2010年05月

第9地区

2010年05月24日

 異星人映画の一大テーマである「遭遇」が、きれいさっぱり拭い去られた定石破りの作品である。まず、彼らはオープニングから地球上にいるという点。 続きを読む



eigakentei at 19:26NOMUSHIN この記事をクリップ!

オーケストラ!

2010年05月24日

 一言で言うと、荒唐無稽。強引すぎる展開に呆気にとられるのも束の間、30秒に1度(?)くらいの割合で繰り出される風刺の利いた痛烈なギャグに大いに笑わされ、クライマックスのチャイコフスキーでは感動のあまり涙! あまりにも豊潤な映画、それがこの『オーケストラ!』である。 続きを読む

eigakentei at 19:18根岸 史 この記事をクリップ!

幸福の黄色いハンカチ

2010年05月24日

 私がこの映画を初めて見たのは、日本テレビ系の“水曜ロードショー”でテレビ初放送されたときだった。それからリバイバル、ビデオ、DVDと、何回見たか数えきれない。
 今回、ウィリアム・ハート主演でハリウッドリメークされ、同時にデジタルリマスター版としてよみがえった『幸福の黄色いハンカチ』。 続きを読む

eigakentei at 19:14小原 雅志 この記事をクリップ!

第9地区

2010年05月24日

 ニュースの映像から物語は始まり、宇宙船が現れてから、エイリアンが何故移住しなければならないのか、現地の人間はどう思っているのか等、展開が早く、畳み掛けるような語り口で物語の設定を短時間で理解させる手法により、飽きることがなく素直に物語に入りこめた。 続きを読む

eigakentei at 19:00真木 伊佐夫 この記事をクリップ!

17歳の肖像

2010年05月19日

 ひとりの少女が、年上の男性との恋を経て大人へと成長していくというストーリーは、思春期ものの定番というべきもので、今までに世界各国で数多く映画化されている。それにも拘らず、本作が新鮮でみずみずしい印象を与えるのは何故だろうか。 続きを読む

eigakentei at 19:39圓尾 裕 この記事をクリップ!

息もできない

2010年05月19日

監督ヤン・イクチュンはキネ旬2010年4月上旬号のインタヴューで「汚い言葉も立派な文化の一つとして認めてほしかった。そういう言葉しか知らないで生きてきた人間だっているんです」と。続きを読む

eigakentei at 19:04南包 この記事をクリップ!

シャッター アイランド

2010年05月19日

 J.D.サリンジャーが『キャッチャー・イン・ザ・ライ』を発表したのは1951年。あまりにも有名なこの作品には、実は第二次世界大戦の存在が色濃く影を落としている。サリンジャー自身がヨーロッパ戦線に従軍し、ドイツとの激しい戦闘を経験、帰還後、いまでいうPTSD(心的外傷後ストレス障害)を発症したからだ。『キャッチャー』執筆には、その自己治療の目的もあったのではないか、との分析がなされている。
続きを読む

eigakentei at 18:40田野泰典 この記事をクリップ!

オーケストラ!

2010年05月19日

ラストのコンサートの最中に、それまで自己顕示の野心にのみとらわれて楽団員の面倒を見ようとしなかったマネージャーが、演奏を聴いて「音楽の神への祈りがかなえられた」といった意味の言葉をつぶやく場面がある。映画の脚本として書くのにはかなり勇気がいると思うセリフだけど、この作品にはそのセリフを観る者に十分納得させるだけのドラマ構成、演出の力があるのだ。

続きを読む

eigakentei at 18:26原田 英二 この記事をクリップ!

オーケストラ!

2010年05月19日

 事の発端は一枚のファクスだった。モスクワのボリショイ劇場で清掃員として働くアンドレイ(アレクセイ・グシュコブ)は、今でこそ身をやつしてはいるが、かつてはボリショイ交響楽団の気鋭の指揮者だった。ある日仕事の途中、楽団のリハーサルを遠い観客席からひとり恍惚然と眺めていて支配人に注意される。支配人室を掃除するよう命じられ、床を掃いている時にファクスが届く。続きを読む

eigakentei at 18:24鈴木 正武 この記事をクリップ!

プレシャス

2010年05月18日

 「明日に向かって撃て!」(1969)の脚本家ウィリアム・ゴールドマンは、作品を振り返ったインタビューで「活劇において女性の登場は物語を停滞させる」と、キャサリン・ロス扮するヒロインの扱いに苦労した、という思い出を語っている。 
乱暴な言い方をすれば、数多ある映画の中で「女性が主人公の映画」の割合があまりにも低い理由は、このような「女性キャラを忌み嫌う」考え方に基づいていると言っていい。続きを読む

eigakentei at 12:04松 たけを この記事をクリップ!
「映画検定外伝」とは?
映画検定1級合格者による映画評。現在公開中の映画から旧作まで、選りすぐりの「映画の達人」による遠慮のない映画評を毎週アップします。
『映画検定』とは?
邦画・洋画、新作から往年の名作まで、あらゆる角度から、あなたの「映画力」をはかる検定です。
映画検定公式サイト