ほっともっとフィールド神戸で行われたプロ野球公式戦を観戦した。

9/5(水) ●Bs 8 - 9 E 勝:青山、S:松井、負:増井、HR:Bs 中島、E 銀次、山下、島内


両チームとも投手が乱調で失点を繰り返すシーソーゲームとなるも最後は守護神の調子の差が出て敗戦。両チーム合わせて投手12人、21安打、17得点と3時間50分の泥試合。

直接の敗因はBs守護神・増井の乱調。先週は日曜日に登板しただけで十分な休養があり、しかも月火と連休だったはずなのにこの乱調。最初の2名の当たりは不運な面もあったが、得点圏に走者を置いた後は制球も悪くなり守護神の面影なし。3安打で同点とされるととんでもない暴投で逆転されてしまう。増井は5敗目。さすがに負けすぎ。当番時に1点リードという機会が多いのでちょっとでも不調だとすぐに同点・逆転されてしまう。8回まで戦い続けてきたことより9回の増井の調子で勝つか負けるか(延長か)が決まってしまうのはちょっと酷い。

IMG_1811


今季不調でセーブ失敗が続いていた松井は今日は3者凡退で抑えてようやく3セーブ目。

とは言え、この試合では打線も10安打8得点なので責められるべきは投手起用。Bs先発・松葉はいつも通り2被本塁打と簡単に得点を献上してしまう。特に2回は逆転してもらい3点リードがあるのに先頭打者内田にストライクを投げられず四球を与えてしまう。結果的にツーランになってしまい無駄な点のやり方。

とは言え、その松葉を3点リードしている5回途中で交代させるのは酷すぎる。リードしているし与四球2、被安打5、球数75でまだまだ十分できるし、勝ち越し走者を抱えているわけでも同点走者を置いているわけでもないのに交替させる理由はどこにもないはず。リードしている責任イニング前に交替させてどうするのか?5回〜9回投げる先発投手は当然1試合で複数回のピンチ背負うもの、それを凌いでこそ先発の仕事ができるのに。ピンチになったら即交代させなければならない投手を先発起用するのはそもそもありえない。

中継ぎ投手が豊富ならともかく、絶対的に信頼できる投手は山本・増井の2名だけ。ワンポイントで山田・比嘉がいるから5回で変えたら当然後ろが厳しくなるだけ。下位打線に当てた近藤は無難にしのげたが、上位打線に回った黒木は当然のように失点。相変わらずストレートが暴投気味になっていて制球できず、変化球でカウントを取っている状態。ストレートで勝負できなければ打たれて当然。

福良監督は自分の気に入らないことがあるとすぐ懲罰懲罰を繰り返して権力欲を満足させているが、その結果起用する選手が不足して自分で自分の首を絞めていることが多い。試合中に懲罰したり簡単に降格するのではなく、じっくり話し合い技術的な指導をして改善させて行くべきだろう。腹が立ったら懲罰交替なら素人でもできる。

相手エラーや四死球などもらったチャンスが多かったとは言え、野手陣は粘りを見せた。

福田は5打数3安打1四球と1番打者の役割を果たした。ロメロは4四球とバットでは活躍できなかったが、出塁して貢献。中島も2四球と初回のスリーラン。吉田正はタイムリーツーベース、犠牲フライ、四球と物足りないがまあまあ。若月も2安打。安達は一時逆転のタイムリー。


個人的には今季初神戸。何時に家を出ればいいのか忘れていた。間に合わなかったけど指定席だったので開門に問題なし。スペシャルプライスデーA指定席・前方でも1,600円の安さ。ベンチ上から少しだけズレるだけでイニング間で戻ってくる
IMG_1808

何度もチャンスがあり客席は盛り上がりはしたのだが、勝利を確信した後の敗戦はしんどい。
IMG_1809

神戸の外野席はグラウンドと近いので試合終了後はブルベルとの触れあいも可能だが、ふたりとも元気がなかった。
IMG_1812

IMG_1813

来場者プレゼントは「Bs TIME第10号・山本由伸」・ケンミン食品焼きビーフン。相変わらず神戸は人手不足。手荷物検査とチケットもぎりが3〜4列あるのに来場者プレゼントは1列だけ。かろうじてビーフンだけは手渡しだけど、Bs Timeと応援歌ハンドブックは欲しい人だけ取っていってというスタンスで机上に積んであるだけ。
IMG_1814


そして花火ナイト。1塁側に観客が集中していたのはそういうわけだったのか。
IMG_1810


あと9/6に8月のパリーグ制覇イベントのボーナスポイント2,000ptが加算されていた。5球団制覇しました。
スクリーンショット 2018-09-06 21.28.20

ついでにいうと7/26にオリ達・オリ姫デーのボーナスポイント900ptも加算済み。
スクリーンショット 2018-09-06 21.28.48