2012年10月18日

ライブチャット取説

照れた様子で小走りにいなくなったJくんを目で追いかけて、姿が消えたところで、Yに電話をかけた。
これから家に戻るからと告げると、自転車を走らせて、Jくんが走り去ったのと同じ方向にむかった。
向かいのハイツに住んでいるJくんが、ベランダで洗濯物を取り込んでいる姿がちらりとみえた。
部屋に戻るなりライブチャットガイドブックを開いた。詳細はネットでダウンロードだが、基本操作程度のことは記されている。
取扱説明書のたぐいを読むのは苦手で、読んだところで理解できないので、いつも適当にこんなものだろうと目星をつけてはじめる。組立てるのもそうだ。
感覚といえばかっこいいかもしれないが、ただのずぼら。

ehkiehisiih at 15:23 |