ブログネタ
DVD・レンタル鑑賞レビュー に参加中!
ビール・フェスタ 無修正版 〜世界対抗・一気飲み選手権ビール祭『オクトーバー・フェスタ』のウラで、地下で開催される真のビール祭『ビールフェスタ』
そこには世界各国から集合した精鋭だちが繰り広げるビール一気飲みのガチバトルだった!
今回、鑑賞した映画は

ビール・フェスタ 無修正版

〜世界対抗・一気飲み選手権


先入観無しのガチ観



■あらすじ


アメリカでレストランを経営していた父の遺言に従って故郷ドイツ、ミュンヘンへ散骨にやってきた息子ジャンとトッド。
案内人の姿は無く、世界最大級のビール祭『オクトーバー・フェスタ』が開催されていた。
雰囲気に呑まれて騒ぐ二人。
しかし、ジャーマンなノリ(?)に付いて行けず、現地人の怒りを買ってしまう。

逃げる途中で合流した案内人と共に向かった先は、とある地下。
そこにはもうひとつのビールの祭典『ビールフェスタ』が開催されていた。
ビールフェスタには世界各国から選りすぐりの精鋭たちが自国のプライドをかけて闘っていた。
(要は呑んでたってこと)

ちょうど開催国ドイツが世界一になった時、事件は起きた。
二人を招かざる客だと判断した開催人が案内人を射殺。
そして、散骨するはずだった遺灰をブチ撒かれた。

どうやら理由は過去に父がビールの秘伝レシピを娼婦だった祖母と駆け落ちついでに盗んでいったというのだ。
娼婦呼ばわりされて黙っちゃいられない二人は何故か呑み勝負を挑む。
しかし、相手は世界一の強豪ドイツ。

現実を叩きつけられた二人は尾尻を巻いて祖国アメリカへ逃げ帰る。
どうしても祖母が娼婦だったことや、父がレシピを持ち去ったことが信じられない二人はリベンジを果すため来年のビールフェスタに向けてメンバーを集めるのだが・・・

だいたいこんな感じ



■主な登場人物

 参照元:allcinemaonline
トッド (エリック・ストルハンスク)
ジャン (ポール・ソーター)
バリー (ジェイ・チャンドラセカール)
ランドフィル (ケヴィン・ヘファーナン)
フィンク (スティーヴ・レミー)

ウィル・フォート
ラルフ・モーラー
エリック・クリスチャン・オルセン
モニーク
ユルゲン・プロフノウ
クロリス・リーチマン
ナット・ファクソン
ギュンター・シュリアカンプ
ウィリー・ネルソン
M・C・ゲイニー
アーロン・ヘンドリー
ブランチャード・ライアン
ドナルド・サザーランド



■感想



長靴コップ攻略法


本編でアメリカチームを悩ませる通称長靴コップ。
文字通り長靴型のコップで、普通に呑むと下記の通りになる・・・

1.足の甲あたりまで液体が来る
2.ゴプッという音と共に空気(?)が物凄い勢いで爪先へ上昇
3.圧された(?)液体が口に流れ込む
4.処理できなければグッバイマイラブ・・・

という凄まじい光景と共に上半身飲料まみれになる。
下手に炭酸飲料で挑むと鼻で吸引してしまって、涙で前が見えなくなることも・・・

まあ、そんな難攻不落の長靴コップをアメリカチームは意外な場所で突破口を見出す。
チームのブレイン、フィンクがレクチャーするのだが、使用する液体は本編を鑑賞してのお楽しみ。


何が無修正?


サブタイトルは『無修正版 〜世界対抗・一気飲み選手権』
何とも意味深なフレーズ。
確かに本編では随所でお色気シーンが炸裂!

でも、何が無修正なのかは本編を鑑賞して確認してほしいのだが、おっちゃんはあの行為全てが無修正だったと推測。
まあ、一般では放送出来ないかも。


酔わない方法


ビールフェスタで宿敵ドイツチームに勝つ方法はただ一つ。

それは『酔わないこと』

書くのは簡単だが、実行すると激ムズ!
まず、思考が失われ、意味不明の高揚と共に絶頂感に酔い痴れる。
つーか、この時点でかなり酔ってる。
そして、天国から一気に地獄に叩き落されるようにリバース現象発生!
蜘蛛の糸が見える人は、再び戦地(?)に赴くことが可能。

と、いうのが一連の流れ。
じゃあ、本編で実施する酔わない方法とは・・・

『呑んで呑んで呑みまくって免疫力をアゲアゲ』

アメリカチームは武者修行のため道場破り(他人の宴会に乱入)や祖母に師事して動物の尿を呑んだりして肉体改造(?)を図る。
呑みまくるのは常套手段ですな。

まあ、酒は飲んでも呑まれるなってこと。
おっちゃんの実践してる酔わない方法は事前に牛乳を飲んだり、胃薬を服用すること。
牛乳は胃に粘膜を張り、胃薬は酒に酔って暴飲暴食をした時の保険みたいなもの。
医学的根拠も何も無いが、これで何とか意識を保ちながら闘い抜いてきた(?)



■関連映画レビュー


未鑑賞・・・


↓↓↓参考になった方は押してもらえると有難い
 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

 人気ブログランキングへ


■トップページに戻って最新記事を見る。
最後まで読んでくれてありがとう。
時間があったら他の映画レビューも見てね♪

DVD・レンタル鑑賞レビュー - livedoor Blog 共通テーマ