スケーター ゆでパスタ調理ケース ベーシック UDP2

自宅でロングパスタを茹でるときには約22cm径の片手鍋を使っていたが、そこが浅いので投入するときに、お湯に入れた部分が柔らかくなって曲げられるまで待って、更に上の部分を入れていくという面倒なことをしないといけない。そのときに、鍋の上に手を持って行くのでだんだん熱くなってくるという欠点がある。

さらに、お湯を捨てるときにうっかり麺も流れ出してしまうミスもたまにあり不便を感じていた。


底の深いパスタ鍋を購入することも検討していたのだが、一人前を茹でるのだとお湯が大量に必要だし燃費的にも無駄が多いなあと躊躇していたところ。そういえば電子レンジでパスタを茹でる商品があったなあと思い出した。その話を聞いたときには懐疑的だったけど、試しに使ってみてもいいかなと思って高い物でもないので買ってみた。
IMG_2631

使ってみると、超便利。指示通り作ればちゃんと美味しく茹でられている。失敗もない。もっと早く使えばよかった。

■使い方
(1) フタの穴にパスタを入れて1人前を軽量。最近のパスタは1人前ごとに束にして売っているのが多いから必要ないことが多い。
IMG_2632
 
(2) 水をケースの内側の1人前、2人前ラインまで入れる
IMG_2634

(3) フタはしないで電子レンジに入れる
IMG_2635
 
(4) パスタごとに決まっているゆで時間+1人前なら3分、2人前なら5分30秒(500W)の時間をセットして電子レンジで加熱する。普段1.6mm7分のものを買っているので、1人前の場合には10分間。
IMG_2636
 
(5) 電子レンジから取り出し、しっかりフタをしてから編み目の側からゆで汁を捨てる。フタが完全に閉じられるし、編み目も細いのでパスタがこぼれ出す心配もなし。
IMG_2633

あとは皿に移して、パスタソースをかけて完成。実に簡単。