勝村 俊一

ソフトボーイ

2010年07月20日

 『僕たちのプレーボール』に続き、また一人だけの映画館。野球関係映画は呪われているのか、と思っていると、後から一人。よかった・・。続きを読む



eigakentei at 14:53 この記事をクリップ!

僕たちのプレーボール

2010年06月23日

 久しぶりの映画館での僕一人。おそらく『いけちゃんとぼく』以来である。『いけちゃん〜』は、まだしも後に何人か入って来たが、この『僕たちのプレーボール』は、エンドタイトルが始まり、場内を見回すと『僕だけのゲームセット』だった。続きを読む

eigakentei at 16:43 この記事をクリップ!

クロッシング

2010年06月21日

 映画を作る上で「伝えたい事を伝える」という事は大切だ、と思う。がそれを安直な作劇で見せられたら、たまったものではない。続きを読む

eigakentei at 15:41 この記事をクリップ!

花のあと

2010年04月27日

 ブーイング覚悟で書きますが、僕にとって藤沢周平原作映画の魅力は、晴らせぬ恨みを自らの手で晴らす、金によって他人に任す『必殺』(の持つ通俗性)と表裏一体の世界だと思う。この『花のあと』もその典型的な映画、だけではなかった。続きを読む

eigakentei at 19:03 この記事をクリップ!

超劇場版 ケロロ軍曹 誕生!究極ケロロ 奇跡の時空島であります!!

2010年04月01日

 『ケロロ軍曹』はエリアの関係でTVでは見れません。なのに何故映画版を見に行くのか何故か?一応設定を理解している事と「ガンダムネタ」の為である。続きを読む

eigakentei at 17:09 この記事をクリップ!

ゴールデンスランバー

2010年02月22日

 昨年末亡くなられた「映画批評家」双葉十三郎さんの言葉に「日本映画にもう少しゲーム性やゲームを楽しむ感覚があればなあ」(文春新書「日本映画ぼくの300本」より)というのがある。続きを読む

eigakentei at 12:14 この記事をクリップ!

仮面ライダー×仮面ライダーW&ディケイドMOVIE大戦2010

2010年01月18日

 今まで、一つの画面に東映マークが二つ出てきた事があったのか?僕は知らないぞ!
 今回の映画版ライダー、前半は『ディケイド』後半は『W』という完全に二本立て(脚本家も違う)の構成。続きを読む

eigakentei at 18:50 この記事をクリップ!

RISE UP ライズアップ

2009年12月25日

 この映画のパンフレットは、よくあるコメント、インタビューがなく、後半に至っては、ほとんど林遷都と山下リオの写真集になっている・・そんな映画か?(本人注。結末に触れている個所があります、感想と共に)続きを読む

eigakentei at 18:07 この記事をクリップ!

風が強く吹いている

2009年11月16日

 「ランナーズハイ」という言葉がある(そうです)。長距離を走るランナーの苦しみが、ある時点から快感に変わっていく、大まかにいうと、そういう事だ(そうです)。続きを読む

eigakentei at 10:49 この記事をクリップ!

白夜

2009年10月16日

  『ちゃんと伝える』の園子温に続いて、EXILEのスタッフは、メンバーの眞木大輔を主演とした『白夜』の監督に、小林政広を起用した。続きを読む

eigakentei at 14:53 この記事をクリップ!
「映画検定外伝」とは?
映画検定1級合格者による映画評。現在公開中の映画から旧作まで、選りすぐりの「映画の達人」による遠慮のない映画評を毎週アップします。
『映画検定』とは?
邦画・洋画、新作から往年の名作まで、あらゆる角度から、あなたの「映画力」をはかる検定です。
映画検定公式サイト