味園ユニバース

2015年02月14日

  山下敦弘監督最新作。関ジャニ∞の渋谷すばるを主演に迎え、大阪を舞台に音楽の力をうたいあげる。前作「もらとりあむタマ子」の前田敦子に続き、アイドル主演が続く監督作品、その出来栄えは?

 生気をなくした表情で出所した男(渋谷すばる)。迎えの車を降りてぼんやり佇んでいたところ、突如何者かに拉致され傷めつけられてふらふらに。付近の公園で一夜を明かして目覚めたところ、どこからか聞こえる陽気な音楽。誘われるがままにたどり着いたのは、バンド「赤犬」の野外ライブ会場。朦朧とした意識のまま突如マイクを奪い、見事パンチの利いた声で1フレーズ歌うと昏倒してしまう。
 目覚めるとそこはとあるスタジオ。「赤犬」メンバーとマネージャーのカスミ(二階堂ふみ)が、彼女の自宅兼スタジオに連れ帰ってくれたのだ。目覚めたはいいが歌以外の記憶を全てなくしている男を、カスミは仕方なく家におき、“ポチ男”と名付けるのだった。
 ある日、「赤犬」のヴォーカルが大怪我を負ってしまうが、ライブの予定は既に決まっている。カスミと「赤犬」は、歌える“ポチ男”を臨時ヴォーカルに据えることにするのだが・・・。
 一言でいうと感想は、多分に「赤犬」と渋谷を組み合わせるのが専らの狙いで、記憶喪失云々のストーリーはとってつけた感たっぷり。今や若手映画女優随一の存在感を示す二階堂ふみのパワーで何とか結びつけようとはしたものの、そして彼女はとても健闘しているのだけれど、ストーリー部分はむしろ余計に感じてしまう。
 大阪出身者としては、味園って今は「赤犬」とかで盛り上がるライブ空間になっているんだ!と、昔からコマーシャルでなじみの娯楽空間の健在ぶりを知れて嬉しいのだが、「味園ユニバース」の説明をもう少ししておかなくて大丈夫なのかと少々心配に。
 渋谷すばると「赤犬」の化学反応は魅力的だし、関西小劇場などなどが元気だった時代に大阪で青春を過ごし、今は関東在住になってしまった個人的立場からすると、脈々と続く大衆娯楽の変わらない魂に触れて感慨はひとしお。ただ、だからこそ、内輪ネタで終わってしまっていることがちょっと残念な気もしたのだった。

HC/神奈川県
年間鑑賞本数170本。生涯のベスト1は17歳で観た「恋する惑星」。都会の孤独を映し出す作品に非常なシンパシーを感じる。劇場公開時に必ず足を運ぶ監督はフランソワ・オゾン、塚本晋也。男優の魅力を感じるのは困惑する表情、女優の魅力を感じるのは不機嫌な表情。




HC  この記事をクリップ!
「映画検定外伝」とは?
映画検定1級合格者による映画評。現在公開中の映画から旧作まで、選りすぐりの「映画の達人」による遠慮のない映画評を毎週アップします。
『映画検定』とは?
邦画・洋画、新作から往年の名作まで、あらゆる角度から、あなたの「映画力」をはかる検定です。
映画検定公式サイト