具体的な段取りをする前に、精神論をぶっても、決して成果はでないものだ。

 

達成すべき(したい)目標は、できるだけ数値化することが望ましい。

数値化することは自分だけでなく、目標を共有化しやすくなるからだ。

 

数値化しにくい目標は、「状態目標」、つまり「こういう状態になっていたい」で

設定しなければならない。

 

本当に達成したいのならば、目標は「数値目標」か「状態目標」のいずれかで

設定すること。

皆さんの目標はどちらかで設定されていますか。

 

目標を、「数値目標」か「状態目標」で設定した後は、具体的な段取りだ。

具体的な…とは、“いつまで(期限)”、“何を(やるべきこと)”、

“どうやってやるか(手段)”を決めること。

もう一つ大事なことは、“何のために(目的)”を明らかにすること。

 

具体的な段取りをした後で初めて、「必死でやろう」、「頑張ろう」という精神論が

生きてくる。

 

頑張る前に、やることがある。

目標の達成とは、そういうもののようです。