牟禮 大造

バレンタインデー

2010年04月09日

 ロサンゼルスを舞台に、2月14日、バレンタインデーをめぐる15人の登場人物の姿を描いた作品。監督は、『プリティ・ウーマン』『プリティ・ブライド』のゲイリー・マーシャル。 続きを読む



eigakentei at 12:57 この記事をクリップ!

サヨナライツカ

2010年03月01日

−人間は死ぬとき、愛されたことを思い出すヒトと愛したことを思い出すヒトとにわかれる 私はきっと愛したことを思い出す−
 辻仁成原作の映画を、その妻・中山美穂主演で映画化。監督は韓国映画『私の頭の中の消しゴム』のイ・ジェハン。
 続きを読む

eigakentei at 18:22 この記事をクリップ!

カールじいさんの空飛ぶ家

2010年01月18日

 “愛する妻が死にました―だから私は旅に出ます”
感動作『モンスターズ・インク』のピート・ドクター監督の新作。
続きを読む

eigakentei at 12:08 この記事をクリップ!

きみに微笑む雨

2009年12月22日

 「10年ぶりに出会い、もうきみに一度恋をした。涙の跡にも気づかずに」
四川大地震から1年後の中国・成都が舞台。 続きを読む

eigakentei at 18:40 この記事をクリップ!

空気人形

2009年10月16日

 私は空気人形。ある日、持ってはいけない「心」を持ってしまいました。
心を持ったので、恋をしました。
心を持ったので、嘘をつきました。
心を持つことは、切ないことでした。
心を持ってしまう「空気人形」を演じたペ・ドゥナのセリフが胸に響く。業田良家の短編を是枝裕和監督が映画化。
 続きを読む

eigakentei at 14:51 この記事をクリップ!

アマルフィ 女神の報酬

2009年08月14日

 日本映画史上初めてオール・イタリアロケが行われた作品。フェデリコ・フェリーニが愛したイタリアの映画スタジオ「チネチッタ」で撮影された初の日本映画でもあるそうだ。
 ローマで、織田裕二演じる外交官・黒田が巻きこまれる日本人少女の失踪事件が、次第にイタリア全土を巻き込む大規模連鎖テロの様相を呈してくる・・!?続きを読む

eigakentei at 12:50 この記事をクリップ!

重力ピエロ

2009年06月11日

 「俺たちは最強の家族だ」。
 映画は、伊坂幸太郎の原作小説の書き出しにもなっている「春が2階から落ちて来た」というセリフで始まる。これはこれで、インパクトのあるオープニングなのだけれど、何より、「俺たちは最強の家族だ」というセリフが印象に残る。「普通の家族の物語」と銘打たれているものの、これは普通ではない「家族の物語」だ。

 続きを読む

eigakentei at 10:51 この記事をクリップ!

スラムドッグ$ミリオネア

2009年05月07日

「駆け抜けたその道に、夢とヒントが落ちていた」

日本でもおなじみのクイズ番組『クイズ・ミリオネア』をベースに、「ミリオネア」に挑戦するスラム出身の青年が、「なぜクイズに正解出来たか?」を明らかにしていく。2008年度の第81回アカデミー作品賞受賞作。監督はイギリスの鬼才ダニー・ボイル。

続きを読む

eigakentei at 11:11 この記事をクリップ!

その日のまえに

2009年04月22日

「一生懸命仕事をしているあなたの横でネコみたいに丸くなってウトウトと眠るのが幸せだった・・」
余命わずかと宣告された妻とその夫を中心に、人々の「その日のまえ」、「その日」、そして「その日のあと」を描いた大林宣彦監督映画。主演は永作博美と南原清隆。原作は重松清の短編集『その日のまえに』。

続きを読む

eigakentei at 12:08 この記事をクリップ!

WALL・E/ウォーリー

2009年02月27日

 ピクサーの新作映画は、29世紀の誰もいない地球に取り残されたゴミ処理ロボットを描いた作品。監督は、『ファインディング・ニモ』のアンドリュー・スタントン。

続きを読む

eigakentei at 20:19 この記事をクリップ!
「映画検定外伝」とは?
映画検定1級合格者による映画評。現在公開中の映画から旧作まで、選りすぐりの「映画の達人」による遠慮のない映画評を毎週アップします。
『映画検定』とは?
邦画・洋画、新作から往年の名作まで、あらゆる角度から、あなたの「映画力」をはかる検定です。
映画検定公式サイト