南木 顕生

借りぐらしのアリエッティ

2010年08月10日

二十世紀初頭のヨーロッパの話だと思い込んでいたら『現在のニッポン』を舞台にしてるらしいことがわかって唖然。途中で携帯電話が出てきたからわかったんだけど、床下に小人が住んでるという設定が我々の日常と地続きであることがどーも信じられない。なんかあいつら盗人猛々しくって、居候の奥ゆかしさがないんだよね。日本のドラマじゃないよコレ。
胸を病んだ主人公が見ることができる幻想ならともかくお手伝いさんにも見えるというのはファンタジーとしてどーなんだろう。「トトロ」だってコドモにしか見えなかったはずだし、昭和三十年代という『昔』に時代設定してたよね。そういう仕掛けでファンタジーとして成立してたような気がしたんだけど。
人間に見つかったら引っ越ししなければならないはずなのにどこか余裕ぶっこいてるんで大丈夫かいなと思ったらカアチャン捕まってしまうし自業自得やんけと思ってしまった。そーいえばオカン拉致事件の直前に引っ越しの荷造りしてたよね。なんでオカンは悠々とキッチンにおんねん。てか、簡単に捕まってしまうのなら過去に採集されてるはずだよなコイツら。そんなわけでこのドラマ「人間に見つかったら即引っ越し」という緊張感に欠けている。
アリエッティもオカンがさらわれたことがわかったのならショウくんよりもまずオトンに相談でしょ。大体オトンって何してるの。狩り(借り)にでてるのだったらオカンがさらわれたことわかってるはずだよね。会社(小人の?)にでも行ってるのか。説明過多がいいわけないけどさ、事件が起きたとき何故この人物がいるのかいないのかを明確に提示するのがシナリオの基本じゃないの。基本のアリバイ工作が出来てないから穴ばかり目に付く。
オカンの声が大竹しのぶなんだけど本人のあわてふためく姿がチラついてシラける。アニメの声って本人の顔が見えたら失敗だと思うけど、樹木希林なんてキャラも希林ぽいしカントクの狙いなのかしら。だったらいっそのことオカンもしのぶのまんまにしたほうがよかったのかも。
ところでアリエッティの涙ってデカくね?一粒が洗面器一杯分くらいありそうだぞ。どんだけ涙腺が太いんだよ。あれじゃ脱水症状で死ぬよ。


nanki1964 at 00:37 この記事をクリップ!

トイ・ストーリー3

2010年08月09日

期待パンパンに膨らんで観に行くと大抵ソレに及ばないことが多いが期待以上の素晴らしさで打ちのめされた。 完結編ということで「〜2」でも触れられたおもちゃの避けられない運命がいよいよ本格的に描かれる。続きを読む

nanki1964 at 01:54 この記事をクリップ!

インセプション

2010年08月09日

クリストファー・ノーランの前作「ダークナイト」は評価され過ぎだと思ってる。
キャラクターを記号的に配置してるのがどうにもいただけないし、ヒース・レジャーがリアルに演じれば演じるほどオハナシの浅さが露呈していた。続きを読む

nanki1964 at 00:26 この記事をクリップ!

犯人に告ぐ

2007年12月07日

 ムチャクチャ評判もよく、出来も上々なんだけど、これが本年度ベストワンとか言われるとなんだかなぁと思っちゃうわけです。続きを読む

eigakentei at 18:26 この記事をクリップ!

大日本人

2007年07月12日

 評判はお世辞にもいいと言えないからまったく期待してなかったんだけど、悪くないじゃんコレ! 才能あるよ松本人志。「ボラット」のようなフェイクドキュメンタリーなんだけど、ドキュメンタリーとファンタジーを行き来するのが無理がないのは、どちらもキワキワでゆるいから成立してるのであって、それは計算だと思う。続きを読む

eigakentei at 19:03 この記事をクリップ!
「映画検定外伝」とは?
映画検定1級合格者による映画評。現在公開中の映画から旧作まで、選りすぐりの「映画の達人」による遠慮のない映画評を毎週アップします。
『映画検定』とは?
邦画・洋画、新作から往年の名作まで、あらゆる角度から、あなたの「映画力」をはかる検定です。
映画検定公式サイト