2008年09月

きみの友だち

2008年09月26日

 「きみの友だち」は命の洗濯という言葉がとても似合う映画だ。久しぶりに映画を見て心が洗われる気がした。登場人物の誰もが見せてくれるきれいな心。そこには、人間の持つ邪気の心の気配は一切感じられない。心の闇が描かれる映画が多い中で、平たく言ってしまうと、ここまで善良な人々がオンパレードで登場する映画は今時めずらしい。続きを読む



eigakentei at 21:36風間 久徳 この記事をクリップ!

帰らない日々

2008年09月26日

 テリー・ジョージ監督はこれまで脚本家として「父に祈りを」、「ボクサー」等で知られるが、監督作としては近年「ホテル・ルワンダ」がある。続きを読む

庭から昇ったロケット雲

2008年09月26日

 「宇宙…それは人類に残された最後の開拓地である」と云う訳でポーリッシュ兄弟初のメジャー作品『庭から昇ったロケット雲』である。続きを読む

eigakentei at 21:27相木 悟 この記事をクリップ!

隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS

2008年09月26日

 「隠し砦の三悪人」を試写会で観た。僕は、正直言って、黒澤明監督のオリジナル版は、傑作の多い黒澤明監督の作品の中では、それほど面白いとは思わなかったのだが、この映画は、なかなか面白く、リメイクは見事に成功していると思う。続きを読む

eigakentei at 21:23服部 太加志 この記事をクリップ!

ザ・マジックアワー

2008年09月26日

 映画館で久々に声を出して笑った。佐藤浩市のナイフ舐めの三連発、トランポリンには意表をつかれた。下手な役者では多分笑えなかったと思うが、彼が相当の役者であればこそできたシーンだと思う。続きを読む

eigakentei at 21:20真木 伊佐夫 この記事をクリップ!

相棒―劇場版―絶体絶命!42・195km東京ビッグシティマラソン

2008年09月26日

 面白かった。期待せずにみたのだが掛け値なしで面白かった。テレビ版は観たことが無く、何の予備知識もなかったのだがグイグイと引き込まれていった。続きを読む

eigakentei at 21:15真木 伊佐夫 この記事をクリップ!

クライマーズ・ハイ

2008年09月26日

 1985年8月12日、あの真夏の暑い日の出来事は一生忘れられないであろう。
当時勤務していた会社の大阪支店に東京本社から単身赴任したばかりの小生は、夏休みを当初の予定より1週間早めて東京の自宅より大阪に戻る事にして、8月5日に羽田18:00発の日本航空123便をいつもの様に利用した。
その時は、まさか1週間後の同便の事故を大阪の単身寮にて知ることになるとは想像もしなかったのである。続きを読む

eigakentei at 21:12風戸 正彦 この記事をクリップ!

崖の上のポニョ

2008年09月26日

 宮崎アニメ期待の最新作、田舎の日本人の少年が主人公、不思議な生き物との交流という前知識から、いやでも「となりのトトロ」と比較するような観方をしてしまう。続きを読む

eigakentei at 21:05HC この記事をクリップ!

ラストゲーム最後の早慶戦

2008年09月22日

 「ラストゲーム最後の早慶戦」を試写会で観た。正直言って、あまり面白くない作品であると思う。この映画は、早稲田大学や慶応義塾大学の学生を主人公とした青春映画としても面白くないし、早慶戦をテーマとした反戦映画としても物足りない作品であると思う。
 続きを読む

eigakentei at 18:50服部 太加志 この記事をクリップ!

20世紀少年

2008年09月22日

 1969年から2018年までの約半世紀までの間を、三部作として莫大な予算と長い年月をかけ製作される作品の第一作ではあるが、原作を読んでいない者としてはストーリーの展開が速くて、主人公達の現在と過去が入り混じり、次々と現れる登場人物についてわかりにくいところがある。続きを読む

eigakentei at 14:57真木 伊佐夫 この記事をクリップ!
「映画検定外伝」とは?
映画検定1級合格者による映画評。現在公開中の映画から旧作まで、選りすぐりの「映画の達人」による遠慮のない映画評を毎週アップします。
『映画検定』とは?
邦画・洋画、新作から往年の名作まで、あらゆる角度から、あなたの「映画力」をはかる検定です。
映画検定公式サイト