小原 雅志

冷たい雨に撃て、約束の銃弾を

2010年06月25日

 いや〜、酔いしれた。久々に見た。こんな、男の、男による、男のための映画。何者かに娘一家が襲われ、家族で唯一生き残った娘も重体という初老の男コステロが、偶然出会った3人の殺し屋とともに、巨大組織に立ち向かっていくというストーリー。続きを読む



eigakentei at 16:21 この記事をクリップ!

幸福の黄色いハンカチ

2010年05月24日

 私がこの映画を初めて見たのは、日本テレビ系の“水曜ロードショー”でテレビ初放送されたときだった。それからリバイバル、ビデオ、DVDと、何回見たか数えきれない。
 今回、ウィリアム・ハート主演でハリウッドリメークされ、同時にデジタルリマスター版としてよみがえった『幸福の黄色いハンカチ』。 続きを読む

eigakentei at 19:14 この記事をクリップ!

しあわせの隠れ場所

2010年04月05日

 この映画を見たときに、正直に思ったことがある。「サンドラ・ブロックって、こんなに演技がうまかったっけ?」
 続きを読む

eigakentei at 16:57 この記事をクリップ!

おとうと

2010年03月08日

 山田洋次監督と聞いて思い出すのは『男はつらいよ』シリーズ。だが、シリーズの合間に作られたり、それ以前、以後に作られた作品にも良作が多い。 続きを読む

eigakentei at 16:05 この記事をクリップ!

宇宙戦艦ヤマト 復活篇

2010年02月03日

 あの『宇宙戦艦ヤマト』が復活するという話を聞いたとき、ついに来たかと思った。続きを読む

eigakentei at 18:33 この記事をクリップ!

曲がれ!スプーン

2009年12月25日

 私は映画も見るが、演劇もよく見る。ひいきの劇団のひとつが、上田誠率いる、京都を中心に活動する“ヨーロッパ企画”だ。続きを読む

eigakentei at 19:36 この記事をクリップ!

空気人形

2009年10月19日

 ひと昔前の韓国ものというと、どこか取っつきにくいという印象があった。だが、何気にビデオに録っておいたホ・ジノ監督の『八月のクリスマス』を見て感動したことをきっかけに韓国映画を、『冬のソナタ』をきっかけに韓国ドラマを見るようになった。 続きを読む

eigakentei at 12:36 この記事をクリップ!

グッド・バッド・ウィアード

2009年09月24日

 『グッド・バッド・ウィアード』。このタイトルを聞いたとき、“おっ、これは”と思った。そう、クリント・イーストウッド、リー・ヴァン・クリーフ、イーライ・ウォラック共演の『続・夕陽のガンマン 地獄の決斗』だ。続きを読む

eigakentei at 19:39 この記事をクリップ!

ハリー・ポッターと謎のプリンス

2009年08月14日

 シリーズものの面白さは、最初は子どもだった主人公たちが、作品ごとに成長していく姿が見られるところにある。日本でいえば、倉本聰脚本の『北の国から』における純(吉岡秀隆)と螢(中嶋朋子)。続きを読む

eigakentei at 18:08 この記事をクリップ!

スタートレック

2009年06月11日

 私はいわゆる“トレッキー”ではないが、『スター・トレック』は好きだ。きっかけは映画版シリーズ第4作『故郷への長い道』。タイムトラベルというテーマで、シリーズを知らない人でも楽しめる内容だったのが幸いしたのだろうか。そこから、再放送されたオリジナルのテレビシリーズ、映画版、『新スター・トレック』という流れで見てきた。続きを読む

eigakentei at 11:09 この記事をクリップ!
「映画検定外伝」とは?
映画検定1級合格者による映画評。現在公開中の映画から旧作まで、選りすぐりの「映画の達人」による遠慮のない映画評を毎週アップします。
『映画検定』とは?
邦画・洋画、新作から往年の名作まで、あらゆる角度から、あなたの「映画力」をはかる検定です。
映画検定公式サイト