生涯学習

2010年07月25日

研修における時間配分

おかげさまで生涯学習、ボランティア、ファシリテーションの各々のテーマで講演や講義、授業の担当する機会をたくさんいただいております。まもなく100回を迎えることになります。

ここ数回で気がついたのですが「自分が話す」という場合は書いた原稿の想定よりも「短くなってしまう」

ワークショップをやるという場合は「相手が時間内に話し終えるのは難しい」ということがわかってきました。

ですので原稿を書く場合はもちろん練習はしますが、基本的に長めに書きます。逆にワークショップをするときは予備時間を多めにとります。これで時間内ですべて終わらせることができるように時間配分をします。

工夫は相手によって変えるというのも大切なポイントだと感じます。

2010年07月21日

気がつけば1週間更新なしでした

長くお休みしてしまいました

16日から出張の連続でなかなかPCの前に座れません。16日は企業研修の計画、17日は仙台でワークショップ、18,19は所属NPOの合宿、そして昨日は大学で講義とようやくゆったりした朝を迎えました。

今晩から少しずつこの1週間、気付いたことを書いていこうと思います

2010年07月11日

オーラがある人

YouTubeで古い番組を見るのに凝っております。

中でも80年代のアイドルの画像は懐かしさもあって良く見ます。
松田聖子という歌手がいます。自分とほぼ同じ世代なので彼女の成長が自分の成長とシンクロします。

画像を見ると確かにオーラが出ているのです。まだ高校生だった頃に彼女を見たときはそれが感じられなかったのです。

他のアイドルも同様に映像は残っているのですが彼女へのコメントの多さは他を寄せ付けません。

ワークショップも努力のほかに天性が必要ではないだろうか、私は最近そのことをずっと考えています。

2010年06月26日

つながらない、つなぎたい

昨日は学校ボランティアコーディネーションの勉強会、私はファシリテーターとしてテーブルに立ちました。

「学校の先生とうまくやれない」「学校の理解がない」という現場の声に対して元学校の先生が「学校は概念で動くのです」とそもそも論をお話くださったのが大変興味深かったのです。

具体と概念、これをどうつなぎ合わせていくか、これもファシテーションの技術になるのでしょう。

まだその技術は理解できていません。これから開発をしていかなければと思った一日でした。

2009年01月22日

学習推進委員会1月定例会議

今日は財団より委嘱されているアカデミー文京学習推進委員会の会議でした。
いつもながら時間が足りなくなるほどの審議件数ですがなんとか終らせました。疲れた・・ フ〜〜〜

2009年01月14日

今日からアカデミアゼミ

CIMG26830001


今日からアカデミアゼミというものを文京区で行います。私が全面的にプログラム開発とファシリテーターを行います。
区内にいる生涯学習の支援者をゲストとしてお呼びしてお互いに学ぶというプログラムです。

ダイヤログを大事にしていくゼミにしようと思います。全部で11回あります。