2011年09月01日

「プローグラーニング」終了のお知らせ

 2005年9月よりスタートしました「プローグラーニング」
は、2011年8月末日で終了することにしました。
 長い間、ご愛顧・ご支援いただきありがとうございました。
プローグラーニングは一旦終了しますが、「日本営業道連盟」
のホームページは、新ホームページ http://www.eigyo-do.jp/
に引き継ぎました。今後ともよろしくお願い申し上げます。
  
Posted by eigyo_dojyo at 00:01Comments(0)

「プロ―グ・ラーニング」休止のお知らせ

2005年9月からスタートした「プローグラーニング」を
2011年8月末をもって休止いたします。

          2011年9月1日
          日本営業道連盟
          代表 田中 勉  
Posted by eigyo_dojyo at 00:01Comments(0)

2011年08月21日

有段者リレー【永坂佳之・投稿】

大阪営業道場の永坂です。
さて、今回をもってブログラーニングは休止とのこと。
長らく道場にお世話になっているにもかかわらず、
投稿数の少ない小生に「最終出題(稽古)」の大役を
おおせつかり、甚だ恐縮ですが・・・

2005年9月からスタートしたブログラーニングを再度
確認すると、道場の皆さんの「思い」が、出題の質の
向上や名言回答など鍛錬の場として足跡が残されてい
て、今更ながら充実した内容に感服しています。
まさに「ブログ版営業道場」です!


【今回の出題(稽古)】
それでは、最終のお題です。
皆さんはブログラーニングで、どのような「出逢い」
や「気づき」や「学び」がありましたか?
また、印象に残った出題や経験・体験がありましたら
教えて下さい。

※会員の方が投稿すると1テーマにつき1ポイントが
付与されます。



  
Posted by eigyo_dojyo at 00:01Comments(11)

2011年08月11日

有段者リレー【細見重之投稿】

「敵に教えられる」

 皆様、こんにちは、京都営業道場の細見と申します。
 松下幸之助氏は、著書の中で、「敵に教えられる」
と記されています。相手がこうするから、自分はこう
しよう。こうやってくるなら、こう対抗しようと、あ
れこれと知恵をしぼって考える。そして次第に進歩す
る。
 自分が自分で考えているようだけれど、実は相手に
教えられているのである。相手の刺激で、知恵をしぼ
っているのである。
 敵がなければ教えもない。従って、進歩もない。敵
を倒すだけが全てではない。ライバルの存在を、素直
に認めることが、大きな成長に繋がるものだと、私は
勉強しました。


【今回の出題(稽古)】
そこで皆様にお尋ねします。
ライバルの存在が、現在の営業活動に活かされている。
自分なりに工夫して、切磋琢磨、自己研鑽したことが、
自分を成長させてくれた。今振り返られて、このよう
なエピソードがあれば、ぜひお聞かせください。
どうぞよろしくお願いいたします。
※会員の方が投稿すると1テーマにつき1ポイントが
付与されます。



  
Posted by eigyo_dojyo at 00:01Comments(11)

2011年08月01日

師範リレー【杉山久美子・投稿】

 京都営業道場の杉山久美子です。
 「1つのミス、クレームの裏にあるもの」
顧客満足を考える中で、お客様の不満足(不)の
解消があります。
 皆さんは、「ハインリッヒの法則」をご存知で
しょうか?「ハインリッヒの法則」とは、労働災
害における経験則のひとつで、「1つの重大事故
の背後には29の軽微な事故があり、その背景には
300の異常が存在する」といったものです。
これを私たちの日常業務に置き換えてみると・・
営業担当者がお客様から受けたクレームの背景に
は・・・29件の小さな不満、300件のひっかかり
スタッフ部門の大きなミスは・・・
29件の問題にならない程度のミス、300件のヒヤリ
ハット・
体調不良で長期欠勤に・・・・・
29件の最近調子が悪いなというアラーム、300件の
何気ないきっかけ
以上のように、1つの事象が発生する背景には、
この「29」と「300」が隠れています。


【今回の出題(稽古)】
 そこで、皆さんにお訊ねです。
皆さんが体験されたお客様からのクレーム、仕事
上でのミスについて、上記の「ハインリッヒの法則」
(「29」と「300」)に照らしていただき、どのよ
うな背景があり(あったのか)、そこからどのよう
なケアやリスク共有をされていますか?
※会員の方が投稿すると1テーマにつき1ポイントが
付与されます。
  
Posted by eigyo_dojyo at 00:00Comments(22)

2011年07月21日

有段者リレー【宮北公英・投稿】

 神戸営業道場の宮北公英です。
 営業道場に出会って丸6年になります。
 この出会いが無ければ、今の自分は無かったと
思います。
 日々の生活の中で、いろいろな出会いがあります。
人との出会い、物との出会い、言葉との出会い、
本との出会い、情報との出会い・・・
「出会いを求めてるねん。」「出会いがないねん。」
っておっしゃる方もいます。
 でも、出会いたいと思って出会うケースは少なく、
ほとんどが偶然の出会いではないでしょうか?
出会うチャンスは、世の中にあふれているはずです。
そのチャンスを「出会い」として感じ取れる人が、
人生を楽しめるのでしょう。
当然、出会う為には日々の努力も大切です。
一瞬の出会いの為に、常に自分を磨いていなければ
いけません。
出会う確立を上げるために、情報収集も大事です。
ちょっとした出会いが、後々の自分に大きく影響す
ることが少なくありませんよね。

早すぎず、遅すぎず、ちょうどいいタイミングで今
目の前に現れる。
「いい出会い」=それはあなたの才能です。



【今回の出題(稽古)】
そこで才能をお持ちの皆さんに質問です。
自分の人生に大きく影響した「出会い」とはどんな
出会いでしたか?差し支えない程度で、具体的に教
えていただければ幸いです。
※会員の方が投稿すると1テーマにつき1ポイントが
付与されます。


  
Posted by eigyo_dojyo at 00:01Comments(12)

2011年07月11日

有段者リレー【永山太・投稿】

 東京営業道場の永山 太 です。
 今日で、震災から丁度、4か月になりましたね。
 私は、丁度、気仙沼で研修をやっている最中に地震
に遭遇しました。営業道場にも参加されている方が、
機転を効かしてくださり、すぐ一ノ関まで送ってくだ
さったので、津波があったこともまったく知らなかっ
たのです。
 さて、あれから仙台営業道場はすでに4回開催してお
り、講師役をお手伝いさせていただいています。震災
後、4月に初めて仙台を訪問する際に、「勉強もいいけ
ど、せっかくだし、たこ焼きでも焼いてあげましょう
か?」と打診すると、「たこ焼きは食べたいけど、私
たちは、早くビジネスがしたいので、いつも通りにセ
ミナーをしてください!」と返信が帰って来ました。
その意識レベルの高さにビックリしました。
 さらに、仙台で皆さんにお会いした時に、「皆さん
は、私たちのことを、震災で色んなものを失ったから、
前を向くしかないから、仕方なしに元気になっている
と思っているでしょう?」と聞かれたので、正直に、
ハイと返事をすると、「そうではありません。頭の中
が、変えられたのです。今、ビジネスがしたくてしょ
うがない。ビジネスできることがどれだけ幸せかと感
じています。」と説明して下さいました。
 もちろん被災された方の中にも、色んな事情の方々
がおられるでしょう。でも、この仙台営業道場の皆さ
んは、新生されたように感じました。


【今回の出題(稽古)】
そこで皆さんにお聞きいたします。
皆さんの今までの人生の中で、革命的にビジネスに対
する意識が変わったのは、どのような体験を通してで
しょうか。
差し障りのない範囲で、具体的事例をお教えいただけ
ますでしょうか。
※会員の方が投稿すると1テーマにつき1ポイントが
付与されます。
  
Posted by eigyo_dojyo at 00:01Comments(17)

2011年07月01日

師範リレー【飯尾洋・投稿】

姫路道場の飯尾 洋です。
営業道場7周年記念大会開催に際し、ご参加ご協力
いただいた皆様方に深く感謝申し上げます。
営業道場に参加して6年と半年、姫路道場を引き
継ぎしてから3年と3ヶ月、自ら学ぶ喜びと、営業
の成果が挙がる喜びの前半でした。
道場での役割が変わり、仕事においても採用・育成
担当となり、人様を成長させていく役割の難しさを
痛感いたしました。おかげで、人間的に成長をさせ
ていただく事が出来たと感謝している次第です。


【今回の出題(稽古)】
そこで皆さんにお聞きいたします。
営業の心・技・体、特に心(お客様へのお役立ち)を、
部下・後輩にどのように指導育成されておられるのか、
具体的事例をお教えいただけますか。
※会員の方が投稿すると1テーマにつき1ポイントが
付与されます。

  
Posted by eigyo_dojyo at 00:01Comments(20)

2011年06月21日

有段者リレー【中井宏次・投稿】

 私は、2007年に「医笑同源 笑い(ユーモア)で
心豊かな歓びのある生活を!」テーマに「NPO法人
健康笑い塾」を設立し、生活における笑い(ユーモ
ア)の重要性を講演活動しております。
 営業している人からよく聞くのですが、「もう少し、
笑いがあったら、ユーモアがないんです。」確かに
笑い・ユーモアのある人はアイデア豊富です。  

*参考までに お笑いと笑い の違いを書かせて頂
 きます。
 「笑わせることを目的に演じられる演芸を『お笑い』
 広義の『笑い』に対し、狭義の『お笑い』という関係
 が成り立ちます。


【今回の出題(稽古)】
そこで皆さんに質問します。
あなたの営業活動にとって、笑い・ユーモアとは
どの様な位置付けでしょうか。
「おもしろい企画やなあ」と言われた事や、また、
笑い・ユーモアが営業勝活動に必要と考えられる
方は、どの様に勉強されていますか。
※会員の方が投稿すると1テーマにつき1ポイント
が付与されます。

  
Posted by eigyo_dojyo at 00:01Comments(16)

2011年06月11日

有段者リレー【西村哲也・投稿】

 ある本を読んでいて、衝撃的な文章に出会いました。
「商品価格が下がると、高品質・付加価値で、単価の
高い商品を開発しようとする。が、この言葉ではお客
様の食指は動かない。この言葉自体が送り手側の発想
だからだ。それよりも大切なのはお客様が興味をもつ
『魅力づくり』をどう訴求するかだ。」
 高品質・付加価値もお客様のため、とおもっていた
だけに考えてしまいました。お客様の立場で。よく聞
きますが、今一度かみしめて魅力づくりに励みます。


【今回の出題(稽古)】
みなさんが考える
『魅力づくり』とはどんなことですか?
※会員の方が投稿すると1テーマにつき1ポイント
が付与されます。

  
Posted by eigyo_dojyo at 00:01Comments(14)