おしん

【映画】泉ピン子が玄関の段差でつまずき転倒、顔面を床に強打し緊急入院…『おしん』修羅場のロケ現場

1 :禿の月φ ★ 2013/04/09(火) 00:08:09.09 ID:???P
「痛い……」と玄関の三和土で倒れたまま顔を押さえ、悲鳴を上げたのは泉ピン子(65)。
”大奥様”のまさかの転倒に「大丈夫ですか!」「救急車を!」と慌てて駆け寄ってきた
スタッフたちの顔も強張っている。3月下旬とはいえ、まだまだ寒い山形県だったが、
ロケ現場の温度はさらに凍てついたようだった――。

’83年から’84年までNHK連続テレビ小説として放映された『おしん』。
平均視聴率は62.9%で、いまだにテレビドラマ史上の最高記録を保ち続けている。
それから30年、今年2月15日に山形県の庄内映画村で映画『おしん』の撮影がスタートした。
ドラマ版では、おしんの母・谷村ふじ役だったピン子だが、今回は、おしんが奉公する
酒田の米問屋『加賀屋』の”大奥様”を演じている。

ピン子の『おしん』に対する思い入れは深い。その思いからか、現場では大きな声で
スタッフや共演者たちに檄を飛ばし続けたという。総じて共演者やスタッフたちには
厳しい彼女だが、そのなかでもひときわ頻繁に「それ全然違うんじゃないの!」
「あんた全然、橋田先生の脚本を理解してないね!」と声を荒らげる場面が
目撃されたのは、冨樫森監督(53)に対してだった。(>>2以降に続きます)

ソース:女性自身[光文社女性週刊誌]
http://jisin.jp/news/2582/5737/


転載元:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1365433689/
続きを読む

【映画】上戸彩、おしんの母親役に「感謝とプレッシャー」…映画「おしん」制作会見

1 :禿の月φ ★ 2013/02/05(火) 15:28:56.51 ID:???P
1983年のNHK朝の連続ドラマ「おしん」の映画制作会見が、5日都内で行われ、
上戸彩(27)が母親役を務めることが発表された。おしん役は約2500名から
オーディションで選ばれた新人の濱田ここね(8)。ドラマ版で親子役だった
小林綾子(40)、泉ピン子(65)も出演する。

テレビドラマ最高視聴率の62・9パーセントを記録、世界86の国と地域で放映され
社会現象となった名作ドラマの映画化。「世界で有名なおしんの母役を選んでくれた感謝と
プレッシャー、まだ早いとか母に見えないとか言われそうですが、泉さんに『命をかければ大丈夫』と
言われたので、スイッチ切り替え頑張ります」と挨拶した。(>>2以降に続きます)

ソース:スポーツ報知
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20130205-OHT1T00095.htm
画像:おしんの母役を演じる上戸彩
1
出演する(左2人目から)上戸彩、濱田ここね、泉ピン子。右は原作の橋田壽賀子、左は冨樫森監督
2
関連ニュース
【芸能】上戸彩の爆乳がブルン・ブルン “暴れ乳動画”がネット上に流出(週刊実話)
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1359811281/


転載元:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1360045736/
続きを読む

【映画】「おしん」映画化…30年ぶり“伝説復活”に地元期待

1 :禿の月φ ★ 2012/05/31(木) 18:38:42.23 ID:???P
NHKが1983年に放映した国民的テレビドラマ「おしん」が映画化されることが31日、分かった。
製作会社がキャスト、クランクインや上映の時期などの調整を急いでおり、6月上旬にも発表する見通し。
ドラマの主な舞台となった山形県の関係者らは「実現すれば地域活性化にもつながる」
(おしんの生家保存会の鈴木光雄会長)と、約30年ぶりの“伝説復活”に期待を膨らませている。

おしんは、山形の貧しい農村に生まれ、明治、大正、昭和をたくましく生き抜いた女性の生涯を
日本の経済成長と重ね合わせて描いた人間ドラマ。連続テレビ小説の原作は橋田寿賀子さんで、
主人公の少女時代を小林綾子さん、青春期を田中裕子さん、人生後半を乙羽信子さんが演じ、
最高視聴率60%以上を記録。世界各国でも放映され、日本女性の象徴的存在として尊敬を集めた。

映画版のおしんを計画しているのは「おくりびと」などで知られる映画製作会社セディックインターナショナル(東京)。
同社はキャストなどを明らかにしていないが、ロケ地には「座頭市 THE LAST」など、
多くの日本映画の撮影で使われた山形県鶴岡市の庄内映画村が有力。

同映画村では現在、テレビのおしんで生家の設定で使われた古民家の移築工事が進められており、
映画村担当者は「雪や寒村シーンにうってつけだと思う」と誘致に自信を見せている。
映画化について山形県の観光交流課は「重要な観光資源になる。とても期待している」とした。

ソース:スポニチ Sponichi Annex
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/05/31/kiji/K20120531003366740.html


転載元:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1338457122/
続きを読む
ご連絡
★☆★☆★☆★☆★☆★

2012年2月19日より当サイトを運営して参りましたが、
真に勝手ながら本日2013年4月16日をもって更新を停止させて頂きます。

これまでご愛読頂いた皆様、並びに相互リンク・RSSをさせて頂きましたサイト様に厚く御礼申し上げます。

また、リンク・RSSやブックマーク等より当サイトを除外する作業が発生してしまうかと思いますが、何卒ご理解の程宜しくお願い申し上げます。

★☆★☆★☆★☆★☆★


当サイトについて



当サイトのTwitterフォローはこちらより
記事検索
おすすめ

月別アーカイブ
週間アクセスランキング
おすすめ

ブログランキング参加中
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ