2014年05月24日

最近ローマ字とかあまり打ってなかったのに何故か更新しました。
何日か前ですね。
逆に他のを打ってたのが良かったのかもしれない。

以下脳科学の話。
基本的に脳っていうのは同じような作業を続けていくと脳をどんどん使わなくなっていくらしいです。
同じことをして脳を使わなくなるので燃費はどんどん良くなるわけですね。合理化。
こういう合理化された脳の働きをゲーム脳って言うらしいです。
ちなみに慣れてないことをやるとか何かを全力でやる時は脳のいろんな部分が働くらしいです。これが脳トレ。
タイピングにおいてこれまでより速く打てるようになるためには限りある脳で時間辺りにより多くの情報を処理しなければなりません。そのためにはこの脳の合理化をしつつ多くの領域を使うことが重要なはずです。正しい知識かしらないけど多分大体あってるはず。
タイピングみたいに似たようなことの繰り返しだとその動作に慣れて行って脳の合理化だけが行われていくパターンに嵌ってしまう場合がありそうです。するとどんどん脳の合理化が行われていくだけでなかなか速くなれない場合があるのかもしれません(燃費が良くなるだけで計算速度は変わらない)。
今回はあまり慣れていないかなやらすべキーを打っていたことで脳トレ効果がありそういう効果もあって更新したのかなと思います。
キーボードに慣れたとか調子とかが上手く噛み合っただけなのかもしれないですけど。
ずっと同じことをやっているよりも慣れないことをやったほうがいい結果になるかもしれないですね。

(23:15)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔