2007年11月

2007年11月19日

信じられる説明

今日は所属NPO法人のHP書き換えを依頼する会社(NPO法人)
と面談をすることとなり荻窪へ行きました。

その小さな事務所に代表の方がいらっしゃったのですが
その美貌もさることながら実に説明が上手なのです。

聞いたことを的確に答えて、かつさらに上の提案をして
これなら一般の営業もできるとは思うのですが、さらに
お金のことまで心配してくださり「このくらいの金額
ですとこのくらいはできます」ときちんと費用に見合う
仕事量を見積もってくれたのです。

NPOというととかく金銭的にグズグズなところが多く、
私が過去付き合った最低のNPO法人は「会に共感を
持つ人だからこのくらいでお願いします」と最低賃金も
驚くような価格を出してきました(それも条件変更で)

私も金目当てでその仕事を請けたわけではないから最初から
提示さえしてくれれば自分なりに納得できたのに・・
結果は喧嘩別れしましたが、請求どおり払わせました。

ファシリテーションでも「ワークの時間」や「まとめ」と
言うのは見積もりのように流動的になってしまうことも
あります。しかし、私が出合ったこのNPO法人のように
きちんと説明さえしてくれれば納得行くのです。

学びをもらったそんな一日でした。(+目の保養を・・
しかしすごい美人でした)

69ffd03b.JPG

2007年11月17日

人が育つ

今日は地元のボランティアセンター祭りがありました。

毎年いろいろな仕掛けをしますが、今年は「当日」
よりもそこに至る「プロセス」を重視した構成に
してみました。

ですから毎回の会議にファシリテーションを持ち込み
意見をたくさん出すという会議に変えました。

大学生などは大変興味を持ってもらえ「来年もまた委員
をやってみたい」という声さえあがりました。

ファシリテーションは人を育てるということを身を持って
体験しました。

25512c68.JPG




お祭りがまもなくはじまる朝の静寂の中の会場

2007年11月11日

比較検討がブラッシュアップのコツ

今日も自治体向けワークショップのファシリテーターを行いました。

今日は「色々なサービスをみんなで検討しよう」ということで
自由に意見を言ってもらいながら検討内容を組み立てていこうと
いう流れにしました。

私の場合はここで一ひねりしまして「他の事例」というのをインターネット
で検索して皆さんの前で発表しました。
なんと参加者の方々も自主的に研究してパワポにまとめるということを
してくださり、私のテーブルにはひとだかりができました。

と、同時にどことなくつかみ難かったアイデアがかなり現実的なものに
成長していく、カタチが想像できるということでグループの間柄が
一気に進展したと感じた一日でした。参加者からも「今日は納得できた」
や「今日は面白かった」という声が多数出ました。

アイデア出しというと過去事例を出すことで制限をしてしまうような感覚が
ありますが、参加者の方はずっと大人で、自分なりの意見を持って過去事例
を上手に加工します。参加者を信じて良かった。そんな心地よさも残りました。

PS 逆に言えばファシリテーター同士の打ち合わせは相変わらずの非効率、
今回は心情の問題もあってか直前まで打ち合わせができませんでした。
頑張っているのに・・ たった1名がごねるだけで・・

CIMG1815