いやー映画ニュースって本当にいいものですね

最新の映画情報、新作映画、監督、俳優、女優などの最新ニュースを配信中。映画スターのニュースやインタビューなどオリジナルの情報が満載です。

1 :鉄チーズ烏 ★:2019/01/22(火) 20:33:36.17 ID:m1bbkpKk9.net
 女優や声優として活躍する福原遥さんとダンス・ボーカルグループ「FANTASTICS from EXILE TRIBE」兼「EXILE」のメンバー、佐藤大樹さんがダブル主演する映画「4月の君、スピカ。」(大谷健太郎監督)の新規場面写真が22日、公開された。場面写真は全4点で、福原さんが制服姿で、佐藤さんに“壁ドン”されているシーンもある。

 また映画には、主人公たちを取り囲む大人たちとして、酒井美紀さんと大谷亮平さんが友情出演することも発表された。酒井さんは主人公たちが通う天文台の管理人役、大谷さんは恋に悩む星(福原さん)にアドバイス する学校の購買のおじさん役を担当。劇中には酒井さんが出演し、1990年代に人気を博した連続ドラマ「白線流し」(フジテレビ系)の舞台の一つであった長野県の小川天文台も登場する。

 「4月の君、スピカ。」は、2015〜17年に少女マンガ誌「Sho-Comi」(小学館)で連載され、コミックスの累計発行部数は120万部以上という杉山美和子さんの人気マンガが原作。福原さんは極度に運が悪く、おとなしい女の子の早乙女星、佐藤さんはチャラめだが、学年トップの秀才・宇田川泰陽を演じ、鈴木仁さんが天文好きの無口な美少年・大高深月役、井桁弘恵さんが泰陽の元カノで、心臓の病を持つ天川咲役で出演する。

 高校受験に失敗し、うっかり超スパルタ進学校へ入ってしまった星(福原さん)。勉強にはついていけず、友達ともうまく会話できず、入学早々にも関わらず落ち込んでいたが、天文好きの無口な美少年・深月(鈴木さん)と、ちょっぴりチャラめで学年トップの秀才・泰陽(佐藤さん)に出会うと、彼らに誘われるまま天文部に入部する。今まで自分は運が悪いと思っていたが、とっておきの居場所を見つけた星の毎日は、一気に輝き出す……というストーリー。 19年春公開予定。


2019年01月22日 映画 芸能 マンガ
https://mantan-web.jp/article/20190122dog00m200027000c.html

















続きを読む

1 :鉄チーズ烏 ★:2019/01/22(火) 18:45:17.90 ID:m1bbkpKk9.net
1941年の公開以来、世界中で根強い人気を誇るディズニー・アニメーションの名作を、『チャーリーとチョコレート工場』(05)や『アリス・イン・ワンダーランド』(10)のティム・バートン監督が実写映画化した『ダンボ』が3月29日(金)に日米同時公開。このたび本作の日本版ポスタービジュアルが完成した。

第14回アカデミー賞最優秀ミュージカル映画音楽賞や、第2回カンヌ国際映画祭アニメーション賞を受賞したアニメーション版『ダンボ』を、バートン監督らしい独特の世界観で新たな物語としてつむぎ出した本作。サーカス団の笑いものだった“大きすぎる耳”を持つ子ゾウのダンボが、その大きな耳を翼にして空を飛べることに気付いたことをきっかけに、サーカス団の家族の力を借りて引き離された母を救うため新たな一歩へと踏み出す。

このたび解禁された日本版ポスタービジュアルでは、大きな耳で大空を舞う小さな赤ちゃんゾウのダンボの姿が描き出されている。すでに海外版ポスターや予告映像では明らかにされていたが、日本版ポスターでその全身の姿が映し出されるのはこれが初めて。そんなダンボの姿を、世話係のホルトと2人の子供をはじめとした個性豊かなキャラクターたちが見上げるデザインに。

ホルト役を演じたコリン・ファレルはバートン監督とは本作が初タッグ。「稀代のビジュアルアーティストのティム・バートンと『ダンボ』という題材ほど幸せな組み合わせはない」と出演を即決したとか。また『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』(16)につづいてバートン作品に出演するエヴァ・グリーンは空中ブランコのスター、コレット役に。さらにダンボで金儲けを企む起業家ヴァンデバー役のマイケル・キートンとサーカスの団長メディチを演じるダニー・デヴィートは共に久々のバートン作品参加となる。

世界中から熱狂的な支持を集めるバートン監督と、近年『シンデレラ』(15)や『美女と野獣』(17)など往年の名作アニメーションの実写化を大成功に導いてきたディズニーがタッグを組んだだけで期待せずにはいられない本作。果たしてどんな映像美と、感動が待ち受けているのか。是非とも劇場の大スクリーンでダンボの冒険を見届けてほしい!

文/久保田 和馬

2019/01/22 12:00
https://movie.walkerplus.com/news/article/176618/







続きを読む

1 :muffin ★:2019/01/22(火) 15:17:28.83 ID:Hz5Xpq7P9.net
https://www.hochi.co.jp/entertainment/20190120-OHT1T50235.html
2019年1月21日5時0分 スポーツ報知

東京映画記者会(報知新聞社など在京7紙)が主催する「第61回(2018年度)ブルーリボン賞」が20日、決まった。主演男優賞は「終わった人」(中田秀夫監督)の舘ひろし(68)、主演女優賞は「止められるか、俺たちを」(白石和彌監督)の門脇麦(26)が、ともに初受賞となった。作品賞は「カメラを止めるな!」(上田慎一郎監督)が選ばれた。授賞式は2月6日、東京・内幸町のイイノホールで行われる。

 ◆第61回ブルーリボン賞 受賞者と作品
 作品賞 「カメラを止めるな!」(上田慎一郎監督)
 主演男優賞 舘ひろし「終わった人」
 主演女優賞 門脇麦「止められるか、俺たちを」
 助演男優賞 松坂桃李「孤狼の血」
 助演女優賞 松岡茉優「万引き家族」「ちはやふる―結び―」
 新人賞 南沙良「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」
 監督賞 白石和彌「孤狼の血」「止められるか、俺たちを」「サニー/32」
 外国作品賞 「ボヘミアン・ラプソディ」(ブライアン・シンガー監督)

★邦画ベスト10
カメラを止めるな!
 菊とギロチン
 孤狼の血
 SUNNY 強い気持ち・強い愛
 空飛ぶタイヤ
 止められるか、俺たちを
 日日是好日
 寝ても覚めても
 万引き家族
 焼肉ドラゴン

★洋画ベスト10
アリー/スター誕生
 インクレディブル・ファミリー
 グレイテスト・ショーマン
 シェイプ・オブ・ウォーター
 スリー・ビルボード
 ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー
 ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書
 ボヘミアン・ラプソディ
 リメンバー・ミー
 レディ・プレイヤー1
 ワンダー 君は太陽

※投票同数のため11作(五十音順)








続きを読む

このページのトップヘ