萩原舞 解禁(MAXING)

「三枝実央ってだれ?」とか、「吉野公佳も知らん」という若いAVユーザーには、萩原舞が復活で、しかも今度はガンチンコ本番、というニュースのほうがインパクトがあるかもしれません。すでにMAXINGの公式サイトでもサンプルがダウンロードできたり、AV雑誌でも現場写真が掲載され、正真正銘本番だということがわかる萩原の復活作品。本番偽装で期待を裏切ったかたちのMUTEKIにかわり、MAXINGの上昇の起爆剤となるか、MAXINGの命運が萩原に託されたかたちです。

三枝や吉野は知らなくても、AVユーザーなら、萩原舞の名は知っているはず。もっとも、復活前が擬似本番だってことを知らなかったユーザーもいるようで、ある意味、萩原もユーザーを裏切っていたことになるかも。その懺悔というわけでもないのでしょうが、「萩原舞 解禁」(MAXING MXGS-130)で復活デビューするにあたり、萩原もようやく狭義の本番であるガチンコでのセックスを披露してくれます。なにごともなければ、発売日9月16日の数日前には、作品が店頭に並ぶはず。