仕事は、“パーフェクト”ではなく、“高い満足”を目指そう。

 

なぜなら、われわれの仕事がパーフェクトかどうかを決めるのは、

われわれではなく、お客様だからだ。

 

お客様が高い満足感を感じれば、その仕事はお客様にとっても

パーフェクトなのだ。

つまり、パーフェクトが満足になるのではなく、お客様が満足すれば

パーフェクトになるのだ。

 

そして、その満足度の高さというのは、製品の品質だけではなく、

価格や納期だけでもない。

 

ニーズが発生した時から、あなたへ相談しやすいあなたが、要望や

悩みに耳を傾けてくれ、的確な助言や提案などがあり、共に創っていく

プロセスでの心地よい体験が、高い満足につながる重要な要素だ。

 

あなたの仕事が、お客様にとってパーフェクトだったかを決めるのは、

あなたではなくお客様であり、もしかしたらパーフェクトな仕事というのは、
自分が満足しているだけなのかもしれない。

高い満足が先で、パーフェクトは後ですよ。