2015年11月17日

月姫打ONLINE(以下TOL)の対戦で使えそうな小ネタです。

1. ローマ字入力関連
TOLの入力はちょっと特殊で入力されたアルファベットをひらがなに変換して打つべき文字と同じかどうかを判定しているようです(たぶん)。
それの判定アルゴリズムの問題で正しくひらがなに変換できないようなローマ字入力でもゲームとしては正しい入力として処理される場合があります。
というわけで見つけたローマ字的には正しくなくてもゲーム的には正しい入力方法で見つけたやつをまとめます。

1.1 大文字の扱い

英語を打つときは大文字小文字は区別しないといけませんがひらがなを打つときは大文字でも大丈夫です。なので「ねこ!ねこ!ねこ」というワードをシフト押しっぱなしで「NEKO!NEKO!NEKO!」と打っても問題無いです。

1.2 「ん」関連
普通のローマ字入力では「あ行」や「な行」や「や行」や「にゃ行(?)」では「ん」を打つためには2回Nを打つ(またはXN)必要がありますがこのゲームでは1回で打てる場合があります。
「な行」や「にゃ行」のNを三連打するパターンでは普通に3回打たなければいけませんがそれ以外では1回のNで打てませんがそれ以外だと「んい」を「NI」と打てたり「んや」を「NYA」と打てたりします。
Nを三連打する場合も「n;」などと関係ない文字を打つことで「ん」が確定されて「んの」を「n;no」と打てたりします(;はミス扱いされるので注意)。
あと大半のIMEや一部のゲームで使える「n'」という入力方法は使えない(とはいえ上の例の;のようにミスが増えて「ん」が確定されるので一応使えないとはいえない)です。

1.3 「っ」関連
基本的に「っ」は同じキーを連打したら「っ」に変換されるようです。というわけで次に打つべきキー以外の適当なキーを二連打しても大丈夫な場合があるようです。
大半の場合は次の文字を打つときにミス扱いされて速くもないのであまり使えませんが有効な例が少しあります。
「っい」→「lli」
「っ?」→「ll?」「???」
「っ!」→「!!!」
「っな」→「nna」

どういうわけかわかりませんが上のように打てます。「l」の代わりに「k」とか適当なキーでも大丈夫だったと思いますが「aiueo」あたりはダメだった気がします(大丈夫かもしれないです)。
「っな」なんて出てくるワードあるの?と思うかもしれませんが翡翠の反転技で出てきます。


2. 状態を変えるSP技について
さつきのパワーアップやアルクや式のデッドライン固定、琥珀のブラインドなどステータス異常(自分のでも相手のでも)を起こすSP技は基本的に上書きができます。
というわけで琥珀のブラインドをアルクのデッドライン固定で解除できますし、さつきのパワーアップをシエルの無色化や翡翠の反転で上書きすることができます。
唯一の例外はアルクのデッドライン固定は式のデッドライン固定で上書きができないというパターンだけです。式のデッドライン固定中にアルクのデッドライン固定は上書きできます。
なので特技を発動するタイミングが悪いとあまり効果が無いということもあります。


これらを知っておくとちょっと対戦で対戦で有利になるかもしれません。

(01:36)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔