永遠日誌

Mac/iPhone/iPad/iPod touchなどアップルのデバイス上で動作するアプリケーション開発を行う永遠製作所です。主に、技術的な覚え書きなどを記述していく予定です。が、現状自分が出かけた色々なイベントの日記が主となってしまっています。プロ野球(オリックスバファローズ)、お笑い(よしもと)、舞台(歌舞伎)など。


iPhoneの日本語入力時にあ・か・さ・た・な等のボタンを押すとそのボタンの周りに別の文字のボタンが現れる。「あ」であれば、い・う・え・おのようなもの。フリック入力を可能にするボタン。

このボタンを押す(または長押しする)と別の機能ボタンが複数表示するようなボタンの一般名称としてアクションボタンという名前がよく使われる。がちょっと調べた範囲では正式名称は不明。アクションボタンという名前も別のものを表すことにも使われる。なんからのカスタム動作を割り当てることが可能なボタンとか。iPhoneではメール送信等のSNS連携をするためのボタンもアクションボタンと呼ぶようだ。

これの実現方法を考えてみた。

□要求仕様


欲しいものの仕様。
・ボタンを押すと指定のアクションを実行する。
・ボタンを長押しすると、別の複数の機能ボタンをその周りに表示する。
・機能ボタンのひとつを押すと、機能ボタンは全て消えて指定のアクションを実行する。
・ボタン以外の場所をタップすると、機能ボタンを消す。アクションはなし。
・元のビューに表示してある他のボタン等は操作できないようにする。
・可能なら元のビューは、ぼかすか薄くするなど操作不能とわかるようにする。
・可能なら元のビューでアニメーションなどが実行されている場合にはそのまま継続する。

続きを読む

Pokémon GOは7/22で米国でのリリース1周年だそうです。日本では約一週間遅れの7/26開始のはず。米国でのイベントや米国のYoutuberなどのビデオを見るともちろん英語版の名前を使っていてわかりずらい。

以前、第一世代の日本語名と英語名の対応関係を調べた。


今回はその後登場した第二世代の日本語名と英語名の対応関係を調べた。合わせて英語名の語源も調べた。ただし語源は公式発表されているわけではないので英語のまとめを作った人が語感から推測したものが書かれていると思う。

前回は日本人の感じるニュアンスと違っていて間違っているのは修正したが今回はそこまで大きく違うと感じることがなかったので手は加えていない。

・日本語名の一覧
・英語名の一覧

第二世代は100種類いるのだが、まだ65種類程度しか捕まえられていない。第一世代もまったく出会わないものは未だに出会ったことすらないのが10種類以上いるしこれ多分一生やっても全部集めるのは無理なんじゃないだろうか?

続きを読む

つい先日のことだが、自宅にいるときにPokémon GOの新しいバージョンがリリースされたことを知った。自分がアップデートできるようになるまでには通常新バージョンのリリースが発表されてから2〜3日以上かかるのだけど、ちょうど出かけようと考えていた時だったので、出かけてから強制アップデートでプレイできなかったら嫌なので念のためにアップデートが出ているかどうかをApp Storeアプリで確認。もちろんまだ新バージョンはなく、その代わりよく使うアプリがいくつかアップデータが出ていたので、時間もあったしついでにアップデートした。

この時、少し時間がかかっているようだったが出かけるまで十分余裕があったのでそのまま放置しておいた。

その後、ふとiPhoneの画面を見るとWiFiの表示ではなく4Gと表示しているではないか。アップデートに時間がかかっていたのはアプリのサイズが大きいのではなく、WiFi接続ではなく4G接続だったから。

続きを読む


9月・10月のオリックスバファローズ主催試合の企画チケットがいくつか発表された。そのなかで春のKANSAI CLASSIC Tシャツがセットでついたチケットに関心があり調べて見た。



そもそもKANSAI CLASSICはかつて関西に存在したが現在はなくなってしまった鉄道三球団(近鉄バファローズ・阪急ブレーブス・南海ホークス)のユニフォームを復刻し、選手が着用し当時の雰囲気を思い出しながらプレーし、ファンも当時を懐かしみつつ偉大な選手達に気持ちを乗せる企画。ここ数年どのチームでも過去の復刻ユニフォームで試合を行うのは人気の企画だ。

続きを読む

6月24日放送分のテレビ朝日系列「あるある晩餐会」は『これを知ればもっと相撲が楽しくなる!実は私たちが“相撲界”を支えていますあるある』と題して相撲界を支える裏方職業の行司・呼出・床山と若手力士各2名づつをゲストに放送された。

・あるある晩餐会 2017年6月24日放送

あるある晩餐会はかつてあるある議事堂として深夜帯に放送されていた番組がゴールデンタイムに昇格した番組。深夜番組で人気の番組がゴールデンに移動するととたんに面白くなくなるケースがある。司会者がネームバリューの高いタレントなどに変わり、企画の面白さを活かせなくなるケースもある。また一部でも指向の会うターゲットに受ければよかった内容も、より一般ウケするものに変更することになり結果もとあった面白みが失われてしまうことが少なくない。

この番組も深夜のころに見られたエロ、ゴシップなどのきわどいネタが減ってはいるが基本的なフォーマットは同じ。司会者の今田耕司も横滑り。日替わりだったアシスタントは指原莉乃固定となったが、今田も指原も一般受けしながらかなりきわどいネタに対応する幅の広さがある。深夜帯になかったご意見番的タレントゲストが増えてはいるが決して人寄せパンダの大御所などはいなくて実質的なコメントのできる人が出ている。やや物足りなさはあるが、面白さはそのままだ。

続きを読む

↑このページのトップヘ