西原 昇

題名のない子守唄

2007年11月10日

 場内が明るくなってからも、しばらく立ち上がることはできなかった。それは、ジュゼッペ・トルナトーレの前作「ニュー・シネマ・パラダイス」で感じた感覚とは一種違ったものだった。続きを読む



eigakentei at 16:04 この記事をクリップ!

シッコ

2007年09月22日

 マイケル・ムーアよ、もっと叫びもっと暴れろ、そう思いながらいつも彼の映画を観る。「シッコ」は、ムーア自身の出番がやや少なく、しかも、彼がダイエットで痩せてしまったこともあり、全体の威圧感は少なかった。しかし、深刻なテーマを、ムーア流に映画にする力は健在である。続きを読む

eigakentei at 17:42 この記事をクリップ!

ブラッド・ダイヤモンド

2007年06月06日

 「世界中の多くの人に」「アフリカの現実を」「伝える」という三つのテーマを映画で伝えようとした場合の、最善の方法であったと言える。こういう内容の企画は、正しく作ろうとするあまり地味な作品となり、ドラマの背景に理解のある人だけが関心を持ち、評価はされるものの、興行的には伸び悩むことが多い。続きを読む

eigakentei at 18:51 この記事をクリップ!
「映画検定外伝」とは?
映画検定1級合格者による映画評。現在公開中の映画から旧作まで、選りすぐりの「映画の達人」による遠慮のない映画評を毎週アップします。
『映画検定』とは?
邦画・洋画、新作から往年の名作まで、あらゆる角度から、あなたの「映画力」をはかる検定です。
映画検定公式サイト