永遠日誌

Mac/iPhone/iPad/iPod touchなどアップルのデバイス上で動作するアプリケーション開発を行う永遠製作所です。主に、技術的な覚え書きなどを記述していく予定です。が、現状自分が出かけた色々なイベントの日記が主となってしまっています。プロ野球(オリックスバファローズ)、お笑い(よしもと)、舞台(歌舞伎)など。

まだ公式戦シーズン中で優勝チームすら決まっていないのだが、プロ野球オリックス・バファローズの公式ファンクラブBsCLUBが2022年度の会員募集を開始した。昨年度は12/1発表、12/11募集開始だったので1ヶ月半ほど早い。


オリックスバファローズ ファンクラブ公式サイト


■ 昨年からの主な変更点


(人数限定で抽選で入会可能なエキストラプレミアムメンバーに関しては煩雑になるので情報を省略します)

・スタジアム会員がなくなり、無料会員が新設。
・ゴールド会員、プラチナ会員のコース数が4→3に減少。
・この結果、全コース数が15→11に減少。

続きを読む


Apple TV+では、多くの映像作品を鑑賞可能であるが、中でもApple Originalと称するApple TV+のために制作されたか、もしくはApple TV+で独占配信ないし最初に配信された作品群があり、これらを観ることができるのが他社映像ストリーミング配信に対する優位性だと思う。

自分が加入する目的となったドラマシリーズ『ファウンデーション』もその一つ。ドラマのシリーズだけではなく、ドキュメンタリーや長編作品(単発映画作品)もある。せっかくTV+に加入したのだから、それらを重点的に鑑賞し、ついでにどういう作品を観ることが出来るのかをここで紹介していこうと思う。

さて、この『グレイハウンド』はWikipediaによると「『グレイハウンド』(原題 Greyhound)は、2020年公開のアメリカ合衆国の戦争映画。」であるが、「当初はソニー・ピクチャーズの配給で、2020年の目玉作品として6月19日に全米公開される予定だったが[4][5]、新型コロナウイルス感染拡大の影響により公開は延期となり」「Apple TV+が推定7000万ドル(約75億円)の高値で競落した[7][8]。」とのこと。

劇場公開作品として撮影されただけあって、船上や海上のシーンが大迫力で映画かれかなりの臨場感がある、すごく面白い作品だった。

第二次世界大戦中。大陸封鎖を実施するナチスドイツに対抗して大西洋を航行する輸送船団を護衛する駆逐艦グレイハウンドの艦長が主役。初めて艦長に就任したばかりの大任。Uボートが次々襲来する中で護衛任務。次から次と襲いかかる目に見えない敵。悪天候の中で緊迫感が続き、乗員は休む暇ない。てきぱきと適切な指示をするように見える艦長だが、初任務故に所々に垣間見える不安げな感じ。無事やっつけたかと思った後にまた訪れる次の警報。全乗員がそれぞれに全力で協力し合う姿勢など、一瞬も目を離せない魅力がある。これは大画面で観たかった。


グレイハウンド Greyhound
監督 アーロン・シュナイダー
脚本 トム・ハンクス
原作 C・S・フォレスター(「駆逐艦キーリング」より)
出演者 トム・ハンクス
配給 Apple TV+
公開 2020年7月10日
上映時間 91分
製作国 アメリカ合衆国
言語 英語

日本では天皇陛下をはじめとする皇族の方に使う敬称。そして大臣など高位の官職にある人にも特別の敬称を付ける。それぞれに下の文字が付くこのような用語に、どんな意味があるのか。

かつて日本ではエライ人、目上の人に対して直接話しかけることは大変失礼にあたると考えられていた。そのため本人ではなく、その本人のそばに使えている人物に対して話しかけて話を仲介していただくという考え方をした。

陛下(へいか)……陛というのは階段の意味。天皇・皇帝・王など国の世襲首長の敬称。その人物が一段高い場所に居て、その階段の下にいる人に向かって言う。準じて皇后・皇太后・太皇太后・太上天皇などへの敬称にも使う。

殿下(でんか)……宮殿・殿堂の下。皇族・王族に用いる。

閣下(かっか)……高殿の下。閤下(こうか)を使う場合もある。大統領・首相・大臣・高位の官僚や軍人などに使う。一部の貴族にも使う。英語からの翻訳では公爵には閣下、侯爵・伯爵・子爵・男爵・准男爵・勲爵士には卿を使うのが正式ではあるが、日本国内のみの場合には公侯伯子男いずれの場合でも閣下を使っているように思う。

猊下(げいか)……猊は普段使わない文字だが、獅子の意味で猊座=仏の座る場所。転じて高僧の座を言う。ローマ教皇やダライラマ法王のような一宗派の最高権威者に当たる人物の呼称。

台下(だいか)……高楼の下。最高位に準ずるような高位聖職者に用いる。キリスト教では枢機卿・主教・大司教、仏教では各大本山クラスの住職(大僧正、権大教正)に用いる。

机下(きか)……机の下。他からはだいぶん落ちるが、医師や弁護士の様な社会的立場の高い人への言葉。本人の机のそばに使えている秘書などに当てているニュアンス。医師向けの手紙を書いたときに事務職の人がそれを開封して読むので、病院や大学教授への紹介状など手紙を出す場合に、○○先生机下と表題にして書く。


iPad Proを購入したらApple TV+の1年間無料トライアルが付属していたので加入した。今年の春頃にトライアル期間が短縮されたようなニュースを見た記憶があったのだが、勘違いかも知れない。新しく購入したデバイスをアクティベートした日から3ヶ月以内に加入が条件で、その後1年間無料。

□加入手続き


iPad Proを購入しアクティベートしたApple IDでログインしている全ての端末でApple TV+とApple Arcadeの無料トライアルが可能という表示が設定アプリ上で常に出ていた。また何回かアップルからメールも届いていた。

9/24にAppleオリジナル作品のファウンデーションシリーズの配信が開始されるのに合わせて登録した。何回シリーズかわからないのでギリギリまで加入を控えていた。

続きを読む

iPad Proと一緒にApple Pencil 2を買ったのはイラストを描くのに使いたいからだった。が、もちろんハードウエアだけでは絵は描けない。適当なお絵かきソフトが必要。といことで、App Storeでお絵かきソフトを検索して無料で使い始めることができるアプリをいくつか試してみた。

ibisPaint X
12 Boards
Art Set
Paper
CLIP STUDIO PAINT

□ ibisPaint X


最初に試したのはibisPaint X。試すというか、このアプリ名は以前からよく目にしていて、お絵かきソフトの定番はこれだろうと。初めから、ほぼこのアプリでイラストを描くつもりでいた。

が、ダウンロードして試してみると、10ストロークほど描くとその後描画できない現象に見まわれ、とても使いやすいかどうか判別するまでにいたらず使用を断念した。

続きを読む

↑このページのトップヘ