2010年02月

フローズンリバー

2010年02月22日

 僕は暑いより寒い方が格段に好きである。が、それは苛酷な寒冷地に住んでいない人間だからこそ云い得る意見なのかもしれない。と云う訳で『フローズン・リバー』である。続きを読む



eigakentei at 13:04相木 悟 この記事をクリップ!

フローズンリバー

2010年02月22日

 カナダとの国境に近いニューヨーク州田舎町での出来事。二人の子供を抱える主婦がふとした出来事を発端にアメリカへの密入国を手がける顛末を描いている。続きを読む

ゴールデンスランバー

2010年02月22日

 昨年末亡くなられた「映画批評家」双葉十三郎さんの言葉に「日本映画にもう少しゲーム性やゲームを楽しむ感覚があればなあ」(文春新書「日本映画ぼくの300本」より)というのがある。続きを読む

eigakentei at 12:14勝村 俊一 この記事をクリップ!

Dr.パルナサスの鏡

2010年02月22日

 才人だが何かとトラブルが多く、過去に頓挫した映画も多いテリー・ギリアム監督。
 本作も主演のヒース・レジャーが撮影途中で亡くなり、暗礁に乗り上げたが、ヒースの友人たちが代役を買って出たことから、完成にこぎつけた曰く付きの作品だ。続きを読む

eigakentei at 11:48磯部 正己 この記事をクリップ!

シャネル&ストラヴィンスキー

2010年02月15日

 それはまるで同じシャネルのロゴマークのついた商品なのに、日本の量販店で買ったものか、空港の免税店で買ったものか、あるいはパリの直営店で買ったものかでは、不思議な事に何となく質感が異なるのとよく似ていて、最近公開されたシャネルの映画の中でどれが一番深いかと聞かれれば、迷わずに本作を選ぶ。続きを読む

eigakentei at 20:08風間 久徳 この記事をクリップ!

BANDAGE バンデイジ

2010年02月15日

タイトルの『BANDAGE』は、90年代のバンドブーム『BAND AGE』にかかっている。つまり本作のキー・ポイントは90年代。だが90年代にはまだ子供だった21世紀に青春を迎えている若者にとって90年代に何の意味があるのだろう?続きを読む

eigakentei at 19:53松沢 千恵美 この記事をクリップ!

ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女

2010年02月15日

 処女作出版前に急逝したスウェーデンのミステリー作家、スティーブ・ラーソンのベストセラー小説「ミレニアム」三部作の最初の映画化である。続きを読む

eigakentei at 19:36RightWide この記事をクリップ!

シャネル&ストラヴィンスキー

2010年02月15日

 1913年と1920年、バレエ「春の祭典」の初演と再演の年を限定に描かれる、2人の芸術家の愛と別れ。 続きを読む

eigakentei at 19:10HC この記事をクリップ!

大怪獣バトル ウルトラ超銀河伝説

2010年02月05日

吹き上がった砂塵が、綿のように舞う重力の惑星。
そこで展開されるウルトラマンメビウスと怪獣ベムラーの死闘。
映画「ULTRAMAN」で展開されたフライング・シーケンス以来の画期的な戦闘シーンだ。続きを読む

eigakentei at 13:10祖父江晩 この記事をクリップ!

ジュリー&ジュリア

2010年02月05日

 メリル・ストリープ。個人的には決して好きな女優ではないのだが、やはり、とんでもなく上手い。続きを読む

eigakentei at 12:40根岸 史 この記事をクリップ!
「映画検定外伝」とは?
映画検定1級合格者による映画評。現在公開中の映画から旧作まで、選りすぐりの「映画の達人」による遠慮のない映画評を毎週アップします。
『映画検定』とは?
邦画・洋画、新作から往年の名作まで、あらゆる角度から、あなたの「映画力」をはかる検定です。
映画検定公式サイト