最近、少し暗号通貨(仮想通貨)のことを勉強しています
自分でも買ったりしてみたら思ったよりも値上がりして驚いています
といっても確定申告不要な程度でしかありませんがw


さて、去年から10倍以上。今年に入ってからも5倍以上にもなった代表的な仮想通貨・ビットコインですが、果たしてどこまで価格は伸び続けるのでしょうか


ウォール・ストリートジャーナルに掲載された記事によると、2018年には6000ドルに到達するとのことです。

Bitcoin Price to Reach $6,000 in 2018, Predicts Wall Street Strategist

(概訳)
最近、短期的な価格下落がありましたが、WSJのアナリスト・トム・リー氏によると、BTCの長期的な価格上昇はかなり有望とのことです。
2018年半ばには1ビットコイン=6000ドルに到達する可能性があり(筆者注:現在、4300ドル)、また2022年にはなんと$25,000まで到達することまで予測しています

価格上昇の要因としては、これから決済に次々と導入されていくこと、仮想通貨の全市場規模でビットコインが50パーセントを占めること、などが挙げられます

多くの機関で採用されるようになり、投資家の参入が見込まれ、取引用のプラットフォームは充実していくでしょう

もし価格が$50000を超えた場合、中央銀行でさえその規模を無視することはできなくなるとのことです。



※ひどい翻訳ですみません。
もっとちゃんと訳して再開する予定だったのですが、急に時間がなくなったので突貫記事となりました。
次はちゃんと詰まった情報を書く予定です。




私も仮想通貨について少し勉強しましたが、短期的には暴落することもあるでしょうが、長期的には大きく伸びていく可能性がかなり高いと思われます。
(もちろん私見なので、必ず儲かるなどという保証はできませんが。)

ところで、今から日本でビットコインを購入したいという方は、CoinchechかBitflyerという取引所で購入することをおすすめします

ビットコイン取引所 coincheck

登録と本人確認がすんだら、入金してBTC(ビットコイン)を購入しましょう。
他にも色々なコインがありますが、当面はBTCだけでよいと思います。
この記事執筆中で1BTC45万円もしますが、0.05BTCでも購入可能です


お金に余裕がある人は1BTCだけ買ってしばらく寝かしておくことをおすすめします


ただし先物取引や信用取引、FXは大損するリスクがあるのでギャンブラー以外にはおすすめしません
現物だけ購入して寝かせておいてください。


なお、これは注意してほしいのですが、登録して入金したら必ず、設定画面からGoogleのアプリをつかった二段階認証を設定してください。
QRコードをスマホやタブレットで読み込んで保存し、ログインのたびにそのアプリから表示される変化する数字を入力するというものです
面倒なようですが、これがあるのとないのとではハッキングのリスクが大きく違ってきます。絶対に導入してください。複数の端末でQRコードを読み込んでおけば一つの端末を紛失しても安心です。



大金はつぎ込んだ人は、面倒でしょうが、ハードウェアウォレット等の導入を検討してみてください。
ずっと取引所に大金を置いておくことはハッキングのリスクがありますので。