安元哲男

スペル

2010年01月08日

 大作の監督になってしまったかのようなサム・ライミが以前のB級ホラーの世界に戻って、彼の職人技がきちんと発揮されて最後まで退屈せずに楽しめるのであるが、怖がらせるシーンのほとんどが音響効果によるものというのがやや不満。続きを読む



eigakentei at 11:34 この記事をクリップ!
「映画検定外伝」とは?
映画検定1級合格者による映画評。現在公開中の映画から旧作まで、選りすぐりの「映画の達人」による遠慮のない映画評を毎週アップします。
『映画検定』とは?
邦画・洋画、新作から往年の名作まで、あらゆる角度から、あなたの「映画力」をはかる検定です。
映画検定公式サイト