jw.orgエホバの証人と私

宗教について自分なりに思う事、特にエホバの証人との関わりについての記録を残そうと思います。

☆★☆Instagramはじめました☆★☆
りんのインスタはこちらからどうぞ
https://www.instagram.com/rin71_12/?hl=ja

☆★☆新コンテンツ「ツイキャスライブ」配信します☆★☆
http://cas.st/gi/wBA1wBC
↑ココ↑から登録、サポートしてくださいね(^^)/

■掲示板はこちらから↓
https://zawazawa.jp/f87qqzournihprs2/
~~~~~~~
■公開チャットルームはこちらから↓
https://www2.x-feeder.info/ehoba_diary/

■秘密のチャットルームもあります↓
https://www2.x-feeder.info/ehoba_diary2/


訂正あり:『元JW姉妹・現在牧師の女性』と話した率直な感想・・・

(赤文字で書かれた部分が訂正になります。私の記憶違いで、正しくお伝えできずに申し訳ありませんm(__)m)

先日、友人に紹介されて、『元JWで、今は牧師をしている女性』と、お会いして話す機会がありました・・・。

結論から言うと、私はJWではありませんが、カルト2世(正確には3世?)の立場からすると、ものすごくガッカリしました。

今日は『なぜ元JWの女性牧師と会って、カルト2世がガッカリしたのか?』をご紹介していけたら・・・と思います(´・ω・`)

(ちなみに、この記事を書くにあたって、女性牧師には前もって許可を得ています)
------------------------

この女性牧師、名前を仮に「方丈(ほうじょう)さん」とします。

さて、この方丈さんですが、まずはJWになったきっかけについてお聞きすると、穏やかな表情で「訪問に来たJWがとても親切で良い人だったから」と話してくれました。

方丈さんが訪問を受けたとき、彼女は子供を産んでまもなくの時期だったらしく、知らない土地に夫の転勤で引っ越してきたばかりで、若くて孤独で、育児の指針にも悩んでいたそうです・・・。

そんな時、JWの訪問を受け、「良い人」に惹かれて集会にも行くようになり、JWの教義に疑問を持ちながらも、やがて伝道者にまでなって行ったようです。

---------------------------

そして伝道者のころ、方丈さんは早産で生まれた子供の輸血を必要とする手術に直面します。

彼女の病室には信者が押し寄せ、輸血拒否を迫ったそうです。

しかし方丈さんは『子供をなせたくない!』との思いから輸血に同意し、手術をしました。

もちろん輸血したことは仲間の信者には秘密でした・・・。

残念ながら、輸血したにも関わらず、そのお子さんは亡くなったそうです・・・。ご冥福をお祈りします・・・。

-------------------------

その後、彼女は亡くなった子供への輸血の秘密と、JWへの疑問を抱えたまま、バプテスマを受けます。

毎週の集会では、子供がじっとしていられないと、「子供を叩きなさい」という指示が書かれた紙が回ってくるそうで、そうするといつも彼女は別室に子供を連れて行き、『ごめんね!ごめんね!』と泣きながら子供を叩いていたそうです・・・。

私が『泣いてまで子供を叩いた理由』を聞くと、「周りの信者の目があって、叩くしかなかった。自分は子供に輸血して楽園に行けないけど、せめてこの子供たちは楽園に行ってほしかった。」という理由だったそうです・・・(´・ω・`)

--------------------------

その後、JWが輸血を許さなかったり、子供を叩くように指導したりすることや、JWの教義自体にも疑問を持ちつつ、毎月何十時間も奉仕活動に打ち込んでいた方丈さんですが、彼女が洗脳されていることに気付いた親族が、一丸となって洗脳を解きます。

方丈さんのほうも、元々JWに対していくつも疑問を持っていたので、親族に真剣に何度か説得されるうちに『あれ、これは自分の方がおかしいのかな?』と思ったそうです。

そうして、疑問を持ち、JWから離れようと集会にも行かなくなった時期に、長老から呼び出しがあり、審理委員会にかけられ、「私はエホバを信じていません!」と宣言した事で、無事に(?)排斥となったそうです。

彼女はそれを「名誉の排斥」と呼んでいました・・・。

-----------------------------

方丈さんはJWをやめた後、プロテスタントの信者になりますが、JWだった時幼かった息子が、19歳になった時、方丈さんに向かって「僕は子供のころひどい目に遭って、今も傷ついている!謝れ!!!」と迫ってきたそうです。

実際、息子さんは今でも心の傷のせいで、精神的にダメージを負っているそうなのですが、その時方丈さんは息子に対して『何をいまさら????』と思い、ものすごくショックを受けたそうです・・・(´・ω・`)

とっさに『叩いたのは幼い頃の話・・・。今はもう叩いていないし、クリスマスもできるし、昔謝罪は済ませたのに・・・』と思ったらしく、最初は息子さんに怒りに似た感情を持ったようですが、すぐに思い直し、『ああ、この子にとっては、成長の一歩として、私にこう言う事が必要なんだわ・・・』と考え、その場で息子さんに謝罪したそうです・・・。

-----------------------------

その後、娘さんも19歳のころに、お兄さんと同じく方丈さんに謝罪を求めてきたそうです・・・。

彼女は『19歳というのは、子供が大人になるうえで、きっと重要な年なんだわ・・・』と感じ、娘さんにもおなじく謝罪したとのことでした・・・。

そうして、プロテスタント信者として歩んできた方丈さんは、一念発起し、牧師となり、今ではご主人も同じ信仰の道を歩んでいるそうです。

一方、お子さん2人は『信者にならない宣言』をして、今は無宗教だという事です。

私が最後に「方丈さんは牧師さんになって、今は幸せですか?」と質問すると、彼女は満面の笑みで「幸せです!」と答えてくれました・・・。

-----------------------------

さて、これが方丈さんのお話でしたが、私には正直言ってモヤモヤしか残りませんでした・・・。


なぜ彼女は疑問を持ちながらJWになったのか????

なぜ泣きながらも、他人の指示で子供を虐待したのか????

なぜ子供に輸血してまでJWになったのか????

なぜ親族の説得くらいで、JWをやめられたのか???

そして最大のショックは、息子さんが謝罪を求めた時の、彼女の本心でした・・・

『何をいまさら?』って・・・(-"-)

--------------------------------

申し訳ないのですが、私には『疑問を持ちながらJWになってしまう気持ち』が、全く理解できないのです。

方丈さんは何度も「訪問してきた司会者がとてもいい人だった」と繰り返していたので、たぶん彼女はJWの教義に惹かれたのではなく、人に惹かれてカルトに入ってしまったのでしょうね・・・。

私はそこに何の主体性も感じないのです・・・。

周りの人に流されているだけに感じてしまう・・・(-"-)

--------------------------


『泣きながら子供を叩いていて、苦しかった』との発言も、正直『ナンジャソリャ???』でした・・・(-"-)


他人の指示で自分の子供を叩く?

しかも『自分が苦しかった』と涙ながらに他人に訴える????


本当に苦しかったのは、息子さんや娘さんですよね????!!!!

そして、あなたは親として子供を守れなかっただけでは????

洗脳されていたとはいえ、泣きながら謝れば、子供を叩いていいってもんじゃないでしょう????


そんなに子供を叩くのが苦しかったら、自分のシリでも叩いていれば良かったのではないですか????

それに、この際だからハッキリ言いますが、自分の親としてのふがいなさを嘆くならまだしも、息子さんが長年苦しんで、ようやく勇気を出してあなたに謝罪を求めてきたとき、『何をいまさら?』ってなんですか??????

あなたは「息子が19歳だから、成長に必要だから」謝罪したんですよね????

息子さんが19歳まで苦しんだから謝罪したんじゃなく???!!!!


あなたは息子さんの長年の苦しみを本当に感じていますか????

娘さんも、お兄さんのマネをしたみたいに言っていましたが、私は違うと思いますよ。

娘さんも、何年何年も苦しんで、ようやくあなたに訴える勇気が出来たとき、謝罪を求めたんだと思います。

それを「19歳って特別な年だから・・・」で済ます感覚が、私にはどうしてもわからない!!!!!!!

-------------------------

自身は『子供に輸血をしても生きてほしい!』と願い、JWの禁を犯してもなおバプテスマを受け、疑問を持ちつつJW生活を送り、他人の指示で子供を虐待し、反対されたらすべてを捨てる・・・。

私から見たら、ただただフラフラとクラゲのように人生を漂っているだけの人に見えました・・・
(´-ω-`)

現在は牧師として、JWの経験を活かし、JWを救済しているのかと思いきや、実はそうでもなく、ある牧師の紹介でしか悩めるJWには合わないそうですしね・・・(;一_一)

-------------------------

まぁ、カルト2世の立場から見ると、「カルトにハマって、家族に迷惑をかけまくったくせに、芯から反省を感じない自分勝手な親」にしか見えなかったんですよね・・・。

自分のせいで家族を苦しめたのに、「自分はこんなに苦しかった!」と訴える、自己憐憫と被害者意識が強いタイプに感じました・・・(´;ω;`)ウゥゥ


しかも彼女は「私はずっとJWには疑問を持ってました!」と言っていたので、うちの親みたいに何の疑問も持たずにカルトにガチはまりしているタイプには、何の参考にもならなかったし・・・
(ノД`)・゜・。


同じようにJW1世で、JWに疑問を持っている人や、疑問を持ちつつやめた人は、もしかしたら共感できるのかな???

だとしたら、「1世と2世の壁は、果てしなく高いな~・・・」と感じます・・・(´;ω;`)ウゥゥ

------------------------

今回、方丈さんのお話を聞いて、私自身はカルト2世として、とてもガッカリしたのは事実ですが、方丈さんご自身は現在牧師としての救済活動をしておられます。

JW以外にも、病院に行けない人や、生活に困っている人などを、民生委員を長くしていた経験を活かし、福祉と繋げる活動をしているそうです。

気持ちを分かち合えるかは別にして、今まさに生活に苦しんでいる人や、精神的に病んでいるのに病院に行く手立てがない人などが頼る分には、とても助けになってくれると思います。

どうしてもこの方の助けが欲しいという方がいましたら、方丈さんに繋がる方法などお伝えすることが出来ると思いますので、コメント頂ければと思います。

もしかしたら、方丈さんを通じて、助かる方も大勢いらっしゃるかもしれないですしね~・・・。

という事で、今回の話し合いで、いろんな気づきが得られたことに感謝しつつ、今後の方丈さんのご活躍を心よりお祈りいたします。

アーメン(^_-)-☆




























姑息な創価学会員に物申す!!!!!

私は今LINEのオープンチャットで、宗教で悩んでいる様々な方の、いろいろなお話を聞ける場を設けていて、現在多くの方が参加しています。

ほとんどの方は、自分が入っている宗教や、家族の宗教問題や、婚約者などの宗教絡みの問題について相談に来られています。

私の「宗教お悩み相談室」には基本的なルールを設けていて、その一つは「宗教をはじめ、他のどんな勧誘もしない事」というものがあります。

-----------------------------

そんな中、先日の事ですが、『宗教で悩んでいます。幸せって何ですか?』という疑問を持った人が「宗教お悩み相談室」に入るための申請をしてきました。

私はこの人がチャットに参加することを許可し、最初に基本ルールを読むようにお願いしました。(参加したすべての人に、お願いしています。)

この「幸せって何?」と言う人、HNを仮に『かっちゃん』とします。

さて、このかっちゃんですが、まずは「駅前にいるおばちゃん」が「入ったら幸せになるというけど、なんなの?」という感じで、我々に質問してきました。

私はまず顕正会が頭に浮かんだので、真面目に「顕正会かな?」と答え、「何それ?」ととぼけるかっちゃんに、顕正会について簡単に説明しました。

------------------------

かっちゃんは顕正会について「オウムみたいな?(団体?)」「犯罪集団?」と聞いてきて、部屋のメンバーに顕正会に悪い印象を持たせようとしました。


それに成功したと感じたのか、かっちゃんは次に「良い宗教ってどんな宗教?」と質問してきました。

私は「自分にとって都合のいい宗教ではないかな?」と答えましたが、かっちゃんはそれを無視。

そしておもむろに「個人的には人の為って動いて。困っている人を励ますことが出来る宗教かな?」と聞いてきました。

(この段階で、私はかっちゃんの日本語が少しおかしいと感じ、また『コミュニケーションがまともに取れない人なのかな?』と感じていました。)

-----------------------------

かっちゃんの強引な話の進行にも関わらず、部屋のメンバーさんが真面目に答えてくれて、キリスト教を例に挙げてくれました。

それに対してかっちゃんはキリスト教を「何を根本にしてるの?神様?」「幸せって神様が導いてくれるの?」「運って神様が導くの?」と矢継ぎ早に質問してきて、やたら神様というキーワードに突っかかってくるように感じました・・・(???)

その後、かっちゃんは「宗教は必要だ」と言い、『正しい宗教』にこだわりがあるようだったので、私はこんな質問をしてみました。

りん:「かっちゃんにとって、正しい宗教とは、ずばり何ですか?」

するとかっちゃんは、一瞬悩んでる風にした後、「創価学会ってどう?」と聞いてきました。

------------------------------

私は部屋のルールがあるので「ここでは特定の団体に対して勧誘したり、あっせんしたりはしません。」と言うと、なぜかかっちゃんは焦って「ん!?どうしよう」と言ってきました。

私は彼が焦る理由がよくわからず、「ちなみになぜ創価学会に興味があるのですか?」と質問してみました。

かっちゃんは「一流の企業はみんな池田先生の書籍を元にしているみたいだから。一流企業が認めるなら」と、また最後らへんが、ちょっと変な日本語で返事をしました。

---------------------

ここまで来て私は『かっちゃんは創価に対して、何らかの信頼と夢と希望のようなものを持っているのかな?』と思い、創価の実態をこの人は知らないのかな?と感じました。

それで、次のように問いかけてみました。

りん:「創価学会は海外ではカルト指定されていて、アメリカでも危険団体として扱われていることをご存知ですか?」「また、創価の歴史は犯罪の歴史でもあります。」

それに対して、またしてもかっちゃんは無視して

かっちゃん:「何故?松下幸之助さんは池田先生と対談されて成功したの?」

と聞いてきました。

・・・???(´・ω・`)???

『なんかこの人変!会話になってないし、やたらイケダ氏を持ち上げる???(。-`ω-)???』

私は異常な違和感をかっちゃんに感じていました・・(-"-)ムムム・・・
--------------------

イケダ氏を異常に持ち上げるこの人に、私はさらにこう言ってみました。

りん:「イケダ氏も数々の女性に対する暴行事件で裁判になり、すべて和解していることもご存知ですか?」

これにもまたまたかっちゃんは無視!!!

かっちゃん:「何故?一流企業が認めるのだろう?」

りん:「そんな事実があるんですか?」

メンバーさん:「多分その企業の経営陣や幹部たちが学会員説」

りん:「そんな感じですよね・・・。一流企業が創価を認めているとか、聞いたことないですね。」

かっちゃん:「池田先生と松下幸之助さんとの対話がビデオになってる。」「池田先生の書籍を活用しているみたい」

私とメンバーさんの話は一切無視して、かっちゃんはイケダ氏を持ち上げます。

------------------------

りん:「どんな書籍ですか?ちなみに池田氏の書籍は、5人のゴーストライターが書いているものですが。」

彼は、さらに無視して続けます!


かっちゃん:「間違えた宗教だったら、会社は倒産する」

りん:「コンサルセンスがあれば、間違えた宗教でも成功に導けると思いますよ。」「会社運営と宗教は関係ないと思います。」

これもまた無視!!!!

かっちゃん:「松下幸之助さんが書いた書籍に、学会とは書いてないが、宗教の偉大さは書いてある」

りん:「宗教は偉大かもしれないですね。学会の事ではないかもしれないですね。」

かっちゃん:「ビデオをみてください」「池田先生と松下幸之助さんの対談集もある」

・・・。

------------------

とここで、メンバーさんがあることに気付きました。

メンバーさん:「お主学会員かな」

りん:「なるほど。かっちゃんさんは実は学会員ですか?」

・・・・・・・(無言)

そして、かっちゃん、逃亡!!!!!

・・・(。-`ω-)う~む・・・


---------------------------

どうやらかっちゃんは、「宗教お悩み相談室」に潜入して、我々を折伏をしたかったようですね・・・
(-"-)

だとしたら・・・・おい!!!!そこのかっちゃん!!!!!!


だったら、最初から堂々と学会員を名乗って申請してこい!!!!!!!!


コソコソと悩める一般人のフリして、お前は学会員として恥ずかしくないのか!!!!!


創価学会って、こんな姑息な真似をするんですね????


他の学会員も、皆さん、こんな姑息なんですか?????


しかも、日本語ちょっとおかしいし、疑問の投げ方も下手くそだし、そもそも相手と全くコミュニケーションが取れていないじゃないか!!!!!

あんたみたいなのを、折伏に関して独りよがりの自慰行為っていうんだよ!!!!!!

しかも身バレしたら一瞬で部屋から逃げて、消えるってなんですか??????

あんたそれでも折伏してるつもりなのか????

あんたが今回やったことは、「学会員は姑息で卑怯なわりに、マヌケでまともに話もできない」という事を証明しただけなんだよ!!!!!!?????

おい!!かっちゃん!!!!!

あんたがもしこれを読んだなら、今度は正々堂々と前と同じHNで、学会員としてオプチャに申請してこい!!!!!

あんたが部屋で勧誘しない限り、私はキックしないから、今度は真正面から言いたいことを言いに来ればいい!!!!

それもできないなら二度と私のオプチャにコソコソと申請を出してくるんじゃない!!!!


このヘタレ・エセ学会員めが!!!!!!!!!!


--------------------------


それから全国の学会員さんにも、ここではっきりと通達しておきます!!!!!


かっちゃんのような姑息な人間は、私は学会員として絶対に認めません!!!!

あなた達の師である池田先生は、人と対話をするんでしょう?

かっちゃんのように、そもそも対話などせず、人の話を無視し、人を騙して、姑息に他人を洗脳しようとすることが、池田先生の教えではないはずです!!!!

また、池田先生なら、『人と対話しなさい』とはいえ、嫌がらせ行為や荒らし行為や、ましてや迷惑行為などを絶対に許さないはずです!!!!!

池田先生の理想の教えである、『世界平和』に追随しない者は、例え本人が学会員を名乗っても、私は一切認めません!!!!

また、まともな学会員なら、かっちゃんのような姑息な真似を、一切許さないはずだと確信もしています!!!!

それでもこの記事に文句があるなら、正々堂々と学会員を名乗って、池田先生の精神に倣い、ちゃんとした対話をしに来てください。

私はいつでも、まともな学会員さんのお話には耳を傾ける気持ちでいます。

池田先生の育てた、創価学会の名に恥じない学会員の一員として、この姑息な行為を皆様も『絶対に否!!!』としてくださいますように!!!!

ヽ(`Д´)ノプンプン!!!!!












(追記あり)低レベルな道徳基準のJW組織について思う事

私は現在、LINEのオープンチャットで「宗教お悩み相談室」という場を設け、そこでいろんな方の宗教に関する悩み相談を受けています(完全無料です)

そこには今までも沢山の宗教の悩みを抱えた方が訪れましたが、その中でも私が最近特に感じるのは、『JW2世女性とSNSなどで出会い、恋人関係になったのに、本気になったら、宗教が理由で連絡拒否されてしまった・・・』という男性が多くなっているという事です。

----------------------------------

相談の内容をみると、『男性が女性と知り合い、恋人になり、肉体関係もあり、結婚も考えて告白すると、宗教を理由に振られる・・・』というものがほとんどです。(というか全部そう)

男性の側は、女性がJWとは知らずに付き合いはじめ、深い仲になりますが、ある日突然彼女の方から「私はあと3年の命だから付き合えない」と言われたりするそうで、困惑して相談に来ると言った状況です・・・(;一_一)


相談男性によくよく話を聞くと、彼女はJW2世という事らしいのですが、「それでもいいからお付き合いしてほしい(結婚前提)」と言っても、「彼氏ができた」とか「もうじき脳梗塞で死ぬから」という理由で断られるそうです・・・(。-`ω-)

でも、ここが不思議なのですが、女性の側は「だからもうこれでおしまい」ではなく、「LINEなら話せる」とかつながりを断とうとしない事なんですよね・・・。

-----------------------------------------

思うに、JW2世で、「世の人」の彼氏ができて、肉体関係も持ってしまって、彼女としては複雑な気持ちなんでしょう。(JWルールで、肉体関係は排斥案件ですから、それはある程度は理解できます)

それにしても、女性の側がエホバをやめたくて、覚悟の上の行動なら理解もできるんですけどね!!!!

相談に来る男性曰く、女性の側はエホバをやめる気はないわけで、男性を本気にさせてからポイと振るわけですよ!!!!!

------------------------------

なんなんですか?それは????

私は20年近くエホバの証人に関わってきましたけれども、まー、どのJWも口をそろえて「私たちは清い団体です!道徳基準も高くて、不道徳なことなど一切しません!」というわりには、不道徳だらけみたいですけどね。

しかも、一般人でも言わないようなくだらない嘘をついて「もうすぐ死ぬから付き合えない」とか言うし。(『付き合えないって、体の関係まで持ってから、何をいまさら???』と思いますけどね?)


どこが道徳基準最高なんですか~~~~~~~???????
(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾


--------------------------------

ある男性は、女性がJWと知り、信者にまでなったそうで、それでもなお相談に来ました。

私としては「仕事をやめて開拓者になり、長老と地域監督におべっかと貢ぎ物をしまくって、とにかく長老になって、彼女にプロポーズするか、もしくは私はこっちをお勧めしますが、世の人として彼女と結婚し、自然消滅させてあげるのはどうでしょう?」と答えました。


実際、長老にまでなるのは大変だろうし時間もかかるけど、結婚だけなら、JWでも世の人とでもできるし、経済的にも貧困開拓者になって結婚するくらいなら、世の人として経済力があって結婚したほうが良いからです。

-----------------------------------

なので、今日はこれをどうしても言いたくて記事にしましたけどね、

JW独身女性のみなさん!!!!!特に2世のみなさん!!!!

あなた方が好きでJWをやってないことは分かりますが、やめる気もないのに男性を軽くひっかけて、体の関係まで持って、あげく「排斥が怖いから」って、簡単に人の気持ちを踏みにじるようなことをしてはいけませんよ!!!!!


あなたがやっていることは、世の一般女性よりもひどいです!!!!


何もね、「彼氏作るな!」とはいいませんよ。


でもね、あなたがやってることは排斥って分かってるでしょう?

だったら覚悟を決めてから男遊びでも何でもしたらいいじゃないですか。

そして排斥が怖いだけなら、最初から彼氏にそう打ち明けてください。彼氏は真剣に考えてくれると思いますよ。(そこで自分の方が逆に振られても、それはもう自業自得ですけどね。)

-----------------------

そして何より、彼氏が世の人で信用できないなら、最初からSNSなんかで男あさりとかしないことです。

ああ、これ、男性信者もおなじですよ!!!!!

JW信者と知らずに、本気になったとたん捨てられた女性もいますので、男性信者も、排斥が怖いくらいなら、女遊びなんかしないことですね。

彼氏・彼女がほしいなら、排斥覚悟で堂々とやりなさい!!!

それでもし本気でお付き合いしたいなら、彼氏(彼女)と相談して、うまく自然消滅すればよろしい!!!!

自分の手に負えなくなったからって(それも自業自得だけど)、相手の気持ちを踏みにじって、「彼氏ができた」とか「もうすぐ死ぬ」なんて見え透いた嘘をつくのは人間として卑怯ですよ!!!

相手の男性(女性)は、本気であなたと向き合おうとしてくれています。

あなたがそれをできないなら、軽い気持ちで彼氏(彼女)なんか作らないことです。

相手は人間で、感情があるんですよ!!!!

そして、信者の方にはぜひ、こんな低レベルなことを私に言われるくらいの道徳基準しか持たない自分たちの事を、少しは恥に思ってほしいですね!(-"-)

---------------------------------------

<追記>

そもそもね、若者たちが破りたくなるようなヘンテコなルールを作って縛ろうとするのが問題なんですよ!!!

そりゃぁね、若者たちだって恋愛くらいしたいですよ!

それを「信者同士じゃなきゃダメ!」とか「開拓者以上じゃなきゃ(結婚)ダメ!」とか「結婚前提で付き合うのは良いけど、純潔を守る!」とか勝手なルールを作るから、若者たちは必死で抜け道を探すんですよ。

「結婚まで貞潔を守る!」とかもね、実質守られてないんだから、いっそやめてしまえばいいんじゃないですか?

恋愛自由、結婚も自由にすれば、新しい信者も増えるかもしれないのに、信者の洗脳が解けるのが怖くて、組織はそれもできないんでしょうね。

そんなへんてこルールで若者たちを縛り付けて、苦しめているだけなのに「私たちは清い民です!」とかちゃんちゃらおかしいですよ!!ヽ(`Д´)ノプンプン

















ギャラリー
  • 顕正会員と話してきました
  • 顕正会員と話してきました
  • カルトなクリスチャンたちを見て感じた事
  • カルトなクリスチャンたちを見て感じた事
  • カルトなクリスチャンたちを見て感じた事
  • カルトなクリスチャンたちを見て感じた事
  • カトリック入門講座:イエスの洗礼~祈りと洗礼について~
  • カトリック入門講座:イエスの洗礼~祈りと洗礼について~
  • カトリック入門講座:イエスの洗礼~祈りと洗礼について~
最新コメント