田中 茂樹

JUNO ジュノ

2008年09月20日

 奇抜なタイトルとともに現れる大きなオレンジジュースのボトルを抱えたエレン・ペイジ(JUNO)の歩く姿にもう彼女の「我が道を行く」キャラが理解できてしまう。続きを読む



eigakentei at 15:34 この記事をクリップ!

アウェイ・フロム・ハー君を想う

2008年08月06日

 観る人の立場それぞれで全く違った角度で捉えることとなる作品ではないか。続きを読む

eigakentei at 19:04 この記事をクリップ!

ブラックサイト

2008年06月25日

 悪意に満ちた好奇心の固まりが殺人に発展する。この殺人中継サイトを発想したところで作り手はしてやったりと思ったことだろう。続きを読む

eigakentei at 18:31 この記事をクリップ!

パンズ・ラビリンス

2007年12月13日

 ギジェルモ・デル・トロがこの先どういう作品を出すかという事について明言は難しいが、この作品については全てが奇跡的にうまくいっている。「ブレイド2」「ヘルボーイ」の監督が少女を中心としたファンタジーの世界に彼流に踏み込んだら、これが予想以上の化学反応を引き起こしたということなのだろう。   

  
続きを読む

eigakentei at 18:54 この記事をクリップ!

あるスキャンダルの覚え書き

2007年07月12日

 全く飽きるところ無く観終わった直後の感想は、ただ「面白かった。」ジュディ・デンチとケイト・ブランシェットの熱演が、いささかアブナイ下品に陥りそうな物語をぎりぎりのところで救っているのも見事だと感心したものである。しかし、落ち着いてこの映画を整理すると少しの疑問も湧いてきた。そこで、そもそもが映画化権の争奪戦が繰り広げられたというベストセラーの原作に当たってみた。続きを読む

eigakentei at 19:42 この記事をクリップ!

クイーン

2007年06月07日

 GWのシネコン。「スパイダーマン3」とははっきりと違う客層で「知的な娯楽映画」を観に来ましたという風情の夫婦が目立っていた。私も安心してこの「上品なバクロ映画」を楽しんだのだが、この「安心」の正体は一見そっくりさん映画に見えて筋金入りの演技者達によるアンサンブルであること、何より英国王室の、エリザベス女王のゆるぎなさなのだ。

      
続きを読む

eigakentei at 18:28 この記事をクリップ!
「映画検定外伝」とは?
映画検定1級合格者による映画評。現在公開中の映画から旧作まで、選りすぐりの「映画の達人」による遠慮のない映画評を毎週アップします。
『映画検定』とは?
邦画・洋画、新作から往年の名作まで、あらゆる角度から、あなたの「映画力」をはかる検定です。
映画検定公式サイト