2006年12月31日

英語侍@TOEIC940:2007年、激動の新年を生き残るためには(お金とキャリア)

2007年、いよいよ新しい年が始まる。
希望の年が・・・時代の変化を見据え、学びながら行動を起こす人にとっては。

世界の歴史上、人口の変化は、国家の盛衰とそこに住む個人の生活に
大きな変化を与えてきました。

「2007年問題」

団塊の世代(もっとも人口が多いといわれる第一時ベビーブームの年齢層)が
2007年から定年退職を始める(ちなみに私は団塊ジュニアです)。

それが我が家の家計に与える影響に、どれだけの人が本当に気づいているのだろうか?

オーストラリアのブリスベン空港で衝動買いした本、

「WHY WE WANT YOU TO BE RICH - TWO MEN ONE MESSAGE」(現在翻訳中らしい)
(by Donald J. Trump and Robert T. Kiyosaki)
ロバート・キヨサキ氏はベストセラー「金持ち父さん貧乏父さん」の著者の富豪、
ドナルド・トランプ氏は不動産王などなど・・・そのロバート・キヨサキ氏よりも
「ゼロ」の数が多い大富豪。
一人で本を出しても売れるこの2人が一緒に本を出すというのはよほどのことです。

の中で、

work hard, save money, invest for the long term in mutual funds
and deversify.
(勤勉に働き、貯蓄をし、投資信託に長期分散投資をせよ)
というアドバイスに対して、大きな懸念を表明しています。

その中の代表的なもののいくつかを
日本の状況にあてはめて以下に指摘すると・・・

1)年金
会社勤めの方、会社の給与明細ってちゃんとご覧になられたことありますでしょうか?
税金と一緒に年金の保険料も天引きされていますね。

これまで各種年金基金に保険料(掛け金)を拠出していた多くの人達が、これから順次
年金受給者になります。

簡単に言うと、
これまで年金基金にお金をはらってきた人達の多くが、今度はいっせいに
自分たちにお金をよこせ!と言ってくるわけです。

現状でさえ、危ないといわれている年金制度、この先ますます・・・
大切な自分と自分の家族の未来を安心して依存できますか?

(60歳で会社を辞めても、実際に年金をもらえるのは65歳になってからという人もいます
ので(70歳に引き上げるという案もあります)、2007年になったからといって
一気にこうなるわけではありませんが、いずれにせよ、時間の問題ですよね。)

2)株式市場
モノの価格は需要と供給のバランスで決まりますよね。
株価もそれと同様です。
運用成績を株式に依存しているタイプの投資信託の価値は株式市場の動きの
影響を受けます。

「貯蓄から投資へ」とのスローガンの下、
銀行預金から株や投資信託に投資する人が増えていますね。

では、「老後の備えのため」に株を買ってきた多くの人たちが
(投資信託を買うのも、間接的に株を買っていることになります。
ポートフォリオに株式が組み込まれていない場合を除いて)

今度は「老後の資金」が必要になっていっせいに株を売って
市場からお金を引き出したらどうなるでしょうか。

これまで株を買ってきた人達がいっせいに株を売るわけですから
株の値段は下がりますよね。

ロバート・キヨサキ氏は、
「今後、一次的に株式市場が好況(株価が上昇)になった後に、
株式市場の大暴落が起こる。投資信託は、市場の暴落局面というリスクに
はヘッジされていない」と予言しています。

「自己責任」の時代ですから、どう解釈するかは各自のご判断にお任せします。

3)国の財政
誰でも財務省のホームページから、政府予算(案)の概要を読むことができます。

景気が好調で税収が増え、国債の発行額が減ったと喜んでいます。

しかしながら、受験戦争の究極の勝利者の財務省の官僚が毎日夜中の1時まで残業しても
国の借金の残高はあいわわらず増えつづけています。

どう判断するかは各自の自由です。

「一生懸命働いてさえいれば、いざとなったら国や会社がなんとかしてくれるさ」
という心理状態を、英語では「entitlement mentality」と言い、
トランプ氏もロバート・キヨサキ氏も危惧しています。

では、どうすればいいのか?

私の考えは、
「時代の変化を見据えて生き残るための力を身につける」
ということです。

自力をつけるしかない、という方には、

「ハイコンセプト」大前研一訳、ダニエル・ピンク著

「人生が劇的に変わる心の習慣-心が未来を創り出す」野上洋幸著

「会社の寿命10年時代の生き方」道幸武久著

が非常に参考になります。

「会社の寿命10年時代の生き方」の中には、
自分の強みをみつけ、磨きをかけ、自分個人がブランド人になれ
と言っています。

では、英語力を磨きたい方には、

「英語嫌いの東大卒が教える私の英語学習法」小川慶一著
がお薦めです。
私の経験に照らし合わせても、非常に英語学習の本質をついていると思います。
また、この本は、一見そうは見えませんが、
非常に強力なTOEIC対策の本です。

「英語でリッチ」
という本もあります。
しかし注意深く読むと、

「英語力だけでは稼げません」

繰り返し言います。

英語を学ぶことには様々なメリットがあります。
グローバル社会、インターネット社会の中で情報格差にあいます。

けれども、英語ができるだけでは稼げません。

今日は、人生設計と、お金と、お金に関連する英語の表現についてでした。

2007年が皆様にとって素晴らしい一年でありますように。





トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 英語侍   2006年12月31日 09:21
すいません、「分散する」は
diversifyでした。

go to a good school,
get a job with good social welfare,
work hard, save money, invest for the
long term, and diversify.
2. Posted by ぬう   2007年01月01日 19:12
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

>> 「時代の変化を見据えて生き残るための力を身につける」

しか、ないですよね。
年金などはまったくアテにできない世代なのでこの必要性を痛感しています。

さしあたって何を習得する必要が生じても困らない自分になりたくて、
苦手なことつぶしをじみじみとやってます。
この年末で、まだ10回未満ですがボール3つで
ジャグリングができるようになりました!
「超」運動オンチにとっては涙が出そうになるほど嬉しかった…

「会社の寿命10年時代の生き方」を注文し、
「英語嫌いの東大卒が教える私の英語学習法」の
著者のサイトをブクマしました。
いつも大変参考にさせていただいています。

3. Posted by 美優   2007年01月01日 22:53
こんにちは。
フレパから流れてきました。英語にはコンプレックスがあって,TOEIC940に素直に賞賛です。
年金,怖いですよね。払うだけ払って,そのうち崩壊して当たらなくなるかもしれないという恐怖に,
なんとか手に職をと焦る毎日です。
4. Posted by イヴォンヌ   2007年01月06日 12:59
英語侍さん、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いしまぁす。

本当に英語だけ、資格だけ、会社内だけ・・など
ひとつのものでは食べていけないものですよね。

おもしろいお話ありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。

今年も良い年でありますように!
5. Posted by ピアノママ   2007年01月06日 22:52
あけましておめでとうございます
今年も宜しくお願い致します。

いつもとても勉強になります。
紹介して頂いた本も順に読んでいきたいと思います。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
GyaOデイリーランキング総合ベスト5
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ