近藤 充

スウィ−ニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師

2008年05月02日

ホラー映画としての完成度は高く、前作『28日後』のシリアスでハードな演出を見事に踏襲しています。特に冒頭の民家からの脱出シーンの緊迫感は凄まじい限りで、見る者をウイルスによって崩壊し、荒廃した世界に一気に引き込みます。続きを読む



eigakentei at 19:37 この記事をクリップ!

ボーン・アルティメイタム

2008年01月11日

 3部作の完結編として、堂々たる内容でした。本作は、全2作と比べあまり前提を説明する必要が無いため、監督も撮りたい画を充分撮ったのではないかと思います。観ているほうも「お腹一杯」でしたね。続きを読む

eigakentei at 19:39 この記事をクリップ!
「映画検定外伝」とは?
映画検定1級合格者による映画評。現在公開中の映画から旧作まで、選りすぐりの「映画の達人」による遠慮のない映画評を毎週アップします。
『映画検定』とは?
邦画・洋画、新作から往年の名作まで、あらゆる角度から、あなたの「映画力」をはかる検定です。
映画検定公式サイト