南包

アルゼンチンタンゴ 伝説のマエストロたち

2010年08月08日

アルゼンチンタンゴ 伝説のマエストロたち続きを読む



am6134ad at 23:04 この記事をクリップ!

ビルマVJ消された革命

2010年06月29日

これは2007年僧侶を中心に起きた反政府デモの記録である。その時、日本人ジャーナリストの長井健司さんは殺害された。その現場がはっきりとこの映画に映し出されている。やはり同胞の死は同じ死でも胸に迫るものがある。  続きを読む

eigakentei at 11:44 この記事をクリップ!

ただいま、それぞれの居場所

2010年06月23日

 平成12年4月1日に施行された介護保険制度の介護サービスの枠組みから漏れてしまう人たちの世話をする施設、事業所を立ち上げた人たちと介護されるお年寄りの話である。続きを読む

eigakentei at 14:59 この記事をクリップ!

息もできない

2010年05月19日

監督ヤン・イクチュンはキネ旬2010年4月上旬号のインタヴューで「汚い言葉も立派な文化の一つとして認めてほしかった。そういう言葉しか知らないで生きてきた人間だっているんです」と。続きを読む

eigakentei at 19:04 この記事をクリップ!

渇き

2010年04月16日

この数年韓国映画から感ずるエネルギーは何なのだろう。キネマ旬報ベスト1の「ディア・ドクター」「おくりびと」には、そのエネルギーを感じない。といえこの2作品大変面白く見た。そんなことを考えながら、『渇き』について書く。     続きを読む

eigakentei at 12:02 この記事をクリップ!

カティンの森

2010年03月08日

 死屍累々という月並みの表現は微塵と崩れる。これこそが映像の力である。「カティンの森」はその映像の力を見るべき作品である。続きを読む

eigakentei at 18:01 この記事をクリップ!

おとうと

2010年03月08日

 吉永小百合の吟子が、娘小春に弟鉄郎のことについてこう言うシーンがある。何故あのしょうもない鉄郎が小春の名付け親になったのか・・・、その時「私(吟子)は鉄郎に負い目を感じている」と。  続きを読む

eigakentei at 15:32 この記事をクリップ!

千年の祈り

2010年02月02日

 アメリカに暮らす娘――離婚し図書館の司書をしている――の所に、中国から父親が訪ねてくる。父親は料理教室に通っていたこともあり食事の支度をする。続きを読む

eigakentei at 12:48 この記事をクリップ!

ファイティング・シェフ〜美食オリンピックへの道〜

2009年11月19日

 料理の腕(味)を競うというのはTV番組「料理の鉄人」で一般的になった。それは、戦いであるから勝敗に対して扇情的でもあった。続きを読む

eigakentei at 17:38 この記事をクリップ!

白夜

2009年10月19日

 小説も詩も、絵画、音楽、演劇など作者は何らかのメタファーをこめている。
この『白夜』も例外ではない。
続きを読む

eigakentei at 12:31 この記事をクリップ!
「映画検定外伝」とは?
映画検定1級合格者による映画評。現在公開中の映画から旧作まで、選りすぐりの「映画の達人」による遠慮のない映画評を毎週アップします。
『映画検定』とは?
邦画・洋画、新作から往年の名作まで、あらゆる角度から、あなたの「映画力」をはかる検定です。
映画検定公式サイト