2013年07月30日

だいたい出来ました。
rubyは諦めてC#で作り直し。
クリップボードにある画像とタイプウェルの結果を読み込んでツイートできます。
タイプウェル使わなくてもクリップボードから直接画像つきツイートしたい場合にも使えます。
アップロード先は公式のみ対応です。twitpicとか外部サービスには対応してません。


で使い方。(※画面は開発中のものです)

この辺りは初回起動時のみ

起動すると
test1
のような認証画面が出てくるので適当に認証します。
認証しなおしとかする場合はF5を押すことで同じ画面を開くことができます。

次にタイプウェルのパス設定画面が出てきます。
これを設定することで次のような書式(オリジナルは若干違い有り)でタイプウェルの記録を貼り付けることができます。記録を貼り付けなくていいなら飛ばしちゃってオッケーです。
再設定する場合はメインの画面でF8です。これまで使ってなかったタイプウェルを始める場合や、フォルダの場所が変わった場合はここから再設定してください。
:基本常用 ランク外 34.393 XA ミス17 [XA XA ZJ XA XC XA XS XS] #typewell
test2
探すボタンを押すと次の画面が出るのでタイプウェルの場所を指定してください。
test3

ここまでで初期設定は完了です。
F1を押すとショートカットキー一覧が出るので忘れた場合はこちらを利用してください。


ここからはツイートの方法です。
次の画像がメインの画面です。
test5
赤く囲んだ部分を切り替えることで記録を読み込むタイプウェルを指定します。ここを正しく指定しないとオリジナルの画像と国語Rの記録を一緒にツイートしてしまうようなことが起こります。
この切り替えはControl+(F1~F5)でもできます。その他を選んだ場合は記録を読み込みません。記録詳細を自分で貼り付ける場合(うちきったー利用など)や、タイプウェル以外の画像をツイートしたい場合は「その他」に設定してください(パスの設定をしていない場合も記録を読みこみません)。
読み込まれるタイプウェルの記録は当日もしくは前日に出した最新の記録のみです。最高記録やそれ以前の記録は読み込めませんのでそういう場合は自分でなんとかするか諦めてください。

記録を貼り付けたいタイプウェルに設定したらクリップボードに画像を保存した状態で読み込みボタンを押します。すると次の画像のように記録が読み込まれ、画像のプレビューが表示された状態になります。
test6
テキストボックスに好きなコメントを追加して投稿ボタン(またはControlまたはShift+Enter)を押せばツイートします。一部の文字を利用するとエラーを吐かずに投稿が失敗するみたいなので注意してください。(´◔౪◔)۶ヨッシャ!とか入れると投稿できません(´・ω・`)
画像ファイルを指定してのツイートや、画像無しでのツイートはできません。他のクライアントを使いましょう。
投稿した画像はpng形式でソフトと同じフォルダに作られるので(常に上書き)その画像を利用したい場合などは自分でどうにかしてください。


名前とアイコンが出来てないので公開出来ません。誰かください。

(22:33)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔