ワクワクVtuberブログ

Vtuber界隈のニュースと論考を行うブログ





にじさんじオフィシャルストアの発送が遅延状態。ソニーミュージックの責任か?

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日開設されたにじさんじオフィシャルストア

今後は今まで利用されていたBoothからこちらのストアに商品販売の主軸が置かれていくようですが、さっそく運営能力が問われる事態となっています。

問題となっているのは10月1日に発売された大型ラバーマット。
販売ページの表記では10月下旬以降順次の発送となっていますが、11月下旬となった現在でも発送されず、遅延の告知もなし。それどころか問い合わせた人にもまともな回答がない状況です。





















問題となっているのは以下の商品ですね



販売ページ
【ラバーマットグッズ】大判ラバーマット 加賀美ハヤト



そして悪いことに、この大型ラバーマット、リアル店舗では後に出荷されて販売されているのです。
オンラインで事前予約した人だけが1ヶ月も待ちぼうけくらっている状態。

こんな有様では今後のオフィシャルストアでの購入意欲も減退しますし、にじさんじという看板の信用も失われます。


しかし何故リアル店舗では販売されている商品が事前予約されたオンラインショップでは出荷されないのか?
理由は公式が答えない以上不明ですが、私はオフィシャルストアの運営主体が原因ではないかと思っています。

じつはにじさんじオフィシャルストアの運営はソニーミュージックとなっています。


■運営会社

サイト名

にじさんじオフィシャルストア

販売業者名

株式会社ソニー・ミュージックソリューションズ


※当社は、いちから株式会社からの委託により、「にじさんじオフィシャルストア」を運営しております。
https://shop.nijisanji.jp/s/niji/page/notation?ima=2630



運営主体が違うのでリアル店舗への出荷は上手くいっているけど、オフィシャルストアの運営の方で止まっているのではないかと。それか、連絡が上手くいっていないか。どこかでミスでもあったのか。


とにかく、Twitter等でも不満が噴出しつつあるので、運営には早めに告知して欲しいところです。


なぜ遅延の告知すらしないのかは不明です。正直に告知すればまだ許してもらえると思うのですが。
10月下旬以降順次の発送とは書いてあってもいつまでの発送とは書いてないのでOKだと解釈しているのか。それともトップページにある新型コロナウィルスが原因で遅延が発生するという一般的なお知らせだけで十分だと思っているのか。

オフィシャルストアの運営能力には疑問が残るところです。
体制が整うまではBooth販売を主軸にした方がいいんじゃないですがね。



ところで、今年の5月に鳴神裁がいちから運営がソニーミュージックに乗っ取られつつあると言っていましたが、関係あるのでしょうか。いちから運営がソニミュのやることに口を出せない状態でなければいいのですが。
なんて勘繰りまでしてしまうので、対処はやくしてください。

いちから「にじさんじ」の2019年4月期 決算公告

このエントリーをはてなブックマークに追加


いちから株式会社 2017年5月設立
第2期決算公告(2019年4月期) 日刊工業新聞より
資本金0.31億円 資本剰余金0.30億円 利益剰余金0.27億円 

当期純利益0.29億円
https://ameblo.jp/nn2006jp/entry-12630780858.html



2019年4月期でも2900万円の利益が出る規模だったなら、その後の発展の度合いを考えれば売上高はかなりの規模に上っていそうな気がしますね。
いちからの決算情報は帝国データバンクにもないので(カバーはある)決算公告が出るかメディアに発表されない限りは売上高も利益も分かりません。
新型コロナの影響でリアイベ等も中止になりましたが、その影響はどうなのでしょうか。

にじさんじ夢月ロアに他ライバーが相談に乗っていた事実【金魚坂問題】

このエントリーをはてなブックマークに追加

金魚坂めいろさんの問題で注目の集まる、というよりも大炎上中の夢月ロアさん。

炎上でかけられている疑惑について簡潔に書きます。

鳴神裁氏の動画によれば、彼女は新人の金魚坂めいろさんと訛りが被っていることを嫌がり、運営を通じて訛りをやめるように圧力をかけ、配信中にも直接DMを送るなどの行為をしたそうです。その件については鳴神氏の動画をみてください。
というか見たからこの記事に来た人が多いのでしょうが。






この鳴神リークの信ぴょう性については、翌日に出されたにじさんじ運営の金魚坂めいろさんの契約解除文書と鳴神リークの文面がほぼ同じだったので、少なくとも全く根も葉もないうわさではないということは言えます。

一方でバーチャルブッダ氏はめいろさんが信用できないと主張しています。両論併記の意味でこちらも張っておこうかな。








事の真偽については色々と議論されていますが、ロアさんが金魚坂さんのデビュー後に1カ月間通常配信を休止し、8月12日の復帰後も病んだような意味深なツイートを投下しているのは事実です。



この件については色々な情報が流れていますが、8月12日のロアさんの復帰配信で話された内容にちょっとした重要な情報が含まれていることを書いておきたい。
これによれば他の複数のにじさんじライバーや、普段は絡まないメンバーもロアさんの相談に乗っていたようです



彼女の8月12日時点での復帰配信について書き起こしておきます(ググっても見つからなかったので自力で書き起こしてます。転載は自由ですが、できればこの記事のリンクを張ってほしいとお願いだけしておきます。)



1:50:52〜


スパチャへの反応や鼻水に対処しているところ等はカット
彼女のTwitterでの記法に従って、「ロア」は「我」と書いています。
太字は筆者の強調




なんか最近色々考えることがあってね〜。ちょっと色々、ちょっと色々ね、あってね〜
色んなライバーさんと休み中、なんかめっちゃ喋って・・・・喋ったよ。
我普段絶対喋んない人とか、ぜっっったい喋んない人とか・・・・ねえ、喋った。
ああ大型コラボとかの話じゃなくて休み中の我の話でよ。
なんか、なんか、思うところが最近あってさ、なんか自分の中でなんていうか落としどころが見つからんというか 
なんていうんかなあ・・・・・・


そう、なんかどうしようみたいな・・・・・

ちょっと、1回、我がもやもやっていうか、なんかあって、
なんていうんかなあ、とりあえずこれが、自分の中で落としどころがないと配信できんと思って、まあ見つからんよね〜。まあそれは我が一番分かってることで〜、だけど〜、なんていうんかなあ、でも、配信せんといけんから〜
どうにか、どうにか整理つけんとっておもって、でも自分の中で大切なことだったから、そうなんかねえ、いろんな、なんか尊敬してる先輩とかおって、なんかすごいなあとかさ、この人ってどういうこと考えてるんかなあみたいな。
あのねえ、人は、やっぱにじさんじ・・・・普段ぜったい喋んないから、皆誰か想像つかない人とかもおるかもしれんけど、逆に仲良くない・・・・・仲良い人ってさあ、絶対はげましてくれるの分かるから〜、
あの、仲良いとかなんか接点ない人とかに色々聞いてみようと思って、話、ちょっと聞いたり、どういう風に考えて活動してるのかな〜とか、
その、尊敬してる人とかも、名前とかも普段出さんけど凄いなあ〜と思ってる人とかなんか喋った。

そしたらねえ、なんか解決策はないけど〜、やっぱなんかこれと付き合ってかないといけない自分の中でその、なんだろうその、生まれてしまった感情っていうか、なんだろう、この現状と付き合ってかないといけないから〜、どうしようって思ったけど、やっぱねそういう人達はね、考え方がすごいなあと・・・・


そう、我もう配信できないから〜自分の中で〜、でもそれじゃあ元も子もないし〜、
そうでもね、そういう人達、自分の気持ちと言うかやりたいこと、なんか処理、なんだろう、別にそれはおかしいことじゃないよって、でなんか受け取めんくてもいいことで、でも対処の仕方っていうか付き合い方っていうか、をなんか、すごいね、あ〜こういう風にしてるんだみたいな、目からうろこ、すっごいなんか、凄いな〜だからロアは尊敬してるっていうかそれが出てたんだなって。
凄いね〜なんかね〜これが聞けなかったら〜我は今日配信、もういいやみたいな。なんだろう。そうだからすごい財産だったなあと思ってよ。
凄いね、生まれたところもあれも違う、なんかこう通ってきたルートが違うと人はここまでの細胞(?)っていうかさ考え方が違うんかって思ったよぉ

言えんけどさあ、いや凄いんだよ 感心してしまってさ〜



(中略)


こうしたらいいかもしれんみたいな、ねえ、なんかね、あったね、
で、まだ、なんていうんかなあ〜自分の中で、処理はできてないけど・・・・・・

今、我が考え方を変える時だな

活動とか、なんだろう、先輩とか、先輩じゃない人も話したけど〜
なんすごいこの人どうしてるんだろうとか考え方とか、多分すごい考えてたり我と全然違う人だなと思って喋ったんだけど

なんか、考え方とか変えんとな・・・・・・ってなった




これによるとロアさんは色々なライバーに相談した結果、自分の中で考え方を変えることにしたそうです。
何についてなのかは明言されていないので本件とは全く別のことだったという大どんでん返しもあり得ますが、まあ普通に考えれば金魚坂めいろさんとのトラブルのことでしょう。





ここからは私の推測
鳴神氏の動画によれば、金魚坂さんは中途、ガッツリ九州弁キャラでいくならば方言を直さなくていいといういわば妥協案を運営から提示されたそうですが、それは他メンバーに相談に乗ってもらって軟化した夢月ロアさんからの妥協案だったのかなと。
ただの推測ですよ。でもそうするとロアさんが他メンバーに相談にのってもらって自分が考え方を変えることにしたのにその後も問題が続いたという説明がつく。






なんでわざわざこんな記事を出すかといえば、一つはあまりこの問題の議論でこの配信は注目されていないこと、

もう一つは、この問題は多くのライバーが相談に乗るという形で間接的に関わっており、下手をうったら他ライバーにも波及しかねない問題であることを明確にするためです。
金魚坂さんの方には椎名唯華さんや花畑チャイカさんが話を聞いて引退を一度は引き留めていたことが金魚坂さんの配信で語られています。つまり、金魚坂さんの方にも他のライバーが相談に乗っていたわけです。
言い方を変えれば、多くのにじさんじ所属VTuberが騒動の間接的関係者として巻き込まれる恐れがある。


おそらく、(もちろん、何をどう話したか分からない以上はただの想像ですが、常識的に考えれば)夢月ロアさんの相談に乗ったメンバーは金魚坂さんに敵意があったわけではなく、夢月ロアさんに心構えを説いただけでしょう。じゃなきゃ自分の方が考え方を変えることにした、という結論にはならないはずです


しかし、昨今の敵か味方かの二元論でしか捉えられない単純なネット世論は相談に乗ったメンバーを「ロア派」とか括ってバッシング対象にする恐れがあり、下手したら公然とそのように扱われる恐れがある。
もちろん、逆に「金魚坂派」がつくられてしまう可能性もあります。
それはライバー個人にとって有害であるだけでなく、にじさんじという箱全体にとっても大きな損失となり、事が大きくなれば崩壊にまでつながりかねない、なんとしても避けるべき事態であることをここに明言しておきたい。


ただし「真相究明」などをしたらどうしてもそういう流れになるのは避けられないと思います。

視聴者は今後、騒動の過程で他メンバーの名前が出る事があるとしてもその情報をもとに敵や味方をつくるのではなく、単に色々な人が間に入ったり相談に乗ったりして動いていたのであって、その過程では様々なことが起こりえるものだということを念頭に置いていくべきです。
それを言いたくてこの記事を作りました。






根本的に鳴神さんの言っていることがデマ、もしくは誇張や著しい偏向だと証明された場合はこの記事は取り下げて全力で土下座します。


関係者から削除要請等のご連絡等があればTwitterのDMまでお願いします。
https://twitter.com/WakuWakuVtuber




コメント欄は閉じたのでどうしても言いたいことがあれば はてブにでも書いてください。





起立! 気をつけ! にじさんじ学園!



にじさんじVtuberの投げ銭(スパチャ等)の取り分についてまとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今ではすっかりVtuber界の華となった投げ銭(スーパーチャット)ですが、自分が投げ銭したところでVTuber本人に何パーセントが支払われるのかが気になるところです。


何度か、にじさんじのライバーや公式が発言しているのでまとめてみます。




1.Vtuberの収入源ってどんな種類があるの?

これについては今年の3月に樋口楓さんがVtuberの収入事情をテーマにした配信をしています。







収入源として、
ボイス・グッズ販売
Youtube(スーパーチャット、メンバーシップ、広告収入)
イベント出演費
プロモーション(いわゆる案件)
音楽活動(歌唱・CD)

が挙げられています。


私がVtuberを見てきた経験からしてもだいたい上記の収益がメインのように見えます。




2.スパチャの取り分の割合


Youtubeの手数料
スーパーチャットについては、まずGoogleに30%の手数料が取られます。
iPhoneから投げ銭された場合はAppleの手数料も入るのでさらに取られます。

個人勢Vtuberの渋谷ハルさんの記事によれば、iPhoneから1200円投げ銭されると配信者に届くのは700円程度で、約57.3%だとのことです
「スパチャが70%届く」は嘘!?実際には○%が推しに届きます!

で、事務所所属の場合はさらにそこから運営と分け合うわけです。



過去幾人かのライバーが(元々投げられた金額に対する)取り分の割合について発言しています。



まず花畑チャイカさん


13:16〜

「『実はスパチャがいくらライバーに届くかはチャイカちゃんじゃない方のエルフが3割だって配信で言ってたよ。』ちょっとぉぉぉぉ。まあ別にいいか。もう皆知ってるもんねだってね。どっから漏れたか知らないけどね」

これによると(元の金額に対して)3割とのことです。




他には笹木咲さんがこういったこともあります。


43:03〜

「90円センキュー! 90円のスパチャなんなんじゃ。うちの手元に来るのはほぼ10円くらいしかね・・・・・」
数十秒後
「おい90円やめろ!10円じゃ!Youtubeに何割か取られて、そっから色々引かれて、うまい棒になるんじゃ」


これだと1割のようにも聞こえます。ただ、これについては少額であることについての単なるジョークにも聞こえます。




私は、Youtube収益は運営とライバーで折半なのではないかと思っています。
GoogleやAppleにとられる手数料が3〜4割だとして、そこからさらに運営とライバーで折半するとしたら、元の金額からだいたい3割になるわけです。
折半ではないかというもう一つの根拠はボイス販売です。




3.ボイス

ライバーによってはスパチャよりも収益が多くなるともいわれているボイス販売ですが、実はこれの取り分についてはいちから公式から発表されています。


■ ボイス販売に関する所属ライバーへの報酬について

当社所属ライバーのデジタルボイス売上については、販売プラットフォームから当社が受領する金額(売上からプラットフォーム手数料を除いたもの)のうち、その50%をライバーへ報酬として支払っております。
※一部タイアップ案件を除きます

また、将来的な経営判断としてボイス販売を実施するプラットフォームが変更となった場合でもこの条件に変動はないという事実を、当社所属ライバーに対して “ライバー内の代表者を通じて”  ”(ライバー任意参加の)ビデオ会議” の2つの方法によって5月18日〜23日の間に周知しています。
https://www.ichikara.co.jp/news/1116/




つまり手数料を引いた後で半分ということですね。これは運営発表ではっきりと明言されているので間違いないと思います。
ボイスが折半ならスパチャもそうだというのは納得できる話なので、そういう意味でもスパチャについても運営と折半説(元から3割説)が正確じゃないかなと思います。もちろん推測にすぎませんけどね。
(ちなみにボイス販売のプラットフォームはずっとBoothを利用していましたが、つい先日、公式ストアがオープンしてそちらで販売が開始されました)



4.まとめ

もちろん、ライバーによって契約が違うことは考えられるので全員が同じ条件だとは限りません。時期によって変化したこともあるのかもしれない。
ただ、ボイスに関しては上記の文章を素直に読む限りでは一律の取り扱いがされているようではあるので、他の収入に関しても一律である可能性はあり得るんじゃないかなと。



広告収入、メンバーシップに関しては割合は不明でした。ただ、どちらもYoutube上で発生する収益として、スパチャと同じ扱いじゃないかなと思います。そこはただの推測ですが。(メンバーは総取りだという話も聞いたことがありますが、調べた限りでは根拠は見当たりませんでした。知ってたら教えてください)


そういうわけで、スパチャもボイスも手数料や消費税等が引かれた後で「運営とライバーで半分こ」というのが可能性は高いかなと思います。

1000円スパチャしたら運営とライバー本人に300円〜350円ってところですね。ボイスなら400円〜450円というところでしょうか。

累計スパチャ額が1000万円であれば300万円位が本人に渡ったことになると思います。




5.ホロライブは?

ホロライブについても書こうと思ったけど詳しくないし面倒なので辞めました。
詳しい人いたらぜひ記事にしてください。
桐生ココさんが朝ココで運営と取り分けていると言っていたのを聞いたことがあるので、固定給ではなく割合に応じた取り分があるんじゃないかとは思います。




※いちおう注意喚起として書いておきますが、ライバー本人に聞いても機密扱いではっきりとは答えられないと思うので質問等するのはやめておいた方がいいと思います。





にじさんじカバー曲アルバムは10月28日発売です


Prismatic Colors




VTuber(ホロライブ)バブルは天井を打ったか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

今年に入ってからのVTuber視聴者層、特にホロライブのリスナーの急激な増加
バブルと言っても差し支えない規模でしたが、そろそろ天井をうったかなと思っています。



根拠は私の長年の経験から来る観察眼によるものです。
このブログが10年前からあることを見て頂ければ分かる通り、私は結構歳を取っているので、何度もコンテンツや相場がバブルを迎えてからそれが崩れる様を見ています。その経験から、これはバブルが天井を打ったなと思い当たる兆候を見つける能力を獲得しています。

今回も天井を打った兆候がいくつかありました。



バブルが終わった後どうなるか
今回は2017年のバブルのようにあっさりと飽きられて見向きされなくなる崩壊パターンになるよりは、徐々に落ち着いて定着していくパターンになるのではないかと思いますし、そうあってほしいとは思っています。そちらの方がコンテンツは長続きするので。



ただ、Vtuberブームを機に定着・増進した配信者文化やアバター文化、投げ銭文化が完全に廃れてしまうとは考えづらいです。

特に海外方面ではまだまだ開拓の余地があることがホロライブ ENの躍進を見ているとよく分かります。
なので、日本のバブルが天井をうっても海外は広まっていく可能性があります。まあ、確かなことは分かりませんけどね。




ちなみに、以下がバブルが天井をうった兆候です


^貳魅瓮妊アでも取り上げられるなど、文化の枠を超えた過熱感がある。
⇔篝鼎帽佑┐譴个だらないことを起因とした事件や炎上等が複数起こる。理不尽な結末を迎えることもある
業界のキャパシティが押し寄せるエネルギーを抑えきれていない
詐欺師がすり寄ってくる
イ箸鵑任發覆ぢ度で人気上位に上り詰めたVtuberがいる(バブルの最後に起きる大花火)




おそらく、同接は当分はにじさんじ甲子園を超えるコンテンツは現れないでしょう(大物の引退配信ならあるかも)
また、ホロライブENや5期生のようにとんでもない速度で登録者数が伸びるVtuberは今後数年は現れないと思います。あれがバブルが終わる前の最後の輝きという奴です。






願わくば今後、VTuber文化が無事に社会に定着して欲しいとは思っています。

にじさんじ運営のいちから株式会社の資本金が凄いことに

このエントリーをはてなブックマークに追加

なんとなくいちからのホームページを見ていたら資本金が激増していました。
2月の時点の資料では7億円(準備金含む?)、(「にじさんじ」のいちから株式会社の会社資料が公開。売上高や利益は?

3月の官報では準備金を除いて1億円だという発表がありましたが、(にじさんじ運営のいちから社 資本金を3.7→1億円に減資

今確認したら20億円を超えていました。


資本金等 2,641,914,764円(資本準備金を含む)
https://www.ichikara.co.jp/about/



資本金が多いとどうメリットがあるのか詳しくないので分かりませんが、大企業でももっと少ないことは珍しくないので、これはかなり凄いと言えるんじゃないでしょうか。


売上高や利益も知りたいところですが帝国データバンクにもないですし私が調べた限りでは分からなかったですね。。




あと余談ですが会社紹介の資料が8月31日付で更新されていました。
社長の3Dライブの画像なども載っています

https://www.ichikara.co.jp/recruit/






将来いちからがIPOするなら私はぜひ買いたいですね。そんなお金はないですが。

プライバシーポリシー


当サイトでは、第三者配信の広告サービスを利用しています。
広告配信の過程で広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、Cookieを使用することがあります。



Googleアドセンスに関して、詳細やCookieの停止方法については こちらをご覧ください


ワクワクVtuberブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
Twitter プロフィール
Vtuberに関するコンテンツを管理人の感想と共にお届けしたりするブログのアカウントです。ご自由にフォロー下さい
アクセスカウンター

    連絡
    TwitterのDMに送信してください
    記事検索
    • ライブドアブログ