阪神タイガース と 英語  Part 2接客の英会話(アパレル・雑貨店など)

2009年05月15日

ファーストレディーのファッション

“アメリカ ファーストレディーのファッションで、
   身につける英語表現をみる”

ということですが、

現在のファーストレディーといえば、

Michel Obama  米大統領夫人ですよね。

彼女は、有名な高級ブランドの服しか着ないのではなく、

例えば、日本にも昨年登場した H&M や、 
J.Crew などのカジュアルブランドなど

世界の様々なファッションをうまく取り入れていることで、人気があります

たとえば、初執務前の礼拝行事では、
京友禅柄の生地 が使われたドレスを着ておられました。

生地はもともとそんなに高級なものではなく、
カーテンに使うような素材だそうで、

生地の図案を書いたのも、
デザインしたのも、
日本人です。

「庶民的な素材を特別な日に着こなすセンスに 親しみを感じる」

と、京都の着物業界でもとっても好意的で、
皆さん喜んでおられるようです


さて、では、質問ですが、これを英語で言うとどうなるでしょうか?


Q:彼女は、黒いシルクのドレスを身につけている。




【正解】
She wears a black silk dress.


では、

Q:着るという意味で put on という表現と
  wear とはどう違うのでしょうか?



BlogPaint

wear は、身につけている・着ている 状態


BlogPaint

put on は、着る という 動作 です。


また、日本語では、

◆ 靴下をはく

◆ 帽子をかぶる

◆ 香水をつける

◆ ジャケットをはおる

などと、動詞が変わりますが、

英語では、1種類  put on で、OKです。

I put on my socks.
I put on a hat.
I put on perfume.
I put on my jacket.




また、身につけているものを褒める というのは、

英語でのコミュニケーションで とっても基本的ですが、

これはなんと言いますか?


Q: 黄色のシャツ、お似合いですね。




いろいろな言い方がありますが、

You look good in the yellow shirt.


look good in +物や色 

 〜がよく似合う
 

という言い方は 一番シンプルで覚えやすいと思います。


また、褒めてもらったら、

「いえいえ全然です・・」なんて謙遜しないで、

"Thank you!" と素直に喜びましょう。

これも文化の違いですね




次回は〜

この春から、接客の仕事を始めた
フォーシーズインターナショナルの生徒さんもいるので、

「お店で接客する時の英会話」 です。



eigoomotenashi at 19:52│ 英会話/英語 | 海外
阪神タイガース と 英語  Part 2接客の英会話(アパレル・雑貨店など)