2015年09月18日

『命の学習』20

  人はこの世に生まれて死んでゆく。今の人類が滅亡しない限り、それは世代を超えて繰り返されることでしょう。いえ例え滅亡しても次の新しい人類が誕生して、命は連綿と受け継がれていくことでしょう。
  人は何故この世に生まれてくるのか。生きることにどんな意味があるのか。それが分かって初めて戦争がなくなり、地球に本当の平和が訪れることでしょう。
  日々何が起きようともその意味が分かれば、“今を生きる”ことが楽しくて仕方ありません。「アラユルコトヲ  自分ヲ感情二入レズニ  ヨク見聞キシ解カリ  ソシテ忘レズ」今、宮沢賢治の心情がよく分かります。(9月18日)

(ここでしばらく次へ行く前にインターバルをいただきます。)