剣持 裕介

告発のとき

2008年09月20日

 ハリウッドでも独自の地位を確立した感あるポール・ハギスも監督作はまだこれで2作目。しかし彼の作品の多面的な構造や巧みな語り口、独特の後味は他の作家ではなかなか味わうことができず、彼のトレード・マークとも言えるだろう。続きを読む



eigakentei at 17:31 この記事をクリップ!

88ミニッツ

2008年07月18日

 アル・パチーノの目の鋭さは「ゴッドファーザー」の頃から全く衰えていない。本作での彼はFBI異常犯罪分析医であり大学で教鞭を執っているジャックを演じている。彼の怒りや焦り、困惑等の表情を見ているだけでこちらが緊張してしまうようなエネルギーがその目には備わっている。続きを読む

eigakentei at 19:17 この記事をクリップ!

僕のピアノコンチェルト

2007年12月27日

 天才も楽じゃない。本作の天才少年ヴィトスの孤独や苦悩を見ているとそう思わざるをえない。続きを読む

eigakentei at 21:35 この記事をクリップ!

遠くの空に消えた

2007年12月27日

 のどかな田舎にある架空の村、「馬酔村」を舞台とした行定勲監督オリジナルのファンタジー作品だ。続きを読む

eigakentei at 21:31 この記事をクリップ!

犯人に告ぐ

2007年12月07日

 本作がデビュー2作目の瀧本智行監督の名を見た時点で私が劇場へ足を運ぶことは確定した。それはデビュー作の「樹の海」で複数のエピソードを巧みに交錯させながら描いていく手腕に才能の片鱗を見たからである。続きを読む

eigakentei at 21:13 この記事をクリップ!

さらば、ベルリン

2007年11月10日

 40年代のフィルムノワール調というのを謳い文句にしている本作「さらば、ベルリン」は、確かに当時の名作の影響を強く感じる。続きを読む

eigakentei at 21:04 この記事をクリップ!

街のあかり

2007年09月29日

 カウリスマキ監督の敗者3部作の完結篇として「孤独」というテーマで作られた本作の主人公コイスティネンは正に負け犬だ。続きを読む

eigakentei at 14:59 この記事をクリップ!
「映画検定外伝」とは?
映画検定1級合格者による映画評。現在公開中の映画から旧作まで、選りすぐりの「映画の達人」による遠慮のない映画評を毎週アップします。
『映画検定』とは?
邦画・洋画、新作から往年の名作まで、あらゆる角度から、あなたの「映画力」をはかる検定です。
映画検定公式サイト