の離職となっていた時には、異議申し立てをすること。その時に、退職強要による退職届を提出しているのであれば、退職届のコピーと退職に至るまでの経過について異議申し立て欄に記入してハローワークに提出すること。
失業給付は「自己都合」の場合、給付されるまでに、認定後2ヶ月間の待機期間があり、「会社都合」の場合は認定後、待機期間なく給付されます。

●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・

労働相談センターは、労働者の「かけこみ寺」として
相談者に問題解決のアドバイスをしています。

労働相談は 『愛媛労連労働相談センター』へ。
http://e-soudan.org/

労働相談ホットラインTEL0120-378-060
(全国の近隣の都道府県の全労連労働相談センターにつながります)

●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・

このエントリーをはてなブックマークに追加
ehimerouren123 at 13:58|PermalinkComments(0)労働実態告発 | 愛媛労連

2022年10月21日

9月の労働相談

 【相談事例】
 有給休暇が前年度の未消化分と合わせて15.5日あると思っていたが、給与明細の中には、今年度発生分の12日となっていたので、会社に前年度の未消化分はどうなったのか確認すると、会社は「有給休暇は発生した分から消化するよう就業規則に定めているので、未消化分の3.5日は消滅した」と言われた。他の部署にある就業規則を確認すると、そういう規定にはなっていなかった。泣き寝入りするしかないのでしょうか。(女性、医療職)

 【アドバイス】
 有給休暇の当年発生分から消化するか前年の未消化分から消化するかは、就業規則で取り決めがない限り、時効の関係があるので、未消化分から消化するのが妥当です。現部署の就業規則を確認してください。なお、12日以上有休を消化し、超過分日数が未払いとなっていた場合には、未払い賃金の支払いを求めて、労働基準監督署に申告をしてください。


●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・

労働相談センターは、労働者の「かけこみ寺」として
相談者に問題解決のアドバイスをしています。

労働相談は 『愛媛労連労働相談センター』へ。
http://e-soudan.org/

労働相談ホットラインTEL0120-378-060
(全国の近隣の都道府県の全労連労働相談センターにつながります)

●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・

このエントリーをはてなブックマークに追加
ehimerouren123 at 18:00|PermalinkComments(0)労働実態告発 | 愛媛労連

2022年10月05日

愛媛県最低賃金853円に

今日から、愛媛県の最低賃金は853円になります。

DSC_0014

 愛媛県内の最低賃金853円は、前年+32円と過去最高の引き上げですが、東京と219円、全国平均と108円の格差があります。


続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
ehimerouren123 at 00:00|PermalinkComments(0)最低賃金 | 愛媛県

2022年09月30日

9/27国葬当日抗議行動

 安倍晋三元首相の「国葬」が開催された9月27日の朝、「安保法制(戦争法)の廃止を求める愛媛の会」と「憲法9条を守る愛媛県民の会」の呼びかけで、国葬抗議行動が松山市駅前で実施され、約40人がサイレントスタンディング形式で、市民に「国葬」反対をアピールしました。


このエントリーをはてなブックマークに追加
ehimerouren123 at 17:48|PermalinkComments(0)お知らせ | 愛媛労連