今朝、日本のニュースを見ていたら、

現在、表参道のラフォーレ内で開催されている

忌野清志郎さんの絵画が紹介されていました。


忌野清志郎さんといえば、「いけないルージュマジック」

ぐらいしか知らない私ですが、

彼の描く作品の素晴らしい事といったらっ



歌を愛したように、絵を描く事を愛され続けたそうです。

作品も彼の歌と同じで、とてもカラフルで個性的なタッチが多く、

テレビの画面を通して、しっかり釘付けになってしまいました。

残念ながら、この個展は来月の中旬までなので、

観に行けそうもなく。。。あああ〜〜残念ですっ!!!




実は、絵画鑑賞は、時間を忘れてしまう程、

大好きなんです。


以前は、毎年秋になると、オープンスタジオ三昧で

2週間程かけて、スタジオを30件程観てまわってました。

作品を通して、その人の魂に触れる事ができるようで、

その刺激がまた気持ちいいんですね。




改めて、創作のパワーに魅せられた気分であります。


お近くの方は、是非、清志郎さんの個展へお出かけになってみては

いかがでしょうか〜。(ああ、行きたい、いきたいよぉ〜!


にほんブログ村 音楽ブログへ

にほんブログ村 音楽ブログ 作詞・作曲へ
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています。
応援ポチッとマハロです!