2005年09月30日

世界の中心で愛を叫ぶ

695cf46e.jpg1、世界の中心で愛を叫ぶ

2、大沢たかお柴咲コウ長澤まさみ森山未來山崎努

3、監督:行定勲

4、こんにちは今日もコメンテーターは不二子です

  不二子、セカチューの映画去年の春に映画館で見ました!Wデートなかんじだったかしら?笑

昨日TVでやっていたので、もう1度見てしまいました!

  とてもいい映画よね!純愛っていいもんだ!

そして、死と向き合う亜紀と、朔太郎ん、もうこの映画を一言で言うなら、せつないに限ります!せつなすぎです

あの明るかった亜紀が、死に近づいていくにつれ、もう泣きたくなりました!!!

不二子が1番感動した言葉「わすれないよ、あなたと過ごした大切な時間!」

これ最高

去年やっていたドラマもすごく好き

ドラマも映画もおもしろい映画ってめずらしいかな?とか思ってしまいましたー


  ■ストーリー
    物語は、大人になった朔太郎(大沢たかお)の婚約者・律子(柴咲コウ)が失跡するところから始まる。律子の行き先が四国だと知り、そのあとを追う朔太郎だったが、そこは初恋の相手・アキ(長澤まさみ)との思い出が眠る場所でもあり、朔太郎はしだいにその思い出の中に迷い込んでしまう……。
 サク(高校時代の朔太郎:森山未來)とアキの初恋は甘く淡いものだった。二人は一緒にラジオ番組に投稿したり、ウォークマンで声の交換日記のやりとりをしたり、無人島への一泊旅行をしたりと、二人にとってはすべての一瞬が永遠のように感じられた。  
ところがアキが不治の病であることが発覚し、運命が急転する。懸命に生きようとするアキだが、直面する現実は避けられない。一方、サクは、アキのあこがれだったオーストラリアの神聖なる土地・ウルルにアキを連れていく計画を思いつく。しかし病院を抜け出した二人は、空港に向かうも、アキは飛行機に乗ることなくロビーで倒れてしまう……。
現在。思い出の迷宮をさまよう朔太郎と律子は、やがて、隠れていた「真実」を手繰り寄せる。そして、かつて伝えられることのなかったアキの最期のメッセージが、十数年の時間を超えて朔太郎のもとへ届くこととなる……。



eigan at 15:53|PermalinkComments(3)TrackBack(0) LOVE 

2005年09月27日

チャーリーとチョコレート工場

975efb46.jpg1.チャーリーとチョコレート工場


2.主演・共演:ジョニー・デップフレディー・ハイモア


3.監督:ティム・バートン



4.コメント
今日のコメンテーターはつっこんぐどぅぇす☆@@;

いやぁ。。。久しぶりのアップですね〜〜^^;
てか、コレ見たのも、2週間以上前だったかな(笑)

実は、この映画行く前の日に、年甲斐も無くオールしていたもので。。。
案の定・・・爆睡ですわ@@; ←じゃあ「行くな!」って感じですね^^;

かなり頑張ってみたけど。。。やっぱり眠い・眠い・・眠いぃ・・・
↑だから、眠いなら「行くな!」って感じですよね^^;

ストーリーは大体分かったけど、隠された笑い所を見逃してる気がしてならん><

誰か、この映画見た人感想とか面白かったシーンを教えてくだされ^^!

唯一覚えてる面白かった場面は。。。リスかな^^;

リスがおでこをつっついた瞬間に目が覚めて爆笑☆☆☆
タイミング良く起きたもんだ(笑) 
このシーンはほんと見もの!!(あちき的にね^^;)

この映画の拘りで凄いのが、リス!!
なんと100匹ものリスを半年間かけて調教したというのだからオドロキ!!

しかも、20人もいるウンパ・ルンパ族を一人の役者が演じていたというのだ!!
ビックリしたと同時に、可愛さが増して来たかな(笑)
チャーリーとチョコレート工場
あとは、ジョニーデップのあの笑い方とベタさ
シリアスに面白いかな☆

そんなワケで!?(笑)
合ってるか分からないようなストーリーだけど…まとめてみました^^;

お暇なら読んでみてちょ^^ノ



チョコレート工場の本
■ストーリー
伝説のチョコレート職人「ウォンカ」の工場が突然動きだした!!
しかも、売り出したチョコレートに「ゴールデンチケット」を5枚だけ入れて、世界中で発売を開始したのだ。そのチケットを手にした人は、15年間堅く閉ざされていた「チョコレート工場の中に招待される」というイベント!!街中の話題となりあっという間にチョコレートは売れ、続々とゴールデンチケットをゲットした子供たちが現れる。。。
そんな中貧乏少年だったチャーリーの前にも奇跡が起こる!なんとゴールデンチケットの最後の5枚目が当たったのだ!!チャーリーと幸運な子供たち5人は工場の中に招待され摩訶不思議な世界を体験することになる。。。イマジネーション溢れる世界を体験したチャーリーは・・・

本☆本作の原作:イギリスの大ベストセラー『チョコレート工場の秘密』(英語版)

 著者:ロアルド・ダール

 価格:819円(税込み)

 発売:講談社インターナショナル


公式サイトにジョニー・デップからのメッセージが収録されてるよ!!
          ↓↓↓
チャーリーとチョコレート工場の公式サイトはコチラ↓
http://charlie-chocolate.warnerbros.jp/

eigan at 20:38|PermalinkComments(2)TrackBack(0) NEW 

2005年09月09日

マイボディーガード3

2ce06529.jpg1.マイボディーガード

2.デンゼル・ワシントンダコタ・ファニングクリストファー・ウォーケン

3.監督: トニー・スコット

4.こんにちは〜!今回のコメンテーター→けなっしーです!!!

  この映画はクリスマスイブに映画館で見ました。もうけっこう日にちたっていますね。 すまんすまん。 ビデオレンタル屋でDVD発見したので書いてみます。

 なんだかストーリーが微妙だったような…。見終わって、すごくよかったー!ってかんじではなかったかな…。ストーリーがいまいち?

 でも、ダコタ・ファニングちゃんは本当に演技がうまいしカワイイクリーシーと心を通わすシーンはなかなかの見もの愛おしさが感じられました。そして、だんだんとクリーシーが心を開いていく様子が分かりました。ピタが叫ぶシーンは印象的「クリーシー!!!」あの迫真に迫った演技がすごかった〜!

 それにしても、メキシコって危ない町なんですね怖い怖い誘拐が日常茶飯事で起きているという…。日本では1件でも誘拐が起きたら大問題だし、家庭でボディーガードをつけることはまずない。日本でのほほんと暮らしているわたしゃーは銃社会では生きられないですわ

 今回はダコタちゃんの活躍を期待して、このへんで失礼
 ■ストーリー
ジョン・クリーシーは、生きる希望を失っていた。16年間、米軍で対テロ活動という名の暗殺の明け暮れた彼は、人を愛することが出来なくなり、何のために生きているのかさえ、判らなくなってしまったのだった。たった9歳の少女ピタが、そんな彼の閉ざした心に隠された悲しみと優しさをひと目で見抜き、一点の曇りもない信頼を寄せる。誘拐が多発しているメキシコシティで、クリーシーはピタの”ボディガード”として、彼女の父親に雇われたのだ。クリーシーがピタとの交流の中で生きる希望を取り戻し、まさに彼女から”新しい命”をもらったとき、ピタが誘拐されてしまう。自分の命よりも大切なものを奪われたクリーシーは復讐を誓う。しかし、それは単純な誘拐事件などではなかった。巨大な犯罪組織と予想もしなかった真相がクリーシーを待ち受けていた。

eigan at 17:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0) スペクタクル 

2005年09月07日

東京タワー4

2e43ee44.jpg1.東京タワー

2.キャスト 黒木瞳 岡田准一 松本潤 寺島しのぶ

3.監督:源 孝志
  原作:江國 香織
  テーマソング:山下 達郎
「FOREVER MINE」

4.こんにちは今日のコメンテーターは不二子です

この映画、不二子はとても好きだなあ
  
  映像が、音楽が、天気が、風景が…どれもこれもキレイに映っていたから。

  東京タワーをバッグに繰り広げられる詩史さん(黒木瞳役)と透(岡田准一役)の愛。狂おしいほどの愛…それがコノ映画には表れていたの。
 
  東京タワーは詩史さんの心の象徴にもなっていた感じがする。
  
  仕事は成功していて、結婚して、不自由のない生活を送っている。でも、どこか心の奥は一人でいる。そんな感じを受けた。

  東京タワーも夜はきれいなライトを放ち、たくさんの人に見られ、東京のシンボルになっている。でも、時々さみしそうに立っている。


いずれにしても、愛の形はいろいろ。

  不二子的にはけっこうお勧めの映画よんぜひ見てみて

原作は男性目線で書かれている。原作のほうも、注目だよ
 

  ■ストーリー
   ある冬の午後5時−。東京タワーの見渡せるマンションの一室で愛し合う男女がいる。男は小島透・21歳(岡田准一)。女は浅野詩史・41歳(黒木瞳)。
ふたりの出会いは3年前。透の母親が、友人である詩史の店に透を連れてやってきたのだ。売れっ子CMプランナーの妻である詩史は、青山の一等地で、センスのよいセレクトショップを経営している。理屈ではない、互いが放つ空気のようなものに惹かれあった透と詩史は、年齢や立場をいとも簡単に乗り越え、出会った瞬間に恋に落ちたのだった。 いつかは終わりにしなくてはならないと感じつつも、透は詩史ともっと一緒にいたいと思う。
 詩史と喜美子。思いがけない場所で思いがけず恋に落ち、愛することを知ったふたりは、やがて、それぞれのやり方で、自分の思いに決着をつけようとする。




eigan at 14:15|PermalinkComments(4)TrackBack(0) LOVE 

2005年09月05日

NANA

NANA1.NANA 〜ナナ〜

2.主演:中島美嘉宮崎あおい
  共演:成宮寛貴/平岡祐太/丸山智己/
      松山ケンイチ/玉山鉄二/松田龍平

3.監督:大谷健太郎
  原作:矢沢あい

4.コメント
今回のコメンテーターは・・・つっこんぐでっす☆

あちき、この映画の為に一週間で原作の漫画を読破しましたぁ!!
(って言っても、通勤電車がメインなので11巻までだけど 笑)

原作がちょー面白くて、とにかく心躍らせて映画館に足を運んだわけですよ☆
(車で行ったけどね 笑)

それだけ楽しみにしてたぶん、微妙な感じもありましたけど、

やっぱり『NANAは楽しい♪』

「中島美嘉」なんか、かなり雰囲気出てて、他のキャストは考えられない!って思うくらい似合ってるし☆☆☆
しゃべると自分の描いているキャラの雰囲気とは微妙に違ったけど(笑)

「宮崎あおい」もいい味出してましたよ!!
だんだん「「ハチ」に思えてきたし^^;
あの子、「口元がかわいいっすね^^」
・・・それは外見でキャラとは関係ないか^^;あちきの好みなのか??(笑)

てか、ヤス・・・君は漫画の世界から抜け出してきたのかい?(@@)?
って思うくらい「似てる!!」
まじ激似だから!!これ必見です(笑)

やっぱり、これだけキャラ設定のしっかりした大作を完全に実写化するのは不可能なのかな^^;って感じは多少したけど、
実際のミュージックシーンにBLASTやトラネスの曲が存在するくらい実社会とリンクしてるし、
驚くほどに細かい部分までこだわりがあって小さなことでも楽しめます♪

中島美嘉の歌ってるブラストの曲買ってしまったし(笑)ラルクのHYDE作曲ですよ^^

漫画にハマリ過ぎたせいか、いくつかのシーンで、もっとキャラの心情を表現する場面がちりばめられてれば。。。

って思ったりもしたけど、あちきの瞳はしっかり濡れてました(笑)

全体的にはかなり凝った感じはしますよ!トラネスのライブとかも実際にしてるし^^☆
ストーリー以外でもキャラを楽しむことが出来て最高ですっ(^^)
みんなそれぞれ味があるし、結構キャストが似てたかな☆

と、長々と語らせて頂きましたが、最後にもう一つだけ…

レン・・・「あれはないと思う!!あんなに不細工じゃないし!(彼のファンの方ごめんなさい><)
ってか、「あの腹はなに??あれアリ!?(笑)」
割れてなくてもいいけど、せめて…
「レンは痩せててくれなきゃ〜><!!!

それだけが、未だに悔いが残るとばい。。。(笑)

ちなみに、あちきは映画の中の『ハチに惚れました!!』^∀^;

■ストーリー
同じ日に、同じ電車で東京に上京した二人。しかも同じ「ナナ」と言う名前。
この偶然の出会いから物語りは始まる。
顔も性格も全然違う二人が、次第に惹かれ合い、愛情のような友情が深まっていく。。。
ナナのバンド「ブラスト」とナナの彼氏のバンド「トラネス」
二つのバンドも偶然か必然か引き寄せられるように絡み合う。。。
そんな夢のような恋物語!!
映画を見た後は最新刊NANA13巻を(笑)

「NANA]公式サイト↓NANAバナー

「NANA」関連サイト→http://www.s-woman.net/nana/

eigan at 15:38|PermalinkComments(8)TrackBack(7) NEW 

2005年09月02日

メダリオン5

0ff234a6.jpg1.メダリオン


2.ジャッキー・チェン
  クレア・フォラーニ
  リー・エヴァンス



3.監督 ゴードン・チャン


4.コメント
今日のコメンテーターストイックンです。

いや〜、この映画はジャッキーにとって日本50作目となりました  パチパチ

ストイッくんの憧れジャッキー様

ジャッキーのアクションはホント楽しいし、おもしろい

拳銃よりも体術で敵と戦う姿は、いいですねー

元恋人のニコル(クレア・フォラーニ)との再開のシーンは、強烈な平手打ち コレにはジャッキーもビックリ!

今回の作品は、明らかにワイヤーアクションという感じの場面が多々あったけれど、アクション満載のこの映画はすといっ君一押し

最後の特典映像で、撮影のNGシーンが載ってました。
コレを見れば余計にジャッキーが好きになりそう
ジャッキーの人柄も出ていて満足〜

■ストーリー
 人身売買組織を率いるスネークヘッドを追う、英国人のインターポール捜査官アーサー(リー・エヴァンス)と香港の敏腕刑事エディ(ジャッキー)。2人は、組織に誘拐された中国人少年を救出しようとして殉死するも、少年の持っていた不思議なメダルの力によって超人的パワーを持つ”ハイバインダー”に生まれ変わった。だがスネークヘッドは、その力を上回るハイバインダーだった!不死身のパワーを持つ、2人の男による壮絶なバトルがいま、始まった!

eigan at 17:03|PermalinkComments(0)TrackBack(1) アクション 

2005年08月31日

ステップフォードワイフ3

4a4096f4.jpg1.ステップフォード・ワイフ

2.出演:ニコール・キッドマンマシュー・ブロデリック
     ベット・ミドラー グレン・クローズ クリストファー・ウォーケン

3.監督:フランク・オズ


4.コメント
今日のコメンテーターは、ふ〜じこちゃんです

この映画を見たのは表紙に惹かれたから。ブロンドのニコール・キッドマンが素敵だったから
さてさて、この話はスリラーらしいです。
うん、確かに。途中までこの話の意図が全然見えませんでした。
それは不二子がボーっと見てたからかしら(笑)

まあ、女性のほうからすれば、ふざけんじゃないわよな内容ですね。

美人で教養のある女性を夫がコントロールしたいがために、機械にしてしまうの

人にそんなことするんだったら、自分を高めてほしいわね!!

クリアを演じていたグレン・クローズは101匹わんちゃんのクルエラ役のイメージが強すぎて、パッと見悪役なかんじがした不二子でしたー

まあ、1度見たらいいかんじ。もう一度は見ようと思わいわね^^;


■ストーリー
 敏腕女性TVプロデューサーとして輝かしいキャリアを築いてきたジョアンナは、ある事件の責任をとって辞職に追い込まれてしまう。失意のジョアンナを気遣い、夫ウォルターは新たな土地で再起を図ろうと、家族でステップフォードという美しい街へと引っ越してきた。ウォルターは街の中心的組織である紳士クラブから大歓迎を受けご満悦。一方、婦人たちの集会に顔を出したジョアンナは、彼女たちが一様に明るく、夫に忠実で貞淑な女性ばかりなことに異様な居心地の悪さを感じる…。
 美しく整備された郊外住宅地の“完璧な”暮らしの裏に潜むある秘密とは!?

eigan at 17:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) サスペンス・ミステリー 

2005年08月23日

ハムナプトラ23

23ee11e3.jpg1.ハムナプトラ2

2主演:ブレンダン・フレイザー
    レイチェル・ワイズ
 
3.監督:スティーブン・ソマーズ


4.コメント
こんっちわ今日のコメンテーターはつっこんぐです!

ハムナプトラ2見ちゃいました!

この映画を選んだのはパッケージに惹かれたから!(笑)

黄金のピラミッドというだけあって、古代エジプトのセットはすごかった
冒険家としてリックがナゾを解くのだけれど、
こんなに簡単に解けるものか…? と少し疑問(笑)

どれもこれも話がうまく行き過ぎてるってかんじがあったなー。
あと、スコーピオンキングとかCGで現実味に欠けているのもいいとこ…。

もうすこし何かおもしろみがあったほうがよかった〜と思ったつっこんぐでしたー。

でも、きっと映画館で見ると迫力とか変わってるんでしょうねー。

がかなり気持ち悪く感じて…少しインディージョーンズの蛇を思わされました。

■ストーリー
 世界中の遺跡を発掘していた日々を懐かしんでいた二人は、ある日不思議なブレスレットを見つける。それには、腕にはめると神秘の力が甦り、幻の地に存在する黄金のピラミッドの場所を知らせる秘密が隠されていた。しかし、その伝説の古代都市にはもう一つの秘密があった!そして、そのブレスレットをはめた息子が、何者かに誘拐されてしまう・・・。

その頃、街では大英博物館で連続して起きた奇妙な事件が人々を震え上がらせていた。あの忌まわしいイムホテップが再び甦り、世界を征服しようと動き出していたのだ!さらに同時に世界に解き放たれたもう一つの別の力があった。それは、古代エジプトの闇の儀式により生まれた、イムホテップを上回るほどのパワーを持ったスコーピオン・キングだった。この二つの力が衝突した時、世界の運命は・・・。黄金に輝くピラミッドにはどんな謎が隠されているのか?

リックとエヴリンは再びエジプトの秘境へと旅立った。イムホテップとスコーピオン・キングの悪の2大パワーが合体する前に、誘拐された息子を助け出し、世界を絶対の危機から救わなければならない!そして、それができるのは只一人、リックしかいない!!

eigan at 13:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) SFX 

ネバーランド

59f56bfa.jpg1.ネバーランド

2.主演:ジョニー・デップ(ジェームス・マシュー・バリ)
  共演:フレディ・ハイモア(シビーター・ルウェリン・デイヴィス)
     ケイト・ウィンスレット(シルヴィア・ルウェリン・デイヴィス)
     ダスティン・ホフマン(チャールズ・フローマン)
                         ラダ・ミッチェル(メアリー・アンセル・バリ)

3.監督:マーク・フォースター

4.コメント
今回のコメンテーターは。。。ストイッくんです☆

正直。。。私、泣きました!!

最高ですよ!

ラストは涙が止まりませんでしたね。涙腺弱いんで^^;(笑)
ネバーランド2
この作品は殆どの人が感動・共感するところがあると思いますね。

なぜなら家族の視点・子供の視点・夢を忘れた大人の視点と色々な面からの感情が見え隠れしているから。

前半は少し退屈?に感じる部分もありますが、それがラストを更に盛り上げるのでしょうか^^;
終わった時にはかなり感動の渦でした☆><☆
ネバーランド1
信じる心。。。忘れかけていた何か!?・・・
そういったものを思い出させてくれる映画です。

こんなせちがらい世の中ですから、
「リフレッシュして頑張っていこう!」
って思った時にはとてもイイ映画だと思いますよ!!

色々な形の愛をしり、もう一度自分を信じてみようと思えるはず。。。

『そこは夢がかなう場所なんだ。信じれば必ず行ける。』
・・・いつか、こんなセリフ言ってみてぇ〜(笑)

バリ(ジョニー・デップ)がシルヴィア(ケイト・ウィンスレット)に送った
最後の愛と夢のプレゼントには度肝を抜かれました!
いや、マジで振るえました!!

感動ですっ!!この映画、絶対オススメよ!!(オスギ風(笑))

■ストーリー
ピーターパンの産みの親、劇作家のジェームズ・マシュー・バリが、舞台劇「ピーター・パン」を産み出すきっかけとなったデイヴィス家との交流を、繊細にかつ大胆に描いたヒューマンドラマ。
ジェームズは、満足いく作品が出来ない失意の中、公園で出会ったデイヴィス一家の子供たちと付き合い始める。子供たちと触れ合う生活の中で作品のヒントを掴み、子供らを題材に「信じる」という想像力で「夢が叶う場所、ネバーランド」を創り上げ、舞台劇「ピーター・パン」が出来るまでを劇作家側の視点から描いた感動作品。子供たちとの触れ合いを劇に反映させていく生活は、これまでの人生で味わったことがない充実感を彼に与えた。だが、その至福の日々は、思いがけない出来事によって終わりを告げる時がやってくる・・・。

『公式サイト』はコチラ→http://www.neverland-movie.jp/
↑ サイト内の『ネバーランド心理ゲーム』で遊んでね☆ ちなみに私は…「シルヴィア」キャラでした^^;



eigan at 11:16|PermalinkComments(2)TrackBack(1) ノンジャンル(その他) 

2005年08月19日

ハービー 〜機械じかけのキューピッド〜

ec9f2e4f.jpg1.ハービー 〜機械じかけのキューピッド〜

2.主演:リンジー・ローハン(マギー・ペイトン)
  共演:ジャスティン・ロング(ケヴィン)/マット・ディロン(トリップ・マーフィ)

3.監督:アンジェラ・ロビンソン

4.コメント
今日のコメンテーターは・・・不二子よん

ご無沙汰ね ちょっとルパンとスイス銀行まで行ってたの

この映画は付き合い始めのカップルにはいいかもね^^
恋のお話でもあるのよ!^^

男だけじゃなくて。。。車との恋!?…
ハービー

ハービー1




まぁ。なによりハービーがとても カワイイ

きっと、ワーゲン乗ってる人はライトを「目」にしてるわね(笑)

なにより声優のセレクトがGOOD!!
主役のマギー役の声優をやった「土屋アンナ」☆

あのハスキーボイス
たまらないわねぇ^^ 綺麗だし(笑)

かなりリンジーにピッタリ!!
普通に声が似てるみたい^^;

とにかく、感情を持った車が人の心も変えてくれる、ホント奇跡みたいなお話だけど、
この映画を見た人は自分の車への愛情が深まるわね(笑)

車好きでピュアな心の持ち主にオススメよ☆


■ストーリー
ストリートで有名だったマギーは、父親との約束でレーサーになる夢を諦めて、TV局への就職を決め、ニューヨークに行く予定になっていた。
しかし、大学の卒業祝いに父親からから1台の車をプレゼントされる。。。これが、ハービーとの運命の出会いとなり、マギーの人生を大きく変える奇跡の冒険が始まっていくのだった…

「ハービー」の公式サイトはコチラ→http://www.disney.co.jp/movies/herbie/

eigan at 20:06|PermalinkComments(1)TrackBack(2) NEW