これまで毎日のように、面倒だなと思いつつも会いに行っていたことが減る。


お客様と会うのに、何の制限もなかった時には気づかなかったが、

外的要因(新型コロナウィルス感染)で、会うことに制約が生まれた今、

われわれがやってきたことの“ほとんど”は、webミーティング・ツール、

メール、電話で済ませることができることに気づいた(お客様も)

 

多くのお客様のワークスタイルが、「テレワーク・時々出社」が基本になれば、

これまでの営業スタイルは通用しない。

ならばWebミーティング・ツールを使いこなして…と言いたいところだが、

これも必要条件ながら十分ではない。

 

人間関係が充分に確立されていないお客様とのwebミーティングは、

“業務連絡”以上でも以下でもなく、真のコミュニケーションとは

ほど遠いことに、いつか気づく。

 

しかし、制約があるから直接会わずに仕事をすることにするのか、

制約はあるが直接会う場面は、必要かつ不可欠だと思うかの違いは、

先々大きな差になる。

 

今、求められることは、ますます限られてくるだろうフェイス・トゥ・フェイスの

コミュニケーションの「数」ではなく、「質」を上げる知恵と工夫だ