現実的に価格競争を避けることはむずかしい。
が、受注の決め手が全て価格勝負だけで決まるわけでもない。

担当している営業パーソンの存在価値は、価格勝負の前にやるべきことや、
価格以外にお客様が価値と認める可能性のある“何か“を、
普段の営業活動の中で習得し、徹底して実践しておくことだ。

“お客様の仕事を楽にする勝負”、“その仕事に慣れている安心感勝負”、
“一緒に仕事をすると楽しい時間の提供勝負”など、
競争の土俵をいくつか作り、単なる価格勝負は、
最後の最後に「お値引き」で持っていくのが、営業の正しい仕事である。