2007年02月12日

作品としてではなくキャラクターとして

 昨日、ちょっと二次元のキャラクターとの甘甘な夢を見てちょっと思った。
 同人誌ってこの辺の需要を満たしているような。


 仮面ライダー電王辺りを見ながらちょっと思ったのですよ。
 もう他のキャラクターが霞むくらいのあまーい作品が読みたいな、と。

 まあ、引張りが命の連載作品にそんなものは期待できな……いと思ったら『藍より青し』があったっけ。
 でもあれもティナやらなんやらのキャラクターがでてきて、ふたりという関係性は描ききってないように感じるし。

 キャラクター人気が必要なのだからしょうがないことなんだけど、もうドタバタコメディーはお腹いっぱい。


 だからこそ同人誌という二次創作の場でしっかり描いてもらえれば、そうした他のキャラクターをあまり見ないで済むし、このキャラクターだけを読みたい、なんていうニーズも満たせるわけで。

 この発想はどちらかというと後付けみたいな理由なのかもしれないけど、まあ、ひとりをじっくり感じたい、なんていうのは人間の欲求なのかも。


 最近二次創作関連のニュース(ドラエもんやらJASRACが著作権管理をするなど)が続くけど、とりあえず場としては残り続けて欲しいなぁ、などとサンクリの当日に考えてたり。
 特に興味もなかったので行かなかったけど、たまたま見たレポートみたらそれなりに楽しそうで羨ましかったり。


 書きながら思い出したけど、ふたりの関係性を描きつつの甘甘な作品があった。
 ヤングアニマルの『キミキス』

 摩央姉編、今月発売。
 やっぱり買いなのかな ^^

eientoha at 20:03│Comments(0)TrackBack(1)clip!雑記 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 【2月末までの販売となります】同人用の資金稼ぎに  [ 【2月末で販売終了いたします】取引レートの時間差を利用して毎月100pipsをノーリスクで「物理的に」稼げる 検証作業さえ不要の【超短期!】アービトラージFX ]   2007年02月13日 04:19
陳腐な言葉ですが、ずばり「必殺技」なんですよ。 正攻法ではありません。 そりゃ市場もビックリするでしょうね。いや、気づきもしないかも。 一攫千金、濡れ手に粟と言うほどの儲け話ではないですが、コンスタントに利益を出せていけます。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔