2010年09月13日

感謝・営業実践大学ラストセミナー(再録)

◇和田創(事務局)
私が理事長を務める「NPO法人営業実践大学」では 第170回公開講座を行う。
本年1月より過去の好評セミナーのアンコール企画である。
いよいよ最終回となった。

十余年を振り返り、本大学は財政面では火の車の状態、運営面では苦労の連続だった。
率直に言って負担は非常に重かったが、何とか続けることができた。
それもこれもボランティアの積極的な手伝い、会員の熱心な参加が得られたからこそ!
また、トップセールスパーソンなど大勢の講師がボランティアで登場してくださった。
この間、途中からジェイックがセミナー会場を無償で提供してくださった。
皆さまのご支援・ご愛顧に対し、心より感謝する。

NPO法人営業実践大学(公開講座)は大変だっただけに、これが最後だと思うと胸に迫ってくるものがある。
その主宰は、営業講師、営業コンサルタントとしての私の喜びであり誇りであった。
長らく発行してきた『月刊営業人(えいぎょうびと)』も2010年9月号をもって休止する。
私はさみしい…。

第8弾の案内文は以下のとおり。
奮ってご参加いただきたい。

ゲストの庄司充氏は、営業マネジメントの確立を中心に、企業で営業力強化を支援しています。
「営業力はマネジメントが8割、個人スキルが2割」という主張は、リクルート時代の経験から生まれました。
日本有数の営業会社と言われるリクルートも、個々の営業スキルでは素人集団でした。
しかし、卓越したマネジメントがそれを最強無比の営業組織に変えていたのです。
後に氏が携わったアウトソーシング事業でも、その忠実な実践が業界屈指の成果をもたらしました。
今回はリクルート流・営業マネジメントの神髄を伺います。
目標達成を切望する経営管理層に必須のセミナーです。

概要は以下のとおり。

日 程◆2010年9月14日(火)
時 間◆午後7時40分〜9時20分(1時間40分)
会 場◆ジェイック(地下鉄神保町駅至近)
演 題◆リクルート流・営業マネジメント
副 題◆素人集団を3日間で最強無比の営業組織に変える法!
ゲスト◆庄司充(営業力強化コンサルタント)

講師略歴は以下のとおり。

60年生まれ。
81年にリクルートに入社し、同社特有の最強営業術を学ぶ。
01年にリクルート・スタッフィングの「営業アウトソーシング事業」の立ち上げにプロジェクト総責任者として参画し、継続拡大率5割という驚異的な成果を挙げる。
社内のマネジャー・ランキングでは4年連続してトップ。
その後、営業専門コンサルとして独立する。

⇒詳しいパンフレット(案内状)はこちら。

私・和田創は前座として、「社長スクール」で講演を行う。
演題は、「顧客と仕事に対する感謝を忘れるな!」
時間は、午後6時50分〜7時20分(30分間)。

私が提案営業の企業研修や公開セミナーで講師を務めていて、最近とくに気がかりなことがある。
営業関係者のなかに、「自分だけが苦労している」という思い込み、いや被害意識を持つ人が少なくない。
概して恵まれた環境で働く人ほどそうした傾向が強い。
顧客と仕事に対する感謝の気持ちを大切にしてほしい。

当日の受講料は一般4千円、会員2千円。
NPO法人なので、収益事業でなく社会貢献事業。
ぜひお気軽にご参加ください。

なお、途中の20分間はフリータイム(名刺交換会&休憩)。
毎回、ゲストと参加者、参加者同士で大盛りあがり。
どうか名刺をお忘れなく。

本大学は4月以降、大入り(満席)が続いている。
お申し込みはお早めに!

人気ブログランキング ←応援、よろしく!(1日1クリック)

2010年9月公開講座

eigyojissenuniv at 08:00|Permalinkclip!

2010年09月10日

過疎地域を支える若者ボランティア

◇浅野都(事務局)
NPO法人営業実践大学では会報『月刊営業人(えいぎょうびと)』を発行しています。
ついては、本大学の理事長・和田創(わだ・そう)による「巻頭言」をホームページで公開しています。
ぜひご覧ください。

2010年7月号◇巻頭言3 過疎地域を支える若者ボランティア

なお、本大学では長年、月例で公開講座(大学セミナー)を開催し、トップセールスマンなどから営業の生きたノウハウと事例を学習する機会を提供してきました。

公開講座(大学セミナー&社長スクール)のご案内はこちら。

人気ブログランキング ←応援、よろしく!(1日1クリック)

2010年9月公開講座

eigyojissenuniv at 08:00|Permalinkclip!

2010年09月07日

最後の授業…顧客と仕事に感謝せよ(再録)

◇和田創(事務局)
私が理事長を務める「NPO法人営業実践大学」では 第170回公開講座を行う。
本年1月より過去の好評セミナーのアンコール企画である。
いよいよ最終回となった。

十余年を振り返り、本大学は財政面では火の車の状態、運営面では苦労の連続だった。
率直に言って負担は非常に重かったが、何とか続けることができた。
それもこれもボランティアの積極的な手伝い、会員の熱心な参加が得られたからこそ!
また、トップセールスパーソンなど大勢の講師がボランティアで登場してくださった。
この間、途中からジェイックがセミナー会場を無償で提供してくださった。
皆さまのご支援・ご愛顧に対し、心より感謝する。

NPO法人営業実践大学(公開講座)は大変だっただけに、これが最後だと思うと胸に迫ってくるものがある。
その主宰は、営業講師、営業コンサルタントとしての私の喜びであり誇りであった。
長らく発行してきた『月刊営業人(えいぎょうびと)』も2010年9月号をもって休止する。
私はさみしい…。

第8弾の案内文は以下のとおり。
奮ってご参加いただきたい。

ゲストの庄司充氏は、営業マネジメントの確立を中心に、企業で営業力強化を支援しています。
「営業力はマネジメントが8割、個人スキルが2割」という主張は、リクルート時代の経験から生まれました。
日本有数の営業会社と言われるリクルートも、個々の営業スキルでは素人集団でした。
しかし、卓越したマネジメントがそれを最強無比の営業組織に変えていたのです。
後に氏が携わったアウトソーシング事業でも、その忠実な実践が業界屈指の成果をもたらしました。
今回はリクルート流・営業マネジメントの神髄を伺います。
目標達成を切望する経営管理層に必須のセミナーです。

概要は以下のとおり。

日 程◆2010年9月14日(火)
時 間◆午後7時40分〜9時20分(1時間40分)
会 場◆ジェイック(地下鉄神保町駅至近)
演 題◆リクルート流・営業マネジメント
副 題◆素人集団を3日間で最強無比の営業組織に変える法!
ゲスト◆庄司充(営業力強化コンサルタント)

講師略歴は以下のとおり。

60年生まれ。
81年にリクルートに入社し、同社特有の最強営業術を学ぶ。
01年にリクルート・スタッフィングの「営業アウトソーシング事業」の立ち上げにプロジェクト総責任者として参画し、継続拡大率5割という驚異的な成果を挙げる。
社内のマネジャー・ランキングでは4年連続してトップ。
その後、営業専門コンサルとして独立する。

⇒詳しいパンフレット(案内状)はこちら。

私・和田創は前座として、「社長スクール」で講演を行う。
演題は、「顧客と仕事に対する感謝を忘れるな!」
時間は、午後6時50分〜7時20分(30分間)。

私が提案営業の企業研修や公開セミナーで講師を務めていて、最近とくに気がかりなことがある。
営業関係者のなかに、「自分だけが苦労している」という思い込み、いや被害意識を持つ人が少なくない。
概して恵まれた環境で働く人ほどそうした傾向が強い。
顧客と仕事に対する感謝の気持ちを大切にしてほしい。

当日の受講料は一般4千円、会員2千円。
NPO法人なので、収益事業でなく社会貢献事業。
ぜひお気軽にご参加ください。

なお、途中の20分間はフリータイム(名刺交換会&休憩)。
毎回、ゲストと参加者、参加者同士で大盛りあがり。
どうか名刺をお忘れなく。

本大学は4月以降、大入り(満席)が続いている。
お申し込みはお早めに!

人気ブログランキング ←応援、よろしく!(1日1クリック)

2010年9月公開講座

eigyojissenuniv at 08:00|Permalinkclip!

2010年09月06日

変化へ挑む覚悟を決める…柳井正

◇浅野都(事務局)
NPO法人営業実践大学では会報『月刊営業人(えいぎょうびと)』を発行しています。
ついては、本大学の理事長・和田創(わだ・そう)による「巻頭言」をホームページで公開しています。
ぜひご覧ください。

2010年7月号◇巻頭言2 変化へ挑む覚悟を決める…柳井正

なお、本大学では長年、月例で公開講座(大学セミナー)を開催し、トップセールスマンなどから営業の生きたノウハウと事例を学習する機会を提供してきました。

公開講座(大学セミナー&社長スクール)のご案内はこちら。

人気ブログランキング ←応援、よろしく!(1日1クリック)

2010年9月公開講座

eigyojissenuniv at 08:00|Permalinkclip!

2010年09月01日

リクルート流・営業マネジメントの急所(再録)

◇和田創(事務局)
私が理事長を務める「NPO法人営業実践大学」では 第170回公開講座を行う。
本年1月より過去の好評セミナーのアンコール企画である。
いよいよ最終回となった。

十余年を振り返り、本大学は財政面では火の車の状態、運営面では苦労の連続だった。
率直に言って負担は非常に重かったが、何とか続けることができた。
それもこれもボランティアの積極的な手伝い、会員の熱心な参加が得られたからこそ!
また、トップセールスパーソンなど大勢の講師がボランティアで登場してくださった。
この間、途中からジェイックがセミナー会場を無償で提供してくださった。
皆さまのご支援・ご愛顧に対し、心より感謝する。

NPO法人営業実践大学(公開講座)は大変だっただけに、これが最後だと思うと胸に迫ってくるものがある。
その主宰は、営業講師、営業コンサルタントとしての私の喜びであり誇りであった。
長らく発行してきた『月刊営業人(えいぎょうびと)』も2010年9月号をもって休止する。
私はさみしい…。

第8弾の案内文は以下のとおり。
奮ってご参加いただきたい。

ゲストの庄司充氏は、営業マネジメントの確立を中心に、企業で営業力強化を支援しています。
「営業力はマネジメントが8割、個人スキルが2割」という主張は、リクルート時代の経験から生まれました。
日本有数の営業会社と言われるリクルートも、個々の営業スキルでは素人集団でした。
しかし、卓越したマネジメントがそれを最強無比の営業組織に変えていたのです。
後に氏が携わったアウトソーシング事業でも、その忠実な実践が業界屈指の成果をもたらしました。
今回はリクルート流・営業マネジメントの神髄を伺います。
目標達成を切望する経営管理層に必須のセミナーです。

概要は以下のとおり。

日 程◆2010年9月14日(火)
時 間◆午後7時40分〜9時20分(1時間40分)
会 場◆ジェイック(地下鉄神保町駅至近)
演 題◆リクルート流・営業マネジメント
副 題◆素人集団を3日間で最強無比の営業組織に変える法!
ゲスト◆庄司充(営業力強化コンサルタント)

講師略歴は以下のとおり。

60年生まれ。
81年にリクルートに入社し、同社特有の最強営業術を学ぶ。
01年にリクルート・スタッフィングの「営業アウトソーシング事業」の立ち上げにプロジェクト総責任者として参画し、継続拡大率5割という驚異的な成果を挙げる。
社内のマネジャー・ランキングでは4年連続してトップ。
その後、営業専門コンサルとして独立する。

⇒詳しいパンフレット(案内状)はこちら。

私・和田創は前座として、「社長スクール」で講演を行う。
演題は、「顧客と仕事に対する感謝を忘れるな!」
時間は、午後6時50分〜7時20分(30分間)。

私が提案営業の企業研修や公開セミナーで講師を務めていて、最近とくに気がかりなことがある。
営業関係者のなかに、「自分だけが苦労している」という思い込み、いや被害意識を持つ人が少なくない。
概して恵まれた環境で働く人ほどそうした傾向が強い。
顧客と仕事に対する感謝の気持ちを大切にしてほしい。

当日の受講料は一般4千円、会員2千円。
NPO法人なので、収益事業でなく社会貢献事業。
ぜひお気軽にご参加ください。

なお、途中の20分間はフリータイム(名刺交換会&休憩)。
毎回、ゲストと参加者、参加者同士で大盛りあがり。
どうか名刺をお忘れなく。

本大学は4月以降、大入り(満席)が続いている。
お申し込みはお早めに!

人気ブログランキング ←応援、よろしく!(1日1クリック)

2010年9月公開講座

eigyojissenuniv at 08:00|Permalinkclip!

2010年08月31日

アンジェラ・アキと浅田真央の失敗

◇浅野都(事務局)
NPO法人営業実践大学では会報『月刊営業人(えいぎょうびと)』を発行しています。
ついては、本大学の理事長・和田創(わだ・そう)による「巻頭言」をホームページで公開しています。
ぜひご覧ください。

2010年7月号◇巻頭言1 アンジェラ・アキと浅田真央の失敗

なお、本大学では長年、月例で公開講座(大学セミナー)を開催し、トップセールスマンなどから営業の生きたノウハウと事例を学習する機会を提供してきました。

公開講座(大学セミナー&社長スクール)のご案内はこちら。

人気ブログランキング ←応援、よろしく!(1日1クリック)

2010年9月公開講座

eigyojissenuniv at 08:00|Permalinkclip!

2010年08月27日

NPO法人営業実践大学・いよいよ最終回

◇和田創(事務局)
私が理事長を務める「NPO法人営業実践大学」では 第170回公開講座を行う。
本年1月より過去の好評セミナーのアンコール企画である。
いよいよ最終回となった。

十余年を振り返り、本大学は財政面では火の車の状態、運営面では苦労の連続だった。
率直に言って負担は非常に重かったが、何とか続けることができた。
それもこれもボランティアの積極的な手伝い、会員の熱心な参加が得られたからこそ!
また、トップセールスパーソンなど大勢の講師がボランティアで登場してくださった。
この間、途中からジェイックがセミナー会場を無償で提供してくださった。
皆さまのご支援・ご愛顧に対し、心より感謝する。

NPO法人営業実践大学(公開講座)は大変だっただけに、これが最後だと思うと胸に迫ってくるものがある。
その主宰は、営業講師、営業コンサルタントとしての私の喜びであり誇りであった。
長らく発行してきた『月刊営業人(えいぎょうびと)』も2010年9月号をもって休止する。
私はさみしい…。

第8弾の案内文は以下のとおり。
奮ってご参加いただきたい。

ゲストの庄司充氏は、営業マネジメントの確立を中心に、企業で営業力強化を支援しています。
「営業力はマネジメントが8割、個人スキルが2割」という主張は、リクルート時代の経験から生まれました。
日本有数の営業会社と言われるリクルートも、個々の営業スキルでは素人集団でした。
しかし、卓越したマネジメントがそれを最強無比の営業組織に変えていたのです。
後に氏が携わったアウトソーシング事業でも、その忠実な実践が業界屈指の成果をもたらしました。
今回はリクルート流・営業マネジメントの神髄を伺います。
目標達成を切望する経営管理層に必須のセミナーです。

概要は以下のとおり。

日 程◆2010年9月14日(火)
時 間◆午後7時40分〜9時20分(1時間40分)
会 場◆ジェイック(地下鉄神保町駅至近)
演 題◆リクルート流・営業マネジメント
副 題◆素人集団を3日間で最強無比の営業組織に変える法!
ゲスト◆庄司充(営業力強化コンサルタント)

講師略歴は以下のとおり。

60年生まれ。
81年にリクルートに入社し、同社特有の最強営業術を学ぶ。
01年にリクルート・スタッフィングの「営業アウトソーシング事業」の立ち上げにプロジェクト総責任者として参画し、継続拡大率5割という驚異的な成果を挙げる。
社内のマネジャー・ランキングでは4年連続してトップ。
その後、営業専門コンサルとして独立する。

⇒詳しいパンフレット(案内状)はこちら。

私・和田創は前座として、「社長スクール」で講演を行う。
演題は、「顧客と仕事に対する感謝を忘れるな!」
時間は、午後6時50分〜7時20分(30分間)。

私が提案営業の企業研修や公開セミナーで講師を務めていて、最近とくに気がかりなことがある。
営業関係者のなかに、「自分だけが苦労している」という思い込み、いや被害意識を持つ人が少なくない。
概して恵まれた環境で働く人ほどそうした傾向が強い。
顧客と仕事に対する感謝の気持ちを大切にしてほしい。

当日の受講料は一般4千円、会員2千円。
NPO法人なので、収益事業でなく社会貢献事業。
ぜひお気軽にご参加ください。

なお、途中の20分間はフリータイム(名刺交換会&休憩)。
毎回、ゲストと参加者、参加者同士で大盛りあがり。
どうか名刺をお忘れなく。

本大学は4月以降、大入り(満席)が続いている。
お申し込みはお早めに!

人気ブログランキング ←応援、よろしく!(1日1クリック)

2010年9月公開講座

eigyojissenuniv at 08:00|Permalinkclip!

2010年07月08日

リクルートのトップセールスマン(再録)

◇和田創(事務局)
私が理事長を務める「NPO法人営業実践大学」では 第169回公開講座を行う。
実は、本大学は現在のスタイルでの運営を2011年3月に終了する。
ついては、2010年1月〜9月を過去の好評セミナーのアンコール企画とした。
8月は夏休みのため、今回を含めて残り2回の開催である。
長らくのご支援に対し、心より感謝する。

第7弾の案内文は以下のとおり。

巧みな話術で顧客を説得して商談を成立させる…。
これが営業パーソンがイメージする商談ではないでしょうか?
しかし、いまや「トークを磨いても売れない」「話すほど顧客は引いてしまう」のが現実です。
売れる時代で武器となったやり方は、売れない時代ではマイナスとなります。
商談はトークの良し悪しでなくプロセスの適否で決まります。
ゲストの渡瀬謙氏は内気な性格を強みとし、独自の営業手法を生み出しました。
それが「ステップ営業法」です。
氏は話さず、ステップを大切にすることで、顧客の相談相手として商機を見出し、クロージングに結び付けます。

概要は以下のとおり。

日 程◆2010年7月14日(水)
時 間◆午後7時40分〜9時20分(1時間40分)
会 場◆ジェイック(地下鉄神保町駅至近)
演 題◆渡瀬謙「サイレントセールス」セミナー
副 題◆内気で無口な男がリクルートでトップ営業マンに!
ゲスト◆渡瀬謙(有限会社ピクトワークス代表取締役)

講師略歴は以下のとおり。

精密機器メーカーを経てリクルートに入社。
内向的なため、まったく売れない日々を過ごす。
その後、自分の性格に合った営業スタイルへ転換させ、1年目にしてトップセールスを達成した。
ピクトワークスを設立し、持論の「サイレントセールス」を中心に執筆やセミナーなどで活躍する。
『アポ取りの達人』など著書は多数。

ゲストの渡瀬謙氏は、内気で無口な人でも売れる営業とはどのようなものかを探りつづけてきた。
折しも、市場の成熟化につれ、PUSH型の営業からPULL型の営業への転換が求められるようになった。
さらに、技術スタッフやサービススタッフなど口下手な人でも営業活動の一端を担うようになった。
渡瀬謙氏は、市場環境や経営環境の変化も追い風となり、「しゃべらない営業」の第一人者として教育指導に奔走している。
今回は、そのエッセンスを披露していただく。

⇒詳しいパンフレット(案内状)はこちら。

私・和田創は前座として、「社長スクール」で講演を行う。
演題は、「終わりから始まる 〜行うために学ぶ」
時間は、午後6時50分〜7時20分(30分間)。

私はこれまで大勢の方々に和田創方式の「提案営業研修」や「提案営業セミナー」を受けていただいた。
ところが、講師として幕引きが迫るいまになり、それがどれくらい役立っているか、不安に駆られている。
すでに受講してくださった方、これから受講してくださる方へ、成果向上の観点から研修やセミナーの生かし方についてメッセージを届けたいと考えた。
私が最近気がかりなのは、知るために学ぶ人が増えていることだ。
研修もセミナーも終わってからの勝負である。
受講者は自らの意識と姿勢が問われている。

当日の受講料は一般4千円、会員2千円。
NPO法人なので、収益事業でなく社会貢献事業。
ぜひお気軽にご参加ください。

なお、途中の20分間はフリータイム(名刺交換会&休憩)。
毎回、ゲストと参加者、参加者同士で大盛りあがり。
どうか名刺をお忘れなく。

人気ブログランキング ←応援、よろしく!(1日1クリック)

2010年7月公開講座

eigyojissenuniv at 08:00|Permalinkclip!

2010年07月06日

追悼…木村拓也という生き様

◇浅野都(事務局)
NPO法人営業実践大学では会報『月刊営業人(えいぎょうびと)』を発行しています。
このたび、本大学の理事長・和田創(わだ・そう)による「巻頭言」をホームページで公開することにしました。
ぜひご覧ください。

2010年6月号◇巻頭言3 追悼…木村拓也という生き様

なお、本大学では長年、月例で公開講座(大学セミナー)を開催し、トップセールスマンなどから営業の生きたノウハウと事例を学習する機会を提供しています。

公開講座(大学セミナー&社長スクール)のご案内はこちら。

人気ブログランキング ←応援、よろしく!(1日1クリック)

2010年7月公開講座

eigyojissenuniv at 08:00|Permalinkclip!

2010年07月02日

渡瀬謙しゃべらない営業セミナー(再録)

◇和田創(事務局)
私が理事長を務める「NPO法人営業実践大学」では 第169回公開講座を行う。
実は、本大学は現在のスタイルでの運営を2011年3月に終了する。
ついては、2010年1月〜9月を過去の好評セミナーのアンコール企画とした。
8月は夏休みのため、今回を含めて残り2回の開催である。
長らくのご支援に対し、心より感謝する。

第7弾の案内文は以下のとおり。

巧みな話術で顧客を説得して商談を成立させる…。
これが営業パーソンがイメージする商談ではないでしょうか?
しかし、いまや「トークを磨いても売れない」「話すほど顧客は引いてしまう」のが現実です。
売れる時代で武器となったやり方は、売れない時代ではマイナスとなります。
商談はトークの良し悪しでなくプロセスの適否で決まります。
ゲストの渡瀬謙氏は内気な性格を強みとし、独自の営業手法を生み出しました。
それが「ステップ営業法」です。
氏は話さず、ステップを大切にすることで、顧客の相談相手として商機を見出し、クロージングに結び付けます。

概要は以下のとおり。

日 程◆2010年7月14日(水)
時 間◆午後7時40分〜9時20分(1時間40分)
会 場◆ジェイック(地下鉄神保町駅至近)
演 題◆渡瀬謙「サイレントセールス」セミナー
副 題◆内気で無口な男がリクルートでトップ営業マンに!
ゲスト◆渡瀬謙(有限会社ピクトワークス代表取締役)

講師略歴は以下のとおり。

精密機器メーカーを経てリクルートに入社。
内向的なため、まったく売れない日々を過ごす。
その後、自分の性格に合った営業スタイルへ転換させ、1年目にしてトップセールスを達成した。
ピクトワークスを設立し、持論の「サイレントセールス」を中心に執筆やセミナーなどで活躍する。
『アポ取りの達人』など著書は多数。

ゲストの渡瀬謙氏は、内気で無口な人でも売れる営業とはどのようなものかを探りつづけてきた。
折しも、市場の成熟化につれ、PUSH型の営業からPULL型の営業への転換が求められるようになった。
さらに、技術スタッフやサービススタッフなど口下手な人でも営業活動の一端を担うようになった。
渡瀬謙氏は、市場環境や経営環境の変化も追い風となり、「しゃべらない営業」の第一人者として教育指導に奔走している。
今回は、そのエッセンスを披露していただく。

⇒詳しいパンフレット(案内状)はこちら。

私・和田創は前座として、「社長スクール」で講演を行う。
演題は、「終わりから始まる 〜行うために学ぶ」
時間は、午後6時50分〜7時20分(30分間)。

私はこれまで大勢の方々に和田創方式の「提案営業研修」や「提案営業セミナー」を受けていただいた。
ところが、講師として幕引きが迫るいまになり、それがどれくらい役立っているか、不安に駆られている。
すでに受講してくださった方、これから受講してくださる方へ、成果向上の観点から研修やセミナーの生かし方についてメッセージを届けたいと考えた。
私が最近気がかりなのは、知るために学ぶ人が増えていることだ。
研修もセミナーも終わってからの勝負である。
受講者は自らの意識と姿勢が問われている。

当日の受講料は一般4千円、会員2千円。
NPO法人なので、収益事業でなく社会貢献事業。
ぜひお気軽にご参加ください。

なお、途中の20分間はフリータイム(名刺交換会&休憩)。
毎回、ゲストと参加者、参加者同士で大盛りあがり。
どうか名刺をお忘れなく。

人気ブログランキング ←応援、よろしく!(1日1クリック)

2010年7月公開講座

eigyojissenuniv at 08:00|Permalinkclip!

2010年07月01日

浅田真央敗因分析、ソチ金へ新コーチ

◇浅野都(事務局)
NPO法人営業実践大学では会報『月刊営業人(えいぎょうびと)』を発行しています。
このたび、本大学の理事長・和田創(わだ・そう)による「巻頭言」をホームページで公開することにしました。
ぜひご覧ください。

2010年6月号◇巻頭言2 浅田真央敗因分析、ソチ金へ新コーチ

なお、本大学では長年、月例で公開講座(大学セミナー)を開催し、トップセールスマンなどから営業の生きたノウハウと事例を学習する機会を提供しています。

公開講座(大学セミナー&社長スクール)のご案内はこちら。

人気ブログランキング ←応援、よろしく!(1日1クリック)

2010年7月公開講座

eigyojissenuniv at 08:00|Permalinkclip!

2010年06月29日

トップセールスマン登場セミナー(再録)

◇和田創(事務局)
私が理事長を務める「NPO法人営業実践大学」では 第169回公開講座を行う。
実は、本大学は現在のスタイルでの運営を2011年3月に終了する。
ついては、2010年1月〜9月を過去の好評セミナーのアンコール企画とした。
8月は夏休みのため、今回を含めて残り2回の開催である。
長らくのご支援に対し、心より感謝する。

第7弾の案内文は以下のとおり。

巧みな話術で顧客を説得して商談を成立させる…。
これが営業パーソンがイメージする商談ではないでしょうか?
しかし、いまや「トークを磨いても売れない」「話すほど顧客は引いてしまう」のが現実です。
売れる時代で武器となったやり方は、売れない時代ではマイナスとなります。
商談はトークの良し悪しでなくプロセスの適否で決まります。
ゲストの渡瀬謙氏は内気な性格を強みとし、独自の営業手法を生み出しました。
それが「ステップ営業法」です。
氏は話さず、ステップを大切にすることで、顧客の相談相手として商機を見出し、クロージングに結び付けます。

概要は以下のとおり。

日 程◆2010年7月14日(水)
時 間◆午後7時40分〜9時20分(1時間40分)
会 場◆ジェイック(地下鉄神保町駅至近)
演 題◆渡瀬謙「サイレントセールス」セミナー
副 題◆内気で無口な男がリクルートでトップ営業マンに!
ゲスト◆渡瀬謙(有限会社ピクトワークス代表取締役)

講師略歴は以下のとおり。

精密機器メーカーを経てリクルートに入社。
内向的なため、まったく売れない日々を過ごす。
その後、自分の性格に合った営業スタイルへ転換させ、1年目にしてトップセールスを達成した。
ピクトワークスを設立し、持論の「サイレントセールス」を中心に執筆やセミナーなどで活躍する。
『アポ取りの達人』など著書は多数。

ゲストの渡瀬謙氏は、内気で無口な人でも売れる営業とはどのようなものかを探りつづけてきた。
折しも、市場の成熟化につれ、PUSH型の営業からPULL型の営業への転換が求められるようになった。
さらに、技術スタッフやサービススタッフなど口下手な人でも営業活動の一端を担うようになった。
渡瀬謙氏は、市場環境や経営環境の変化も追い風となり、「しゃべらない営業」の第一人者として教育指導に奔走している。
今回は、そのエッセンスを披露していただく。

⇒詳しいパンフレット(案内状)はこちら。

私・和田創は前座として、「社長スクール」で講演を行う。
演題は、「終わりから始まる 〜行うために学ぶ」
時間は、午後6時50分〜7時20分(30分間)。

私はこれまで大勢の方々に和田創方式の「提案営業研修」や「提案営業セミナー」を受けていただいた。
ところが、講師として幕引きが迫るいまになり、それがどれくらい役立っているか、不安に駆られている。
すでに受講してくださった方、これから受講してくださる方へ、成果向上の観点から研修やセミナーの生かし方についてメッセージを届けたいと考えた。
私が最近気がかりなのは、知るために学ぶ人が増えていることだ。
研修もセミナーも終わってからの勝負である。
受講者は自らの意識と姿勢が問われている。

当日の受講料は一般4千円、会員2千円。
NPO法人なので、収益事業でなく社会貢献事業。
ぜひお気軽にご参加ください。

なお、途中の20分間はフリータイム(名刺交換会&休憩)。
毎回、ゲストと参加者、参加者同士で大盛りあがり。
どうか名刺をお忘れなく。

人気ブログランキング ←応援、よろしく!(1日1クリック)

2010年7月公開講座

eigyojissenuniv at 08:00|Permalinkclip!

2010年06月25日

わずか2勝で名将…野村克也監督人生

◇浅野都(事務局)
NPO法人営業実践大学では会報『月刊営業人(えいぎょうびと)』を発行しています。
このたび、本大学の理事長・和田創(わだ・そう)による「巻頭言」をホームページで公開することにしました。
ぜひご覧ください。

2010年6月号◇巻頭言1 わずか2勝で名将…野村克也監督人生

なお、本大学では長年、月例で公開講座(大学セミナー)を開催し、トップセールスマンなどから営業の生きたノウハウと事例を学習する機会を提供しています。

公開講座(大学セミナー&社長スクール)のご案内はこちら。

人気ブログランキング ←応援、よろしく!(1日1クリック)

2010年7月公開講座

eigyojissenuniv at 08:00|Permalinkclip!

2010年06月23日

渡瀬謙「サイレントセールス」セミナー

◇和田創(事務局)
私が理事長を務める「NPO法人営業実践大学」では 第169回公開講座を行う。
実は、本大学は現在のスタイルでの運営を2011年3月に終了する。
ついては、2010年1月〜9月を過去の好評セミナーのアンコール企画とした。
8月は夏休みのため、今回を含めて残り2回の開催である。
長らくのご支援に対し、心より感謝する。

第7弾の案内文は以下のとおり。

巧みな話術で顧客を説得して商談を成立させる…。
これが営業パーソンがイメージする商談ではないでしょうか?
しかし、いまや「トークを磨いても売れない」「話すほど顧客は引いてしまう」のが現実です。
売れる時代で武器となったやり方は、売れない時代ではマイナスとなります。
商談はトークの良し悪しでなくプロセスの適否で決まります。
ゲストの渡瀬謙氏は内気な性格を強みとし、独自の営業手法を生み出しました。
それが「ステップ営業法」です。
氏は話さず、ステップを大切にすることで、顧客の相談相手として商機を見出し、クロージングに結び付けます。

概要は以下のとおり。

日 程◆2010年7月14日(水)
時 間◆午後7時40分〜9時20分(1時間40分)
会 場◆ジェイック(地下鉄神保町駅至近)
演 題◆渡瀬謙「サイレントセールス」セミナー
副 題◆内気で無口な男がリクルートでトップ営業マンに!
ゲスト◆渡瀬謙(有限会社ピクトワークス代表取締役)

講師略歴は以下のとおり。

精密機器メーカーを経てリクルートに入社。
内向的なため、まったく売れない日々を過ごす。
その後、自分の性格に合った営業スタイルへ転換させ、1年目にしてトップセールスを達成した。
ピクトワークスを設立し、持論の「サイレントセールス」を中心に執筆やセミナーなどで活躍する。
『アポ取りの達人』など著書は多数。

ゲストの渡瀬謙氏は、内気で無口な人でも売れる営業とはどのようなものかを探りつづけてきた。
折しも、市場の成熟化につれ、PUSH型の営業からPULL型の営業への転換が求められるようになった。
さらに、技術スタッフやサービススタッフなど口下手な人でも営業活動の一端を担うようになった。
渡瀬謙氏は、市場環境や経営環境の変化も追い風となり、「しゃべらない営業」の第一人者として教育指導に奔走している。
今回は、そのエッセンスを披露していただく。

⇒詳しいパンフレット(案内状)はこちら。

私・和田創は前座として、「社長スクール」で講演を行う。
演題は、「終わりから始まる 〜行うために学ぶ」
時間は、午後6時50分〜7時20分(30分間)。

私はこれまで大勢の方々に和田創方式の「提案営業研修」や「提案営業セミナー」を受けていただいた。
ところが、講師として幕引きが迫るいまになり、それがどれくらい役立っているか、不安に駆られている。
すでに受講してくださった方、これから受講してくださる方へ、成果向上の観点から研修やセミナーの生かし方についてメッセージを届けたいと考えた。
私が最近気がかりなのは、知るために学ぶ人が増えていることだ。
研修もセミナーも終わってからの勝負である。
受講者は自らの意識と姿勢が問われている。

当日の受講料は一般4千円、会員2千円。
NPO法人なので、収益事業でなく社会貢献事業。
ぜひお気軽にご参加ください。

なお、途中の20分間はフリータイム(名刺交換会&休憩)。
毎回、ゲストと参加者、参加者同士で大盛りあがり。
どうか名刺をお忘れなく。

人気ブログランキング ←応援、よろしく!(1日1クリック)

2010年7月公開講座

eigyojissenuniv at 08:00|Permalinkclip!

2010年06月11日

1日5分の朝礼で営業が変わる(再録)

◇和田創(事務局)
私が理事長を務める「NPO法人営業実践大学」では 第168回公開講座を行う。
実は、本大学は現在のスタイルでの運営を2011年3月に終了する。
ついては、2010年1月〜9月を過去の好評セミナーのアンコール企画とした。
長らくのご支援に対し、心より感謝する。

第6弾の案内文は以下のとおり。

就労形態の多様化などを背景に衰退の一途にあった朝礼が、再び脚光を浴びています。
モチベーションの向上やコミュニケーションの円滑化に有効という理由からですが、実際には“逆効果”になっていることも珍しくありません。
継続的な機会だからこそ、成果の上がるやり方を踏まえることが条件といえます。
人や組織の活性化に長らく取り組んできたゲストガ、試行錯誤の末に確立した朝礼のノウハウが“見える化”と“コーチング”の融合でした。
たった5分の積み重ねで人、現場、会社に劇的な変化をもたらす「アヅミ式朝礼」の実践方法とポイントを学びます。

概要は以下のとおり。

アヅミ式朝礼ハンドブック日 程◆2010年6月15日(火)
時 間◆午後7時40分〜9時20分(1時間40分)
会 場◆ジェイック(地下鉄神保町駅至近)
演 題◆やる気を高める 朝礼セミナー
副 題◆部門や拠点を活気づけ、会社を変えよう!
ゲスト◆安海将広(コミュニケーション道場「以心伝心」主宰)

講師略歴は以下のとおり。

1961年生まれ。損害保険・生命保険の代理店を経営しながら、プロのコーチとして活躍中。
やる気を継続させる仕組みとして独自の「アヅミ式朝礼」を開発し、多くの組織の活性化に貢献。
国際コーチ連盟マスター認定コーチ、(財)生涯学習開発財団認定マスターコーチとして講演や研修も多数。
著作に『アヅミ式朝礼ハンドブック』がある。

ゲストの安海将広氏は、朝礼の重要性を説き、その活性化に取り組んでいる、いわば朝礼コンサルタント。
昔は、とくに営業系の職場では朝礼が当たり前だった。それが年々すたれ、仮に行っているとしてもすっかり形骸化してしまった。
だが、正しく朝礼を行うなら、社員や部下の動機づけが可能になる。
それも効果は当日に留まらない。
粘り強い継続により部門や拠点、さらに会社全体の変革につながる。
今回は、氏の経営者とコンサルタントとしての経験を踏まえ、「アヅミ式朝礼」のエッセンスを披露していただく。

「売り上げが低迷して職場に元気がない…」。
そう感じる中堅・中小・零細企業の社長や役員、営業部・課長、営業マネジャー、営業所長などにぜひご参加いただきたい。

⇒詳しいパンフレット(案内状)はこちら。

私・和田創は前座として、「社長スクール」で講演を行う。
演題は、「[急所講演会] 営業とは暴走である」
時間は、午後6時50分〜7時20分(30分間)。

時間は30分と限られるが、私は剛速球を投げ込む。
成果を上げられない会社や部門、拠点にはびこる誤解は、「営業はうまくやらなければならない」である。
ゆえに、社員も部下も顧客から拒絶を食らう前に自分でブレーキを踏んでしまう。
営業は小難しい知識や技術、手法など持たなくても、「上」に会うだけで売り上げを伸ばせるというのに…。
今回は、営業の仕事の特性について理解を深めていただく。
それが営業の強化・再建に不可欠だからだ。

当日の受講料は一般4千円、会員2千円。
NPO法人なので、収益事業でなく社会貢献事業。
ぜひお気軽にご参加ください。
初めての方、営業未経験者、学生、大歓迎です。

なお、途中の20分間はフリータイム(名刺交換会&休憩)。
毎回、ゲストと参加者、参加者同士で大盛りあがり。
どうか名刺をお忘れなく。
お持ちでない方は、手書きなどでも結構。

では、会場でお目にかかりましょう。

公開型の「営業研修」としてもご利用ください。

人気ブログランキング ←応援、よろしく!(1日1クリック)

2010年6月公開講座

eigyojissenuniv at 08:00|Permalinkclip!

2010年06月09日

再婚の私がアメショーを飼ったワケ

◇浅野都(事務局)
NPO法人営業実践大学では会報『月刊営業人(えいぎょうびと)』を発行しています。
このたび、本大学の理事長・和田創(わだ・そう)による「巻頭言」をホームページで公開することにしました。
ぜひご覧ください。

2010年5月号◇巻頭言2 再婚の私がアメショーを飼ったワケ

なお、本大学では長年、月例で公開講座(大学セミナー)を開催し、トップセールスマンなどから営業の生きたノウハウと事例を学習する機会を提供しています。

公開講座(大学セミナー&社長スクール)のご案内はこちら。

人気ブログランキング ←応援、よろしく!(1日1クリック)

2010年6月公開講座

eigyojissenuniv at 08:00|Permalinkclip!

2010年06月07日

「営業とは暴走である」セミナー(再録)

◇和田創(事務局)
私が理事長を務める「NPO法人営業実践大学」では 第168回公開講座を行う。
実は、本大学は現在のスタイルでの運営を2011年3月に終了する。
ついては、2010年1月〜9月を過去の好評セミナーのアンコール企画とした。
長らくのご支援に対し、心より感謝する。

第6弾の案内文は以下のとおり。

就労形態の多様化などを背景に衰退の一途にあった朝礼が、再び脚光を浴びています。
モチベーションの向上やコミュニケーションの円滑化に有効という理由からですが、実際には“逆効果”になっていることも珍しくありません。
継続的な機会だからこそ、成果の上がるやり方を踏まえることが条件といえます。
人や組織の活性化に長らく取り組んできたゲストガ、試行錯誤の末に確立した朝礼のノウハウが“見える化”と“コーチング”の融合でした。
たった5分の積み重ねで人、現場、会社に劇的な変化をもたらす「アヅミ式朝礼」の実践方法とポイントを学びます。

概要は以下のとおり。

アヅミ式朝礼ハンドブック日 程◆2010年6月15日(火)
時 間◆午後7時40分〜9時20分(1時間40分)
会 場◆ジェイック(地下鉄神保町駅至近)
演 題◆やる気を高める 朝礼セミナー
副 題◆部門や拠点を活気づけ、会社を変えよう!
ゲスト◆安海将広(コミュニケーション道場「以心伝心」主宰)

講師略歴は以下のとおり。

1961年生まれ。損害保険・生命保険の代理店を経営しながら、プロのコーチとして活躍中。
やる気を継続させる仕組みとして独自の「アヅミ式朝礼」を開発し、多くの組織の活性化に貢献。
国際コーチ連盟マスター認定コーチ、(財)生涯学習開発財団認定マスターコーチとして講演や研修も多数。
著作に『アヅミ式朝礼ハンドブック』がある。

ゲストの安海将広氏は、朝礼の重要性を説き、その活性化に取り組んでいる、いわば朝礼コンサルタント。
昔は、とくに営業系の職場では朝礼が当たり前だった。それが年々すたれ、仮に行っているとしてもすっかり形骸化してしまった。
だが、正しく朝礼を行うなら、社員や部下の動機づけが可能になる。
それも効果は当日に留まらない。
粘り強い継続により部門や拠点、さらに会社全体の変革につながる。
今回は、氏の経営者とコンサルタントとしての経験を踏まえ、「アヅミ式朝礼」のエッセンスを披露していただく。

「売り上げが低迷して職場に元気がない…」。
そう感じる中堅・中小・零細企業の社長や役員、営業部・課長、営業マネジャー、営業所長などにぜひご参加いただきたい。

⇒詳しいパンフレット(案内状)はこちら。

私・和田創は前座として、「社長スクール」で講演を行う。
演題は、「[急所講演会] 営業とは暴走である」
時間は、午後6時50分〜7時20分(30分間)。

時間は30分と限られるが、私は剛速球を投げ込む。
成果を上げられない会社や部門、拠点にはびこる誤解は、「営業はうまくやらなければならない」である。
ゆえに、社員も部下も顧客から拒絶を食らう前に自分でブレーキを踏んでしまう。
営業は小難しい知識や技術、手法など持たなくても、「上」に会うだけで売り上げを伸ばせるというのに…。
今回は、営業の仕事の特性について理解を深めていただく。
それが営業の強化・再建に不可欠だからだ。

当日の受講料は一般4千円、会員2千円。
NPO法人なので、収益事業でなく社会貢献事業。
ぜひお気軽にご参加ください。
初めての方、営業未経験者、学生、大歓迎です。

なお、途中の20分間はフリータイム(名刺交換会&休憩)。
毎回、ゲストと参加者、参加者同士で大盛りあがり。
どうか名刺をお忘れなく。
お持ちでない方は、手書きなどでも結構。

では、会場でお目にかかりましょう。

公開型の「営業研修」としてもご利用ください。

Copyright (c)2010 by Sou Wada

人気ブログランキング ←応援、よろしく!(1日1クリック)

2010年6月公開講座

eigyojissenuniv at 08:00|Permalinkclip!

2010年06月03日

オーバースペックは戦略不在の結果

◇浅野都(事務局)
NPO法人営業実践大学では会報『月刊営業人(えいぎょうびと)』を発行しています。
このたび、本大学の理事長・和田創(わだ・そう)による「巻頭言」をホームページで公開することにしました。
ぜひご覧ください。

2010年5月号◇巻頭言1 オーバースペックは戦略不在の結果

なお、本大学では長年、月例で公開講座(大学セミナー)を開催し、トップセールスマンなどから営業の生きたノウハウと事例を学習する機会を提供しています。

公開講座(大学セミナー&社長スクール)のご案内はこちら。

人気ブログランキング ←応援、よろしく!(1日1クリック)

2010年6月公開講座

eigyojissenuniv at 08:00|Permalinkclip!

2010年06月01日

営業拠点のモチベーションアップ(再録)

◇和田創(事務局)
私が理事長を務める「NPO法人営業実践大学」では 第168回公開講座を行う。
実は、本大学は現在のスタイルでの運営を2011年3月に終了する。
ついては、2010年1月〜9月を過去の好評セミナーのアンコール企画とした。
長らくのご支援に対し、心より感謝する。

第6弾の案内文は以下のとおり。

就労形態の多様化などを背景に衰退の一途にあった朝礼が、再び脚光を浴びています。
モチベーションの向上やコミュニケーションの円滑化に有効という理由からですが、実際には“逆効果”になっていることも珍しくありません。
継続的な機会だからこそ、成果の上がるやり方を踏まえることが条件といえます。
人や組織の活性化に長らく取り組んできたゲストガ、試行錯誤の末に確立した朝礼のノウハウが“見える化”と“コーチング”の融合でした。
たった5分の積み重ねで人、現場、会社に劇的な変化をもたらす「アヅミ式朝礼」の実践方法とポイントを学びます。

概要は以下のとおり。

アヅミ式朝礼ハンドブック日 程◆2010年6月15日(火)
時 間◆午後7時40分〜9時20分(1時間40分)
会 場◆ジェイック(地下鉄神保町駅至近)
演 題◆やる気を高める 朝礼セミナー
副 題◆部門や拠点を活気づけ、会社を変えよう!
ゲスト◆安海将広(コミュニケーション道場「以心伝心」主宰)

講師略歴は以下のとおり。

1961年生まれ。損害保険・生命保険の代理店を経営しながら、プロのコーチとして活躍中。
やる気を継続させる仕組みとして独自の「アヅミ式朝礼」を開発し、多くの組織の活性化に貢献。
国際コーチ連盟マスター認定コーチ、(財)生涯学習開発財団認定マスターコーチとして講演や研修も多数。
著作に『アヅミ式朝礼ハンドブック』がある。

ゲストの安海将広氏は、朝礼の重要性を説き、その活性化に取り組んでいる、いわば朝礼コンサルタント。
昔は、とくに営業系の職場では朝礼が当たり前だった。それが年々すたれ、仮に行っているとしてもすっかり形骸化してしまった。
だが、正しく朝礼を行うなら、社員や部下の動機づけが可能になる。
それも効果は当日に留まらない。
粘り強い継続により部門や拠点、さらに会社全体の変革につながる。
今回は、氏の経営者とコンサルタントとしての経験を踏まえ、「アヅミ式朝礼」のエッセンスを披露していただく。

「売り上げが低迷して職場に元気がない…」。
そう感じる中堅・中小・零細企業の社長や役員、営業部・課長、営業マネジャー、営業所長などにぜひご参加いただきたい。

⇒詳しいパンフレット(案内状)はこちら。

私・和田創は前座として、「社長スクール」で講演を行う。
演題は、「[急所講演会] 営業とは暴走である」
時間は、午後6時50分〜7時20分(30分間)。

時間は30分と限られるが、私は剛速球を投げ込む。
成果を上げられない会社や部門、拠点にはびこる誤解は、「営業はうまくやらなければならない」である。
ゆえに、社員も部下も顧客から拒絶を食らう前に自分でブレーキを踏んでしまう。
営業は小難しい知識や技術、手法など持たなくても、「上」に会うだけで売り上げを伸ばせるというのに…。
今回は、営業の仕事の特性について理解を深めていただく。
それが営業の強化・再建に不可欠だからだ。

当日の受講料は一般4千円、会員2千円。
NPO法人なので、収益事業でなく社会貢献事業。
ぜひお気軽にご参加ください。
初めての方、営業未経験者、学生、大歓迎です。

なお、途中の20分間はフリータイム(名刺交換会&休憩)。
毎回、ゲストと参加者、参加者同士で大盛りあがり。
どうか名刺をお忘れなく。
お持ちでない方は、手書きなどでも結構。

では、会場でお目にかかりましょう。

公開型の「営業研修」としてもご利用ください。

Copyright (c)2010 by Sou Wada

人気ブログランキング ←応援、よろしく!(1日1クリック)

2010年6月公開講座

eigyojissenuniv at 08:00|Permalinkclip!

2010年05月31日

「2010NEW環境展」へ

◇浅野都(事務局)
東京ビッグサイトで開催された「2010NEW環境展」に行きました。
初めて降りた国際展示場駅の周りは静かで広々としており、歩いていて気持ちがよかったです。
こうした展示会に出かけるのは十数年ぶりです。
環境展のせいか、全体的におとなしい印象を受けました。
両手がふさがるぐらいの資料を渡されるものと覚悟していました。
ところが、見込客のみに配るとか、自由に取ってくださいという感じで、さほど荷物になりませんでした。
歩き疲れたとき、株式会社ヤマトの「マッサーウェルネス」という医療用マッサージのコーナーに誘われ、実際に製品を使ってみました。
首から足の先まで全身くまなくやってもらいましたが、見た目以上の優れもの!
揉み具合がなんとも心地よく、たちまちトリコになりました。
家電量販店では販売していないそうです。
展示会会場にかぎり、通常の半額で売っていました。
正直、欲しくなってしまいました。

人気ブログランキング ←応援、よろしく!(1日1クリック)

2010年6月公開講座

eigyojissenuniv at 08:00|Permalinkclip!

2010年05月26日

営業が変わる…アヅミ式朝礼セミナー

◇和田創(事務局)
私が理事長を務める「NPO法人営業実践大学」では 第168回公開講座を行う。
実は、本大学は現在のスタイルでの運営を2011年3月に終了する。
ついては、2010年1月〜9月を過去の好評セミナーのアンコール企画とした。
長らくのご支援に対し、心より感謝する。

第6弾の案内文は以下のとおり。

就労形態の多様化などを背景に衰退の一途にあった朝礼が、再び脚光を浴びています。
モチベーションの向上やコミュニケーションの円滑化に有効という理由からですが、実際には“逆効果”になっていることも珍しくありません。
継続的な機会だからこそ、成果の上がるやり方を踏まえることが条件といえます。
人や組織の活性化に長らく取り組んできたゲストガ、試行錯誤の末に確立した朝礼のノウハウが“見える化”と“コーチング”の融合でした。
たった5分の積み重ねで人、現場、会社に劇的な変化をもたらす「アヅミ式朝礼」の実践方法とポイントを学びます。

概要は以下のとおり。

アヅミ式朝礼ハンドブック日 程◆2010年6月15日(火)
時 間◆午後7時40分〜9時20分(1時間40分)
会 場◆ジェイック(地下鉄神保町駅至近)
演 題◆やる気を高める 朝礼セミナー
副 題◆部門や拠点を活気づけ、会社を変えよう!
ゲスト◆安海将広(コミュニケーション道場「以心伝心」主宰)

講師略歴は以下のとおり。

1961年生まれ。損害保険・生命保険の代理店を経営しながら、プロのコーチとして活躍中。
やる気を継続させる仕組みとして独自の「アヅミ式朝礼」を開発し、多くの組織の活性化に貢献。
国際コーチ連盟マスター認定コーチ、(財)生涯学習開発財団認定マスターコーチとして講演や研修も多数。
著作に『アヅミ式朝礼ハンドブック』がある。

ゲストの安海将広氏は、朝礼の重要性を説き、その活性化に取り組んでいる、いわば朝礼コンサルタント。
昔は、とくに営業系の職場では朝礼が当たり前だった。それが年々すたれ、仮に行っているとしてもすっかり形骸化してしまった。
だが、正しく朝礼を行うなら、社員や部下の動機づけが可能になる。
それも効果は当日に留まらない。
粘り強い継続により部門や拠点、さらに会社全体の変革につながる。
今回は、氏の経営者とコンサルタントとしての経験を踏まえ、「アヅミ式朝礼」のエッセンスを披露していただく。

「売り上げが低迷して職場に元気がない…」。
そう感じる中堅・中小・零細企業の社長や役員、営業部・課長、営業マネジャー、営業所長などにぜひご参加いただきたい。

⇒詳しいパンフレット(案内状)はこちら。

私・和田創は前座として、「社長スクール」で講演を行う。
演題は、「[急所講演会] 営業とは暴走である」
時間は、午後6時50分〜7時20分(30分間)。

時間は30分と限られるが、私は剛速球を投げ込む。
成果を上げられない会社や部門、拠点にはびこる誤解は、「営業はうまくやらなければならない」である。
ゆえに、社員も部下も顧客から拒絶を食らう前に自分でブレーキを踏んでしまう。
営業は小難しい知識や技術、手法など持たなくても、「上」に会うだけで売り上げを伸ばせるというのに…。
今回は、営業の仕事の特性について理解を深めていただく。
それが営業の強化・再建に不可欠だからだ。

当日の受講料は一般4千円、会員2千円。
NPO法人なので、収益事業でなく社会貢献事業。
ぜひお気軽にご参加ください。
初めての方、営業未経験者、学生、大歓迎です。

なお、途中の20分間はフリータイム(名刺交換会&休憩)。
毎回、ゲストと参加者、参加者同士で大盛りあがり。
どうか名刺をお忘れなく。
お持ちでない方は、手書きなどでも結構。

では、会場でお目にかかりましょう。

公開型の「営業研修」としてもご利用ください。

Copyright (c)2010 by Sou Wada

人気ブログランキング ←応援、よろしく!(1日1クリック)

2010年6月公開講座

eigyojissenuniv at 08:00|Permalinkclip!

2010年05月17日

絶大人気! 1回4千円の営業社員研修(再録)

◇和田創(事務局)
私が理事長を務める「NPO法人営業実践大学」では 第167回公開講座を行う。
実は、本大学は、現在のスタイルでの運営を2011年3月に終了する。
ついては、2010年1月〜9月を過去の好評セミナーのアンコール企画とした。
長らくのご支援に対し、心より感謝する。

第5弾の案内文は以下のとおり。

営業と顧客。上司と部下。社長と社員…。
私たちの仕事は、人とのコミュニケーションのうえに成り立っており、その良し悪しが成果を左右します。
コミュニケーション力=仕事力と言ってもよいでしょう。
しかし、あまりに日常的なスキルのため、真剣に考える機会が少ないのも事実です。
そこで今回は、上司と部下のコミュニケーションを例題に、即使えるコミュニケーションのツボを学ぶことにしました。
ゲストは、一昨年12月の「問題解決技法」で大好評だった古波倉正嗣氏です。
ケーススタディやワークショップ満載、頭脳フル回転の濃密講座です。

概要は以下のとおり。

日 程◆2010年5月18日(火)
時 間◆午後7時40分〜9時20分(1時間40分)
会 場◆ジェイック(地下鉄神保町駅至近)
演 題◆できる上司は部下を動かす!
副 題◆[即効講座]コミュニケーション力は仕事力
ゲスト◆古波倉正嗣(ヒューマンキャピタルイニシアティブ代表)

講師略歴は以下のとおり。

マーケティング会社などを経て、東京イングリッシュセンター入社。
マネージャーとして、異文化間のコミュニケーション問題の解決に従事。
97年に国際ディベート学会公認トレーナーの認定を取得。
現在は「組織と個人における思考力・コミュニケーション力の強化」をテーマに、企業・官公庁・自治体などで講演・指導に奔走。実績は多数。

詳しいパンフレット(案内状)はこちら。

私・和田創は前座として、「社長スクール」で講演を行う。
演題は、「顧客増加・売上向上 お任せツール!」
時間は、午後6時50分〜7時20分(30分間)。

今日、営業担当者は売れなくて困っている。
右肩下がりの経済、縮小市場に勢いがつく今後、さらに売れなくなる。
そこで、営業担当者はルーティンに甘んじることなく、新規顧客の開拓や既存顧客の深耕・拡大に挑まなくてならない。
しかし、精神的な負担が重いため、大方はブレーキを踏んでしまう。
社長や上司はそうした現実を嘆くだけでなく、社員や部下の営業活動を支援していくことが欠かせない。
彼らのストレスや恐怖心を和らげてやるのだ。
実は、従来の営業ツールを見直すなら、顧客増加も売上向上も叶えられる。
今回は商品が売れる名刺、仕事が取れる名刺について述べる。

当日の受講料は一般4千円、会員2千円。
NPO法人なので、収益事業でなく社会貢献事業。
ぜひお気軽にご参加ください。
初めての方、営業未経験者、学生、大歓迎です。

なお、途中の20分間はフリータイム(名刺交換会&休憩)。
毎回、ゲストと参加者、参加者同士で大盛りあがり。
どうか名刺をお忘れなく。
お持ちでない方は、手書きなどでも結構。

では、会場でお目にかかりましょう。

公開型の「営業研修」としてもご利用ください。

                      ◇◆◇

前回の公開講座について簡単に報告したい。

演題は、「営業発・全社改革の思想と感動実例」
201005-2ゲストは、大胆な営業変革と業務改革により共立メンテナンスを断トツのナンバーワン企業へ導いた立役者・横山博氏。
どん底からの再生のツボを紹介していただいた。

当日、会場は参加者が溢れんばかり。
NPO法人営業実践大学の公開講座としては珍しく大盛況となった。
ゲストと大勢の参加者に心より感謝したい。

201005-1実は、本大学を来年3月で閉鎖すると発表してから人気が出てきた。
どこだったか年中「閉店セール」をやっていた。
店主の気持ちがようやく分かった。
本大学は予定どおり“閉店”する。

伝説のリーダーが放った起死回生策。
私は横山博氏の同じセミナーを4回聞いたことになる。
今回も感動を覚えた。
なぜこれほど大胆な発想転換を図れたか、ただただ驚く
業績が大化けした。

人気ブログランキング ←応援、よろしく!(1日1クリック)

2010年5月公開講座

eigyojissenuniv at 08:00|Permalinkclip!

2010年05月16日

自分にご褒美を与える働き方

◇浅野都(事務局)
NPO法人営業実践大学では会報『月刊営業人(えいぎょうびと)』を発行しています。
このたび、本大学の理事長・和田創(わだ・そう)による「巻頭言」をホームページで公開することにしました。
ぜひご覧ください。

2010年4月号◇巻頭言3 自分にご褒美を与える働き方

生涯営業マンとして第8回なお、本大学では長年、月例で公開講座(大学セミナー)を開催し、トップセールスマンなどから営業の生きたノウハウと事例を学習する機会を提供しています。

公開講座(大学セミナー&社長スクール)のご案内はこちら。

人気ブログランキング ←応援、よろしく!(1日1クリック)

2010年5月公開講座

eigyojissenuniv at 08:00|Permalinkclip!

2010年05月14日

顧客増加・売上向上…名刺作成セミナー(再録)

◇和田創(事務局)
私が理事長を務める「NPO法人営業実践大学」では 第167回公開講座を行う。
実は、本大学は、現在のスタイルでの運営を2011年3月に終了する。
ついては、2010年1月〜9月を過去の好評セミナーのアンコール企画とした。
長らくのご支援に対し、心より感謝する。

第5弾の案内文は以下のとおり。

営業と顧客。上司と部下。社長と社員…。
私たちの仕事は、人とのコミュニケーションのうえに成り立っており、その良し悪しが成果を左右します。
コミュニケーション力=仕事力と言ってもよいでしょう。
しかし、あまりに日常的なスキルのため、真剣に考える機会が少ないのも事実です。
そこで今回は、上司と部下のコミュニケーションを例題に、即使えるコミュニケーションのツボを学ぶことにしました。
ゲストは、一昨年12月の「問題解決技法」で大好評だった古波倉正嗣氏です。
ケーススタディやワークショップ満載、頭脳フル回転の濃密講座です。

概要は以下のとおり。

日 程◆2010年5月18日(火)
時 間◆午後7時40分〜9時20分(1時間40分)
会 場◆ジェイック(地下鉄神保町駅至近)
演 題◆できる上司は部下を動かす!
副 題◆[即効講座]コミュニケーション力は仕事力
ゲスト◆古波倉正嗣(ヒューマンキャピタルイニシアティブ代表)

講師略歴は以下のとおり。

マーケティング会社などを経て、東京イングリッシュセンター入社。
マネージャーとして、異文化間のコミュニケーション問題の解決に従事。
97年に国際ディベート学会公認トレーナーの認定を取得。
現在は「組織と個人における思考力・コミュニケーション力の強化」をテーマに、企業・官公庁・自治体などで講演・指導に奔走。実績は多数。

詳しいパンフレット(案内状)はこちら。

私・和田創は前座として、「社長スクール」で講演を行う。
演題は、「顧客増加・売上向上 お任せツール!」
時間は、午後6時50分〜7時20分(30分間)。

今日、営業担当者は売れなくて困っている。
右肩下がりの経済、縮小市場に勢いがつく今後、さらに売れなくなる。
そこで、営業担当者はルーティンに甘んじることなく、新規顧客の開拓や既存顧客の深耕・拡大に挑まなくてならない。
しかし、精神的な負担が重いため、大方はブレーキを踏んでしまう。
社長や上司はそうした現実を嘆くだけでなく、社員や部下の営業活動を支援していくことが欠かせない。
彼らのストレスや恐怖心を和らげてやるのだ。
実は、従来の営業ツールを見直すなら、顧客増加も売上向上も叶えられる。
今回は商品が売れる名刺、仕事が取れる名刺について述べる。

当日の受講料は一般4千円、会員2千円。
NPO法人なので、収益事業でなく社会貢献事業。
ぜひお気軽にご参加ください。
初めての方、営業未経験者、学生、大歓迎です。

なお、途中の20分間はフリータイム(名刺交換会&休憩)。
毎回、ゲストと参加者、参加者同士で大盛りあがり。
どうか名刺をお忘れなく。
お持ちでない方は、手書きなどでも結構。

では、会場でお目にかかりましょう。

公開型の「営業研修」としてもご利用ください。

                      ◇◆◇

前回の公開講座について簡単に報告したい。

演題は、「営業発・全社改革の思想と感動実例」
201005-2ゲストは、大胆な営業変革と業務改革により共立メンテナンスを断トツのナンバーワン企業へ導いた立役者・横山博氏。
どん底からの再生のツボを紹介していただいた。

当日、会場は参加者が溢れんばかり。
NPO法人営業実践大学の公開講座としては珍しく大盛況となった。
ゲストと大勢の参加者に心より感謝したい。

201005-1実は、本大学を来年3月で閉鎖すると発表してから人気が出てきた。
どこだったか年中「閉店セール」をやっていた。
店主の気持ちがようやく分かった。
本大学は予定どおり“閉店”する。

伝説のリーダーが放った起死回生策。
私は横山博氏の同じセミナーを4回聞いたことになる。
今回も感動を覚えた。
なぜこれほど大胆な発想転換を図れたか、ただただ驚く
業績が大化けした。

人気ブログランキング ←応援、よろしく!(1日1クリック)

2010年5月公開講座

eigyojissenuniv at 08:00|Permalinkclip!

2010年05月12日

キリン&サントリー統合交渉決裂

◇浅野都(事務局)
NPO法人営業実践大学では会報『月刊営業人(えいぎょうびと)』を発行しています。
このたび、本大学の理事長・和田創(わだ・そう)による「巻頭言」をホームページで公開することにしました。
ぜひご覧ください。

2010年4月号◇巻頭言2 キリン&サントリー統合交渉決裂

生涯営業マンとして第8回なお、本大学では長年、月例で公開講座(大学セミナー)を開催し、トップセールスマンなどから営業の生きたノウハウと事例を学習する機会を提供しています。

公開講座(大学セミナー&社長スクール)のご案内はこちら。

人気ブログランキング ←応援、よろしく!(1日1クリック)

2010年5月公開講座

eigyojissenuniv at 08:00|Permalinkclip!

2010年05月10日

上司と部下のコミュニケーションのツボ(再録)

◇和田創(事務局)
私が理事長を務める「NPO法人営業実践大学」では 第167回公開講座を行う。
実は、本大学は、現在のスタイルでの運営を2011年3月に終了する。
ついては、2010年1月〜9月を過去の好評セミナーのアンコール企画とした。
長らくのご支援に対し、心より感謝する。

第5弾の案内文は以下のとおり。

営業と顧客。上司と部下。社長と社員…。
私たちの仕事は、人とのコミュニケーションのうえに成り立っており、その良し悪しが成果を左右します。
コミュニケーション力=仕事力と言ってもよいでしょう。
しかし、あまりに日常的なスキルのため、真剣に考える機会が少ないのも事実です。
そこで今回は、上司と部下のコミュニケーションを例題に、即使えるコミュニケーションのツボを学ぶことにしました。
ゲストは、一昨年12月の「問題解決技法」で大好評だった古波倉正嗣氏です。
ケーススタディやワークショップ満載、頭脳フル回転の濃密講座です。

概要は以下のとおり。

日 程◆2010年5月18日(火)
時 間◆午後7時40分〜9時20分(1時間40分)
会 場◆ジェイック(地下鉄神保町駅至近)
演 題◆できる上司は部下を動かす!
副 題◆[即効講座]コミュニケーション力は仕事力
ゲスト◆古波倉正嗣(ヒューマンキャピタルイニシアティブ代表)

講師略歴は以下のとおり。

マーケティング会社などを経て、東京イングリッシュセンター入社。
マネージャーとして、異文化間のコミュニケーション問題の解決に従事。
97年に国際ディベート学会公認トレーナーの認定を取得。
現在は「組織と個人における思考力・コミュニケーション力の強化」をテーマに、企業・官公庁・自治体などで講演・指導に奔走。実績は多数。

詳しいパンフレット(案内状)はこちら。

私・和田創は前座として、「社長スクール」で講演を行う。
演題は、「顧客増加・売上向上 お任せツール!」
時間は、午後6時50分〜7時20分(30分間)。

今日、営業担当者は売れなくて困っている。
右肩下がりの経済、縮小市場に勢いがつく今後、さらに売れなくなる。
そこで、営業担当者はルーティンに甘んじることなく、新規顧客の開拓や既存顧客の深耕・拡大に挑まなくてならない。
しかし、精神的な負担が重いため、大方はブレーキを踏んでしまう。
社長や上司はそうした現実を嘆くだけでなく、社員や部下の営業活動を支援していくことが欠かせない。
彼らのストレスや恐怖心を和らげてやるのだ。
実は、従来の営業ツールを見直すなら、顧客増加も売上向上も叶えられる。
今回は商品が売れる名刺、仕事が取れる名刺について述べる。

当日の受講料は一般4千円、会員2千円。
NPO法人なので、収益事業でなく社会貢献事業。
ぜひお気軽にご参加ください。
初めての方、営業未経験者、学生、大歓迎です。

なお、途中の20分間はフリータイム(名刺交換会&休憩)。
毎回、ゲストと参加者、参加者同士で大盛りあがり。
どうか名刺をお忘れなく。
お持ちでない方は、手書きなどでも結構。

では、会場でお目にかかりましょう。

公開型の「営業研修」としてもご利用ください。

                      ◇◆◇

前回の公開講座について簡単に報告したい。

演題は、「営業発・全社改革の思想と感動実例」
201005-2ゲストは、大胆な営業変革と業務改革により共立メンテナンスを断トツのナンバーワン企業へ導いた立役者・横山博氏。
どん底からの再生のツボを紹介していただいた。

当日、会場は参加者が溢れんばかり。
NPO法人営業実践大学の公開講座としては珍しく大盛況となった。
ゲストと大勢の参加者に心より感謝したい。

201005-1実は、本大学を来年3月で閉鎖すると発表してから人気が出てきた。
どこだったか年中「閉店セール」をやっていた。
店主の気持ちがようやく分かった。
本大学は予定どおり“閉店”する。

伝説のリーダーが放った起死回生策。
私は横山博氏の同じセミナーを4回聞いたことになる。
今回も感動を覚えた。
なぜこれほど大胆な発想転換を図れたか、ただただ驚く
業績が大化けした。

人気ブログランキング ←応援、よろしく!(1日1クリック)

2010年5月公開講座

eigyojissenuniv at 08:00|Permalinkclip!

2010年05月08日

丸の内トラストタワー本館へ

◇浅野都(事務局)
NPO法人営業実践大学では会報『月刊営業人(えいぎょうびと)』を発行しています。
このたび、本大学の理事長・和田創(わだ・そう)による「巻頭言」をホームページで公開することにしました。
ぜひご覧ください。

2010年4月号◇巻頭言1 丸の内トラストタワー本館へ

生涯営業マンとして第8回なお、本大学では長年、月例で公開講座(大学セミナー)を開催し、トップセールスマンなどから営業の生きたノウハウと事例を学習する機会を提供しています。

公開講座(大学セミナー&社長スクール)のご案内はこちら。

人気ブログランキング ←応援、よろしく!(1日1クリック)

2010年5月公開講座

eigyojissenuniv at 07:55|Permalinkclip!

2010年05月04日

[公開講座]できる上司は部下を動かす

◇和田創(事務局)
私が理事長を務める「NPO法人営業実践大学」では 第167回公開講座を行う。
実は、本大学は、現在のスタイルでの運営を2011年3月に終了する。
ついては、2010年1月〜9月を過去の好評セミナーのアンコール企画とした。
長らくのご支援に対し、心より感謝する。

第5弾の案内文は以下のとおり。

営業と顧客。上司と部下。社長と社員…。
私たちの仕事は、人とのコミュニケーションのうえに成り立っており、その良し悪しが成果を左右します。
コミュニケーション力=仕事力と言ってもよいでしょう。
しかし、あまりに日常的なスキルのため、真剣に考える機会が少ないのも事実です。
そこで今回は、上司と部下のコミュニケーションを例題に、即使えるコミュニケーションのツボを学ぶことにしました。
ゲストは、一昨年12月の「問題解決技法」で大好評だった古波倉正嗣氏です。
ケーススタディやワークショップ満載、頭脳フル回転の濃密講座です。

概要は以下のとおり。

日 程◆2010年5月18日(火)
時 間◆午後7時40分〜9時20分(1時間40分)
会 場◆ジェイック(地下鉄神保町駅至近)
演 題◆できる上司は部下を動かす!
副 題◆[即効講座]コミュニケーション力は仕事力
ゲスト◆古波倉正嗣(ヒューマンキャピタルイニシアティブ代表)

講師略歴は以下のとおり。

マーケティング会社などを経て、東京イングリッシュセンター入社。
マネージャーとして、異文化間のコミュニケーション問題の解決に従事。
97年に国際ディベート学会公認トレーナーの認定を取得。
現在は「組織と個人における思考力・コミュニケーション力の強化」をテーマに、企業・官公庁・自治体などで講演・指導に奔走。実績は多数。

詳しいパンフレット(案内状)はこちら。

私・和田創は前座として、「社長スクール」で講演を行う。
演題は、「顧客増加・売上向上 お任せツール!」
時間は、午後6時50分〜7時20分(30分間)。

今日、営業担当者は売れなくて困っている。
右肩下がりの経済、縮小市場に勢いがつく今後、さらに売れなくなる。
そこで、営業担当者はルーティンに甘んじることなく、新規顧客の開拓や既存顧客の深耕・拡大に挑まなくてならない。
しかし、精神的な負担が重いため、大方はブレーキを踏んでしまう。
社長や上司はそうした現実を嘆くだけでなく、社員や部下の営業活動を支援していくことが欠かせない。
彼らのストレスや恐怖心を和らげてやるのだ。
実は、従来の営業ツールを見直すなら、顧客増加も売上向上も叶えられる。
今回は商品が売れる名刺、仕事が取れる名刺について述べる。

当日の受講料は一般4千円、会員2千円。
NPO法人なので、収益事業でなく社会貢献事業。
ぜひお気軽にご参加ください。
初めての方、営業未経験者、学生、大歓迎です。

なお、途中の20分間はフリータイム(名刺交換会&休憩)。
毎回、ゲストと参加者、参加者同士で大盛りあがり。
どうか名刺をお忘れなく。
お持ちでない方は、手書きなどでも結構。

では、会場でお目にかかりましょう。

公開型の「営業研修」としてもご利用ください。

                      ◇◆◇

前回の公開講座について簡単に報告したい。

演題は、「営業発・全社改革の思想と感動実例」
201005-2ゲストは、大胆な営業変革と業務改革により共立メンテナンスを断トツのナンバーワン企業へ導いた立役者・横山博氏。
どん底からの再生のツボを紹介していただいた。

当日、会場は参加者が溢れんばかり。
NPO法人営業実践大学の公開講座としては珍しく大盛況となった。
ゲストと大勢の参加者に心より感謝したい。

201005-1実は、本大学を来年3月で閉鎖すると発表してから人気が出てきた。
どこだったか年中「閉店セール」をやっていた。
店主の気持ちがようやく分かった。
本大学は予定どおり“閉店”する。

伝説のリーダーが放った起死回生策。
私は横山博氏の同じセミナーを4回聞いたことになる。
今回も感動を覚えた。
なぜこれほど大胆な発想転換を図れたか、ただただ驚く
業績が大化けした。

人気ブログランキング ←応援、よろしく!(1日1クリック)

2010年5月公開講座

eigyojissenuniv at 08:00|Permalinkclip!

2010年04月08日

大評判、1名4千円の公開型営業研修(再録)

◇和田創(理事長)
私が理事長を務める「NPO法人営業実践大学」では 第166回公開講座を行う。
実は、本大学は、現在のスタイルでの運営を2011年3月に終了する。
ついては、2010年1月〜9月を過去の好評セミナーのアンコール企画とした。
長らくのご支援に対し、心より感謝する。

はっきり言う。
今回は圧巻だ!
第4弾の案内文は以下のとおり。

共立メンテナンスは社員寮のサブリースで断トツの1位企業です。
しかし、バブル崩壊後に解約が相次ぎ、経営危機に陥ったことがあります。
ゲストは当時、仙台の拠点長として地域の特性を生かした物件開発と営業を展開し、売り上げを8倍に拡大。
さらに東京本社では社員寮事業の抜本的改革を行い、2007年に稼働率99.9%を達成しました。
まずは逆転発想の営業を導入し、業績を大化けさせました。
次いで業務改革へ飛び火させ、顧客先と入居者が満足する寮運営という、同社最大の強みをつくりあげたのです。
今回は営業変革を通じた企業再生の成功事例を学びます。

概要は以下のとおり。

日 程◆2010年4月13日(火)
時 間◆午後7時40分〜9時20分(1時間40分)
会 場◆ジェイック(地下鉄神保町駅至近)
演 題◆営業発・全社改革の思想と感動実例
副 題◆伝説のリーダーがどん底で放った起死回生策!
ゲスト◆横山博(株式会社ビルネット代表取締役社長)

講師略歴は以下のとおり。

証券会社などを経て1992年、共立メンテナンスに入社。
バブル後の危機のさなか「仮説提案営業」を基軸とした営業変革を推進し、業績のV字回復を実現する。
1999年、事業部長に就任。将来を見据えた業務改革に着手し、ビジネスモデルを確立する。
2007年よりグループ企業ビルネット副社長、2009年より社長に就任し、経営改革を指揮する。

ゲストの横山博氏は、共立メンテナンスの今日の隆盛をもたらした立役者だ。
実を言うと、私はこの講演(セミナー)をすでに3回聞いている。
そして、その都度、鳥肌が立つほどの感動を覚える。
どうにもならないどん底で、人がなぜこれほど大胆な発想転換を図れたか、ただただ驚く
会社は見事蘇った。

私は「営業発・全社改革」一筋の経営コンサルタントとして業種や規模を問わず、多くの企業に伺ってきた。
そこで、生き残りをかけたなりふり構わぬ取り組みを見聞きした。

経営トップや営業リーダーが、商品を買ってくれというアプローチを禁じた事例は少なくない。
これは営業社員の「意識改革」だ。
たいていは業績が大きく伸びている。

しかし、横山博氏はそれに加え、買い手に会うなと命じた。
買い手に会うと、商品を買ってくれと言いたくなるからだ。
これは営業社員の「行動改革」だ。
業績が大化けした。

私は、経営トップや営業リーダーが「意識改革」と「行動改革」を同時に断行した事例を過去に2例しか知らない。

横山博氏は、このセミナーのなかで「仮説提案営業」についても具体的に説明してくれる。

私は、経営層や営業幹部に限らず大勢の営業関係者に、横山博氏の営業変革・経営再生の実例を聞いてほしい。
自社や自分がなぜ売り上げ低迷に苦しまなくてならないか、その理由がいやというほど実感できよう。
腑に落ちるセミナーだ。

異業種交流勉強会の時代を含めてNPO法人営業実践大学の歴史上、私はもっとも深い感銘を受けた。
また、私が行ってきた営業指導・営業教育の正しさを再確認でき、一層の自信につながった。

私は、横山博氏の東北訛りの残る純朴な語り口に触れたくなった。
癖になる・・・。

2010年度のスタートは、営業実践大学会員からの猛烈アンコールセミナー!
⇒詳しいパンフレット(案内状)はこちら。

私・和田創は前座として、「社長スクール」で講演を行う。
演題は、「モノ売り営業脱却はこうしなさい!」
時間は、午後6時50分〜7時20分(30分間)。

世の中に「モノ売り営業」からの脱却を掲げる企業は少なくない。
だが、現実にはうまくいっていない。
その原因は、がっかりするほどシンプルだ。
経営層や営業幹部、そして現場の営業パーソンの致命的な誤解にある。
時間は30分と限られるが、私は例により偉そうに指摘する。
剛速球!
目からウロコ、のはず。
前回(3月)の「営業生産性セミナー」もそうした評価をいただいた。

当日の受講料は一般4千円、会員2千円。
NPO法人なので、収益事業でなく社会貢献事業。
ぜひお気軽にご参加ください。
初めての方、営業未経験者、学生、大歓迎です。

なお、途中の20分間はフリータイム(名刺交換会&休憩)。
毎回、ゲストと参加者、参加者同士で大盛りあがり。
どうか名刺をお忘れなく。
お持ちでない方は、手書きなどでも結構。

では、会場でお目にかかりましょう。

公開型の「新年度営業研修」としてもご利用ください。

Copyright (c)2010 by Sou Wada

人気ブログランキング ←応援、よろしく!(1日1クリック)

2010年4月公開講座

eigyojissenuniv at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年04月06日

特養職員の認知症介護に感謝

◇浅野都(事務局)
NPO法人営業実践大学では会報『月刊営業人(えいぎょうびと)』を発行しています。
このたび、本大学の理事長・和田創(わだ・そう)による「巻頭言」をホームページで公開することにしました。
ぜひご覧ください。

2010年3月号◇巻頭言3 特養職員の認知症介護に感謝

生涯営業マンとして第7回なお、本大学では長年、月例で公開講座(大学セミナー)を開催し、トップセールスマンなどから営業の生きたノウハウと事例を学習する機会を提供しています。

公開講座(大学セミナー&社長スクール)のご案内はこちら。

人気ブログランキング ←応援、よろしく!(1日1クリック)

2010年4月公開講座

eigyojissenuniv at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年04月02日

営業管理者、部下指導の心得セミナー(再録)

◇和田創(理事長)
私が理事長を務める「NPO法人営業実践大学」では 第166回公開講座を行う。
実は、本大学は、現在のスタイルでの運営を2011年3月に終了する。
ついては、2010年1月〜9月を過去の好評セミナーのアンコール企画とした。
長らくのご支援に対し、心より感謝する。

はっきり言う。
今回は圧巻だ!
第4弾の案内文は以下のとおり。

共立メンテナンスは社員寮のサブリースで断トツの1位企業です。
しかし、バブル崩壊後に解約が相次ぎ、経営危機に陥ったことがあります。
ゲストは当時、仙台の拠点長として地域の特性を生かした物件開発と営業を展開し、売り上げを8倍に拡大。
さらに東京本社では社員寮事業の抜本的改革を行い、2007年に稼働率99.9%を達成しました。
まずは逆転発想の営業を導入し、業績を大化けさせました。
次いで業務改革へ飛び火させ、顧客先と入居者が満足する寮運営という、同社最大の強みをつくりあげたのです。
今回は営業変革を通じた企業再生の成功事例を学びます。

概要は以下のとおり。

日 程◆2010年4月13日(火)
時 間◆午後7時40分〜9時20分(1時間40分)
会 場◆ジェイック(地下鉄神保町駅至近)
演 題◆営業発・全社改革の思想と感動実例
副 題◆伝説のリーダーがどん底で放った起死回生策!
ゲスト◆横山博(株式会社ビルネット代表取締役社長)

講師略歴は以下のとおり。

証券会社などを経て1992年、共立メンテナンスに入社。
バブル後の危機のさなか「仮説提案営業」を基軸とした営業変革を推進し、業績のV字回復を実現する。
1999年、事業部長に就任。将来を見据えた業務改革に着手し、ビジネスモデルを確立する。
2007年よりグループ企業ビルネット副社長、2009年より社長に就任し、経営改革を指揮する。

ゲストの横山博氏は、共立メンテナンスの今日の隆盛をもたらした立役者だ。
実を言うと、私はこの講演(セミナー)をすでに3回聞いている。
そして、その都度、鳥肌が立つほどの感動を覚える。
どうにもならないどん底で、人がなぜこれほど大胆な発想転換を図れたか、ただただ驚く
会社は見事蘇った。

私は「営業発・全社改革」一筋の経営コンサルタントとして業種や規模を問わず、多くの企業に伺ってきた。
そこで、生き残りをかけたなりふり構わぬ取り組みを見聞きした。

経営トップや営業リーダーが、商品を買ってくれというアプローチを禁じた事例は少なくない。
これは営業社員の「意識改革」だ。
たいていは業績が大きく伸びている。

しかし、横山博氏はそれに加え、買い手に会うなと命じた。
買い手に会うと、商品を買ってくれと言いたくなるからだ。
これは営業社員の「行動改革」だ。
業績が大化けした。

私は、経営トップや営業リーダーが「意識改革」と「行動改革」を同時に断行した事例を過去に2例しか知らない。

横山博氏は、このセミナーのなかで「仮説提案営業」についても具体的に説明してくれる。

私は、経営層や営業幹部に限らず大勢の営業関係者に、横山博氏の営業変革・経営再生の実例を聞いてほしい。
自社や自分がなぜ売り上げ低迷に苦しまなくてならないか、その理由がいやというほど実感できよう。
腑に落ちるセミナーだ。

異業種交流勉強会の時代を含めてNPO法人営業実践大学の歴史上、私はもっとも深い感銘を受けた。
また、私が行ってきた営業指導・営業教育の正しさを再確認でき、一層の自信につながった。

私は、横山博氏の東北訛りの残る純朴な語り口に触れたくなった。
癖になる・・・。

2010年度のスタートは、営業実践大学会員からの猛烈アンコールセミナー!
⇒詳しいパンフレット(案内状)はこちら。

私・和田創は前座として、「社長スクール」で講演を行う。
演題は、「モノ売り営業脱却はこうしなさい!」
時間は、午後6時50分〜7時20分(30分間)。

世の中に「モノ売り営業」からの脱却を掲げる企業は少なくない。
だが、現実にはうまくいっていない。
その原因は、がっかりするほどシンプルだ。
経営層や営業幹部、そして現場の営業パーソンの致命的な誤解にある。
時間は30分と限られるが、私は例により偉そうに指摘する。
剛速球!
目からウロコ、のはず。
前回(3月)の「営業生産性セミナー」もそうした評価をいただいた。

当日の受講料は一般4千円、会員2千円。
NPO法人なので、収益事業でなく社会貢献事業。
ぜひお気軽にご参加ください。
初めての方、営業未経験者、学生、大歓迎です。

なお、途中の20分間はフリータイム(名刺交換会&休憩)。
毎回、ゲストと参加者、参加者同士で大盛りあがり。
どうか名刺をお忘れなく。
お持ちでない方は、手書きなどでも結構。

では、会場でお目にかかりましょう。

公開型の「新年度営業研修」としてもご利用ください。

Copyright (c)2010 by Sou Wada

人気ブログランキング ←応援、よろしく!(1日1クリック)

2010年4月公開講座

eigyojissenuniv at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年03月30日

落ち目の人生、じり貧の経営

◇浅野都(事務局)
NPO法人営業実践大学では会報『月刊営業人(えいぎょうびと)』を発行しています。
このたび、本大学の理事長・和田創(わだ・そう)による「巻頭言」をホームページで公開することにしました。
ぜひご覧ください。

2010年3月号◇巻頭言2 落ち目の人生、じり貧の経営

なお、本大学では長年、月例で公開講座(大学セミナー)を開催し、トップセールスマンなどから営業の生きたノウハウと事例を学習する機会を提供しています。

公開講座(大学セミナー&社長スクール)のご案内はこちら。

人気ブログランキング ←応援、よろしく!(1日1クリック)

2010年4月公開講座

eigyojissenuniv at 08:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年03月26日

収益改善、営業の新潮流セミナーが人気(再録)

◇和田創(理事長)
私が理事長を務める「NPO法人営業実践大学」では 第166回公開講座を行う。
実は、本大学は、現在のスタイルでの運営を2011年3月に終了する。
ついては、2010年1月〜9月を過去の好評セミナーのアンコール企画とした。
長らくのご支援に対し、心より感謝する。

はっきり言う。
今回は圧巻だ!
第4弾の案内文は以下のとおり。

共立メンテナンスは社員寮のサブリースで断トツの1位企業です。
しかし、バブル崩壊後に解約が相次ぎ、経営危機に陥ったことがあります。
ゲストは当時、仙台の拠点長として地域の特性を生かした物件開発と営業を展開し、売り上げを8倍に拡大。
さらに東京本社では社員寮事業の抜本的改革を行い、2007年に稼働率99.9%を達成しました。
まずは逆転発想の営業を導入し、業績を大化けさせました。
次いで業務改革へ飛び火させ、顧客先と入居者が満足する寮運営という、同社最大の強みをつくりあげたのです。
今回は営業変革を通じた企業再生の成功事例を学びます。

概要は以下のとおり。

日 程◆2010年4月13日(火)
時 間◆午後7時40分〜9時20分(1時間40分)
会 場◆ジェイック(地下鉄神保町駅至近)
演 題◆営業発・全社改革の思想と感動実例
副 題◆伝説のリーダーがどん底で放った起死回生策!
ゲスト◆横山博(株式会社ビルネット代表取締役社長)

講師略歴は以下のとおり。

証券会社などを経て1992年、共立メンテナンスに入社。
バブル後の危機のさなか「仮説提案営業」を基軸とした営業変革を推進し、業績のV字回復を実現する。
1999年、事業部長に就任。将来を見据えた業務改革に着手し、ビジネスモデルを確立する。
2007年よりグループ企業ビルネット副社長、2009年より社長に就任し、経営改革を指揮する。

ゲストの横山博氏は、共立メンテナンスの今日の隆盛をもたらした立役者だ。
実を言うと、私はこの講演(セミナー)をすでに3回聞いている。
そして、その都度、鳥肌が立つほどの感動を覚える。
どうにもならないどん底で、人がなぜこれほど大胆な発想転換を図れたか、ただただ驚く
会社は見事蘇った。

私は「営業発・全社改革」一筋の経営コンサルタントとして業種や規模を問わず、多くの企業に伺ってきた。
そこで、生き残りをかけたなりふり構わぬ取り組みを見聞きした。

経営トップや営業リーダーが、商品を買ってくれというアプローチを禁じた事例は少なくない。
これは営業社員の「意識改革」だ。
たいていは業績が大きく伸びている。

しかし、横山博氏はそれに加え、買い手に会うなと命じた。
買い手に会うと、商品を買ってくれと言いたくなるからだ。
これは営業社員の「行動改革」だ。
業績が大化けした。

私は、経営トップや営業リーダーが「意識改革」と「行動改革」を同時に断行した事例を過去に2例しか知らない。

横山博氏は、このセミナーのなかで「仮説提案営業」についても具体的に説明してくれる。

私は、経営層や営業幹部に限らず大勢の営業関係者に、横山博氏の営業変革・経営再生の実例を聞いてほしい。
自社や自分がなぜ売り上げ低迷に苦しまなくてならないか、その理由がいやというほど実感できよう。
腑に落ちるセミナーだ。

異業種交流勉強会の時代を含めてNPO法人営業実践大学の歴史上、私はもっとも深い感銘を受けた。
また、私が行ってきた営業指導・営業教育の正しさを再確認でき、一層の自信につながった。

私は、横山博氏の東北訛りの残る純朴な語り口に触れたくなった。
癖になる・・・。

2010年度のスタートは、営業実践大学会員からの猛烈アンコールセミナー!
⇒詳しいパンフレット(案内状)はこちら。

私・和田創は前座として、「社長スクール」で講演を行う。
演題は、「モノ売り営業脱却はこうしなさい!」
時間は、午後6時50分〜7時20分(30分間)。

世の中に「モノ売り営業」からの脱却を掲げる企業は少なくない。
だが、現実にはうまくいっていない。
その原因は、がっかりするほどシンプルだ。
経営層や営業幹部、そして現場の営業パーソンの致命的な誤解にある。
時間は30分と限られるが、私は例により偉そうに指摘する。
剛速球!
目からウロコ、のはず。
前回(3月)の「営業生産性セミナー」もそうした評価をいただいた。

当日の受講料は一般4千円、会員2千円。
NPO法人なので、収益事業でなく社会貢献事業。
ぜひお気軽にご参加ください。
初めての方、営業未経験者、学生、大歓迎です。

なお、途中の20分間はフリータイム(名刺交換会&休憩)。
毎回、ゲストと参加者、参加者同士で大盛りあがり。
どうか名刺をお忘れなく。
お持ちでない方は、手書きなどでも結構。

では、会場でお目にかかりましょう。

公開型の「新年度営業研修」としてもご利用ください。

Copyright (c)2010 by Sou Wada

人気ブログランキング ←応援、よろしく!(1日1クリック)

2010年4月公開講座

eigyojissenuniv at 11:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年03月24日

2010年経営課題…営業生産性向上

◇浅野都(事務局)
NPO法人営業実践大学では会報『月刊営業人(えいぎょうびと)』を発行しています。
このたび、本大学の理事長・和田創(わだ・そう)による「巻頭言」をホームページで公開することにしました。
ぜひご覧ください。

2010年3月号◇巻頭言1 2010年経営課題…営業生産性向上

なお、本大学では長年、月例で公開講座(大学セミナー)を開催し、トップセールスマンなどから営業の生きたノウハウと事例を学習する機会を提供しています。

公開講座(大学セミナー&社長スクール)のご案内はこちら。

人気ブログランキング ←応援、よろしく!(1日1クリック)

2010年4月公開講座

eigyojissenuniv at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年03月19日

モノ売り営業から抜け出せ…新年度公開研修

◇和田創(理事長)
私が理事長を務める「NPO法人営業実践大学」では 第166回公開講座を行う。
実は、本大学は、現在のスタイルでの運営を2011年3月に終了する。
ついては、2010年1月〜9月を過去の好評セミナーのアンコール企画とした。
長らくのご支援に対し、心より感謝する。

はっきり言う。
今回は圧巻だ!
第4弾の案内文は以下のとおり。

共立メンテナンスは社員寮のサブリースで断トツの1位企業です。
しかし、バブル崩壊後に解約が相次ぎ、経営危機に陥ったことがあります。
ゲストは当時、仙台の拠点長として地域の特性を生かした物件開発と営業を展開し、売り上げを8倍に拡大。
さらに東京本社では社員寮事業の抜本的改革を行い、2007年に稼働率99.9%を達成しました。
まずは逆転発想の営業を導入し、業績を大化けさせました。
次いで業務改革へ飛び火させ、顧客先と入居者が満足する寮運営という、同社最大の強みをつくりあげたのです。
今回は営業変革を通じた企業再生の成功事例を学びます。

概要は以下のとおり。

日 程◆2010年4月13日(火)
時 間◆午後7時40分〜9時20分(1時間40分)
会 場◆ジェイック(地下鉄神保町駅至近)
演 題◆営業発・全社改革の思想と感動実例
副 題◆伝説のリーダーがどん底で放った起死回生策!
ゲスト◆横山博(株式会社ビルネット代表取締役社長)

講師略歴は以下のとおり。

証券会社などを経て1992年、共立メンテナンスに入社。
バブル後の危機のさなか「仮説提案営業」を基軸とした営業変革を推進し、業績のV字回復を実現する。
1999年、事業部長に就任。将来を見据えた業務改革に着手し、ビジネスモデルを確立する。
2007年よりグループ企業ビルネット副社長、2009年より社長に就任し、経営改革を指揮する。

ゲストの横山博氏は、共立メンテナンスの今日の隆盛をもたらした立役者だ。
実を言うと、私はこの講演(セミナー)をすでに3回聞いている。
そして、その都度、鳥肌が立つほどの感動を覚える。
どうにもならないどん底で、人がなぜこれほど大胆な発想転換を図れたか、ただただ驚く
会社は見事蘇った。

私は「営業発・全社改革」一筋の経営コンサルタントとして業種や規模を問わず、多くの企業に伺ってきた。
そこで、生き残りをかけたなりふり構わぬ取り組みを見聞きした。

経営トップや営業リーダーが、商品を買ってくれというアプローチを禁じた事例は少なくない。
これは営業社員の「意識改革」だ。
たいていは業績が大きく伸びている。

しかし、横山博氏はそれに加え、買い手に会うなと命じた。
買い手に会うと、商品を買ってくれと言いたくなるからだ。
これは営業社員の「行動改革」だ。
業績が大化けした。

私は、経営トップや営業リーダーが「意識改革」と「行動改革」を同時に断行した事例を過去に2例しか知らない。

横山博氏は、このセミナーのなかで「仮説提案営業」についても具体的に説明してくれる。

私は、経営層や営業幹部に限らず大勢の営業関係者に、横山博氏の営業変革・経営再生の実例を聞いてほしい。
自社や自分がなぜ売り上げ低迷に苦しまなくてならないか、その理由がいやというほど実感できよう。
腑に落ちるセミナーだ。

異業種交流勉強会の時代を含めてNPO法人営業実践大学の歴史上、私はもっとも深い感銘を受けた。
また、私が行ってきた営業指導・営業教育の正しさを再確認でき、一層の自信につながった。

私は、横山博氏の東北訛りの残る純朴な語り口に触れたくなった。
癖になる・・・。

2010年度のスタートは、営業実践大学会員からの猛烈アンコールセミナー!
⇒詳しいパンフレット(案内状)はこちら。

私・和田創は前座として、「社長スクール」で講演を行う。
演題は、「モノ売り営業脱却はこうしなさい!」
時間は、午後6時50分〜7時20分(30分間)。

世の中に「モノ売り営業」からの脱却を掲げる企業は少なくない。
だが、現実にはうまくいっていない。
その原因は、がっかりするほどシンプルだ。
経営層や営業幹部、そして現場の営業パーソンの致命的な誤解にある。
時間は30分と限られるが、私は例により偉そうに指摘する。
剛速球!
目からウロコ、のはず。
前回(3月)の「営業生産性セミナー」もそうした評価をいただいた。

当日の受講料は一般4千円、会員2千円。
NPO法人なので、収益事業でなく社会貢献事業。
ぜひお気軽にご参加ください。
初めての方、営業未経験者、学生、大歓迎です。

なお、途中の20分間はフリータイム(名刺交換会&休憩)。
毎回、ゲストと参加者、参加者同士で大盛りあがり。
どうか名刺をお忘れなく。
お持ちでない方は、手書きなどでも結構。

では、会場でお目にかかりましょう。

公開型の「新年度営業研修」としてもご利用ください。

Copyright (c)2010 by Sou Wada

人気ブログランキング ←応援、よろしく!(1日1クリック)

2010年4月公開講座

eigyojissenuniv at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年03月08日

営業発・全社改革の思想(研修教材)

◇浅野都(事務局)
NPO法人営業実践大学では会報『月刊営業人(えいぎょうびと)』を発行しています。
このたび、本大学の理事長・和田創(わだ・そう)による「巻頭言」をホームページで公開することにしました。
ぜひご覧ください。

2010年2月号◇巻頭言3 営業発・全社改革の思想(研修教材)

なお、本大学では長年、月例で公開講座(大学セミナー)を開催し、トップセールスマンなどから営業の生きたノウハウと事例を学習する機会を提供しています。

公開講座(大学セミナー&社長スクール)のご案内はこちら。

人気ブログランキング ←応援、よろしく!(1日1クリック)

2010年3月公開講座

eigyojissenuniv at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年03月07日

御社の名刺を働き者に変えよう!(再録)

◇和田創(事務局)
私が理事長を務める「NPO法人営業実践大学」では 第165回公開講座を行います。
実は、本大学は、現在のスタイルでの運営を2011年3月に終了します。
ついては、2010年1月〜9月を過去の好評セミナーのアンコール企画としました。
長らくのご支援に対し、心より感謝します。
第3弾の案内文は以下のとおり。

福ちゃん名刺2名刺だけで仕事を取る…。
そんな離れ業ができるとは信じられませんが、当たり前のように実践している営業の達人が見つかりました。
ゲストの福田剛大氏です。
HP作成を本業としているにもかかわらず、「名刺だけで仕事が取れることを証明する」とウェブでは営業を行いません。
氏は、初対面の相手に対するセールストークをAIDMAの法則(注意⇒関心⇒欲求⇒記憶⇒行動)に従い、名刺という営業ツールに定着させました。
今回は、初対面の話法のポイントと名刺への落とし込み方について学びます。
成績向上、間違いなし!
きわめて即効性の高い具体的な内容です。

概要は以下のとおり。

日 程◆2010年3月9日(火)
時 間◆午後7時40分〜9時20分(1時間40分)
会 場◆ジェイック(地下鉄神保町駅至近)
演 題◆名刺だけで仕事を取る秘訣とは!?
副 題◆自分と顧客の緊張をほぐし、商談を円滑にまとめる
ゲスト◆福田剛大氏(瞬間★ブランドツールクリエイター)

公開講座20071205-01氏は、1968年生まれ。
広告代理店などでマーケティング業務を担当。 100社以上の販促ツールを手がけました。
数年前、人と会話ができない状態に陥り、その経験を踏まえて自分から話さず、相手から話させる営業方法を確立しました。
現在は「話下手でも初対面で仕事が取れる名刺づくり」をテーマにセミナー、コンサルティングなどで幅広く活躍しています。

福ちゃん名刺1当日は、〔昌匹郎能蕕留超肇帖璽襦↓∀嘆室蠅任睫昌匹馬辰擦襦↓0象をコントロールする、と振舛鯑世詭昌匹療澗Г箸蓮↓イ海譴30枚に1件受注できる名刺だ、Γ靴弔亮遡笋如△弔あうべきお客さまが分かる、Э掘μ昌匹離襦璽15か条、名刺交換後のトドメの一撃など、内容が盛りだくさん。

私・和田創は前座として、「社長スクール」で講演を行います。
演題は、「深刻、予算未達が慢性化する職場」
時間は、午後6時50分〜7時20分(30分間)。
その根本原因は、経営トップや営業幹部が抱く、錆び付いた営業観にあります。
売れる時代と売れない時代、成長期と成熟期では営業の考え方もやり方も正反対になることさえ知らないのです。

当日の受講料は一般4千円、会員2千円。
NPO法人なので、収益事業でなく社会貢献事業。
ぜひお気軽にご参加ください。
初めての方、営業未経験者、学生、大歓迎です。

なお、途中の20分間はフリータイム(名刺交換会&休憩)。
毎回、ゲストと参加者、参加者同士で大盛りあがり。
どうか名刺をお忘れなく。
お持ちでない方は、手書きなどでも結構。

では、会場でお目にかかりましょう。

人気ブログランキング ←応援、よろしく!(1日1クリック)

2010年3月公開講座

eigyojissenuniv at 08:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年03月06日

日本の祭「阿波おどり」の天水たち

◇浅野都(事務局)
NPO法人営業実践大学では会報『月刊営業人(えいぎょうびと)』を発行しています。
このたび、本大学の理事長・和田創(わだ・そう)による「巻頭言」をホームページで公開することにしました。
ぜひご覧ください。

2010年2月号◇巻頭言2 日本の祭「阿波おどり」の天水たち

なお、本大学では長年、月例で公開講座(大学セミナー)を開催し、トップセールスマンなどから営業の生きたノウハウと事例を学習する機会を提供しています。

なお、本大学では長年、月例で公開講座(大学セミナー)を開催し、トップセールスマンなどから営業の生きたノウハウと事例を学習する機会を提供しています。

公開講座(大学セミナー&社長スクール)のご案内はこちら。

人気ブログランキング ←応援、よろしく!(1日1クリック)

2010年3月公開講座

eigyojissenuniv at 11:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年03月05日

話下手でも初対面で仕事が取れる(再録)

◇和田創(事務局)
私が理事長を務める「NPO法人営業実践大学」では 第165回公開講座を行います。
実は、本大学は、現在のスタイルでの運営を2011年3月に終了します。
ついては、2010年1月〜9月を過去の好評セミナーのアンコール企画としました。
長らくのご支援に対し、心より感謝します。
第3弾の案内文は以下のとおり。

福ちゃん名刺2名刺だけで仕事を取る…。
そんな離れ業ができるとは信じられませんが、当たり前のように実践している営業の達人が見つかりました。
ゲストの福田剛大氏です。
HP作成を本業としているにもかかわらず、「名刺だけで仕事が取れることを証明する」とウェブでは営業を行いません。
氏は、初対面の相手に対するセールストークをAIDMAの法則(注意⇒関心⇒欲求⇒記憶⇒行動)に従い、名刺という営業ツールに定着させました。
今回は、初対面の話法のポイントと名刺への落とし込み方について学びます。
成績向上、間違いなし!
きわめて即効性の高い具体的な内容です。

概要は以下のとおり。

日 程◆2010年3月9日(火)
時 間◆午後7時40分〜9時20分(1時間40分)
会 場◆ジェイック(地下鉄神保町駅至近)
演 題◆名刺だけで仕事を取る秘訣とは!?
副 題◆自分と顧客の緊張をほぐし、商談を円滑にまとめる
ゲスト◆福田剛大氏(瞬間★ブランドツールクリエイター)

公開講座20071205-01氏は、1968年生まれ。
広告代理店などでマーケティング業務を担当。 100社以上の販促ツールを手がけました。
数年前、人と会話ができない状態に陥り、その経験を踏まえて自分から話さず、相手から話させる営業方法を確立しました。
現在は「話下手でも初対面で仕事が取れる名刺づくり」をテーマにセミナー、コンサルティングなどで幅広く活躍しています。

福ちゃん名刺1当日は、〔昌匹郎能蕕留超肇帖璽襦↓∀嘆室蠅任睫昌匹馬辰擦襦↓0象をコントロールする、と振舛鯑世詭昌匹療澗Г箸蓮↓イ海譴30枚に1件受注できる名刺だ、Γ靴弔亮遡笋如△弔あうべきお客さまが分かる、Э掘μ昌匹離襦璽15か条、名刺交換後のトドメの一撃など、内容が盛りだくさん。

私・和田創は前座として、「社長スクール」で講演を行います。
演題は、「深刻、予算未達が慢性化する職場」
時間は、午後6時50分〜7時20分(30分間)。
その根本原因は、経営トップや営業幹部が抱く、錆び付いた営業観にあります。
売れる時代と売れない時代、成長期と成熟期では営業の考え方もやり方も正反対になることさえ知らないのです。

当日の受講料は一般4千円、会員2千円。
NPO法人なので、収益事業でなく社会貢献事業。
ぜひお気軽にご参加ください。
初めての方、営業未経験者、学生、大歓迎です。

なお、途中の20分間はフリータイム(名刺交換会&休憩)。
毎回、ゲストと参加者、参加者同士で大盛りあがり。
どうか名刺をお忘れなく。
お持ちでない方は、手書きなどでも結構。

では、会場でお目にかかりましょう。

人気ブログランキング ←応援、よろしく!(1日1クリック)

2010年3月公開講座

eigyojissenuniv at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年03月04日

陳建一の後継者教育…ソロモン流

◇浅野都(事務局)
NPO法人営業実践大学では会報『月刊営業人(えいぎょうびと)』を発行しています。
このたび、本大学の理事長・和田創(わだ・そう)による「巻頭言」をホームページで公開することにしました。
ぜひご覧ください。

2010年2月号◇巻頭言1 陳建一の後継者教育…ソロモン流

なお、本大学では長年、月例で公開講座(大学セミナー)を開催し、トップセールスマンなどから営業の生きたノウハウと事例を学習する機会を提供しています。

なお、本大学では長年、月例で公開講座(大学セミナー)を開催し、トップセールスマンなどから営業の生きたノウハウと事例を学習する機会を提供しています。

公開講座(大学セミナー&社長スクール)のご案内はこちら。

人気ブログランキング ←応援、よろしく!(1日1クリック)

2010年3月公開講座

eigyojissenuniv at 08:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年03月03日

名刺だけで仕事を取る秘訣とは!?

◇和田創(事務局)
私が理事長を務める「NPO法人営業実践大学」では 第165回公開講座を行います。
実は、本大学は、現在のスタイルでの運営を2011年3月に終了します。
ついては、2010年1月〜9月を過去の好評セミナーのアンコール企画としました。
長らくのご支援に対し、心より感謝します。
第3弾の案内文は以下のとおり。

福ちゃん名刺2名刺だけで仕事を取る…。
そんな離れ業ができるとは信じられませんが、当たり前のように実践している営業の達人が見つかりました。
ゲストの福田剛大氏です。
HP作成を本業としているにもかかわらず、「名刺だけで仕事が取れることを証明する」とウェブでは営業を行いません。
氏は、初対面の相手に対するセールストークをAIDMAの法則(注意⇒関心⇒欲求⇒記憶⇒行動)に従い、名刺という営業ツールに定着させました。
今回は、初対面の話法のポイントと名刺への落とし込み方について学びます。
成績向上、間違いなし!
きわめて即効性の高い具体的な内容です。

概要は以下のとおり。

日 程◆2010年3月9日(火)
時 間◆午後7時40分〜9時20分(1時間40分)
会 場◆ジェイック(地下鉄神保町駅至近)
演 題◆名刺だけで仕事を取る秘訣とは!?
副 題◆自分と顧客の緊張をほぐし、商談を円滑にまとめる
ゲスト◆福田剛大氏(瞬間★ブランドツールクリエイター)

公開講座20071205-01氏は、1968年生まれ。
広告代理店などでマーケティング業務を担当。 100社以上の販促ツールを手がけました。
数年前、人と会話ができない状態に陥り、その経験を踏まえて自分から話さず、相手から話させる営業方法を確立しました。
現在は「話下手でも初対面で仕事が取れる名刺づくり」をテーマにセミナー、コンサルティングなどで幅広く活躍しています。

福ちゃん名刺1当日は、〔昌匹郎能蕕留超肇帖璽襦↓∀嘆室蠅任睫昌匹馬辰擦襦↓0象をコントロールする、と振舛鯑世詭昌匹療澗Г箸蓮↓イ海譴30枚に1件受注できる名刺だ、Γ靴弔亮遡笋如△弔あうべきお客さまが分かる、Э掘μ昌匹離襦璽15か条、名刺交換後のトドメの一撃など、内容が盛りだくさん。

私・和田創は前座として、「社長スクール」で講演を行います。
演題は、「深刻、予算未達が慢性化する職場」
時間は、午後6時50分〜7時20分(30分間)。
その根本原因は、経営トップや営業幹部が抱く、錆び付いた営業観にあります。
売れる時代と売れない時代、成長期と成熟期では営業の考え方もやり方も正反対になることさえ知らないのです。

当日の受講料は一般4千円、会員2千円。
NPO法人なので、収益事業でなく社会貢献事業。
ぜひお気軽にご参加ください。
初めての方、営業未経験者、学生、大歓迎です。

なお、途中の20分間はフリータイム(名刺交換会&休憩)。
毎回、ゲストと参加者、参加者同士で大盛りあがり。
どうか名刺をお忘れなく。
お持ちでない方は、手書きなどでも結構。

では、会場でお目にかかりましょう。

人気ブログランキング ←応援、よろしく!(1日1クリック)

2010年3月公開講座

eigyojissenuniv at 09:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年02月10日

営業提案書のレベルの高さ

◇浅野都(事務局)
NPO法人営業実践大学では会報『月刊営業人(えいぎょうびと)』を発行しています。
このたび、本大学の理事長・和田創(わだ・そう)による「巻頭言」をホームページで公開することにしました。
ぜひご覧ください。

2010年1月号◇巻頭言4 営業提案書のレベルの高さ

なお、本大学では長年、月例で公開講座(大学セミナー)を開催し、トップセールスマンなどから営業の生きたノウハウと事例を学習する機会を提供しています。

なお、本大学では長年、月例で公開講座(大学セミナー)を開催し、トップセールスマンなどから営業の生きたノウハウと事例を学習する機会を提供しています。

公開講座(大学セミナー&社長スクール)のご案内はこちら。

人気ブログランキング ←応援、よろしく!(1日1クリック)

2010年2月公開講座

eigyojissenuniv at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年02月09日

営業を鍛えて下請けを抜け出す(再録)

◇和田創(事務局)
私が理事長を務める「NPO法人営業実践大学」では 第164回公開講座を行います。
実は、本大学は、現在のスタイルでの運営を2011年3月に終了します。
ついては、2010年1月〜9月を過去の好評セミナーのアンコール企画としました。
長らくのご支援に対し、心より感謝します。
第2弾の案内文は以下のとおり。

リフォームなど、高額にもかかわらず、顧客が自らのニーズを整理しきれないとか、購入後でないと良否が判断できない商品が少なくありません。
こうした営業活動で大切なのは、初期段階で顧客と信頼関係を形成し、相手から選ばれる側になることです。
そこで、長らく訪問の回数が重視されてきました。
しかし、実際には顧客の反発を強めたり不信を招いたりして商談の成立を遠のけているケースが目立ちます。
ゲストは、信頼関係の形成には接触の量より“質”が重要と断言します。
今月は、顧客との良好なコミュニケーションを可能にするトークの急所を学ぶ実践的なセミナーです。

概要は以下のとおり。

日 程◆2010年2月10日(水)
時 間◆午後7時40分〜9時20分(1時間40分)
会 場◆ジェイック(地下鉄神保町駅至近)
演 題◆顧客の信頼を高める 実践トーク15の急所
副 題◆売上を伸ばすには、接触の量より質を大事にせよ!
ゲスト◆木戸一敏氏(モエル株式会社代表取締役)

氏は、1962年生まれ。
対人関係が苦手の小心者でしたが、営業に憧れてフルコミの世界に飛び込みました。
3カ月でトップになりましたが、営業の真髄を極めようと住宅リフォーム会社へ入社し、半月でトップに。
その後、リフォーム会社を興しました。
2002年、モエルを設立してコンサルタントとして独立。
「モエル塾」「みとめ方研究所」も主宰。
指導、講演や著書は多数。

当日は、ー付&インタフォンの突破、9グ象を与える名刺交換、チ蠎蠅醗豕い紡任漸鬚韻襦↓相手の本心を見抜く、相手の考えを引き出す、雑談を商談に変える、NOに対する敗者復活など、即使える内容が盛りだくさん。

私・和田創は前座として、「社長スクール」で講演を行います。
演題は、「実質“下請け”状態から抜け出せ!」
時間は、午後6時50分〜7時20分(30分間)。
もはや下請けでは会社や社員を守れません。
どのように脱却すべきかについて、ガイドラインとポイントを示します。

当日の受講料は一般4千円、会員2千円。
NPO法人なので、収益事業でなく社会貢献事業。
ぜひお気軽にご参加ください。
初めての方、営業未経験者、学生、大歓迎です。

なお、途中の20分間はフリータイム(名刺交換会&休憩)。
毎回、ゲストと参加者、参加者同士で大盛りあがり。
どうか名刺をお忘れなく。
お持ちでない方は、手書きなどでも結構。

では、会場でお目にかかりましょう。

人気ブログランキング ←応援、よろしく!(1日1クリック)

2010年2月公開講座

eigyojissenuniv at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年02月08日

ファッション誌、付録バブル?

◇浅野都(事務局)
NPO法人営業実践大学では会報『月刊営業人(えいぎょうびと)』を発行しています。
このたび、本大学の理事長・和田創(わだ・そう)による「巻頭言」をホームページで公開することにしました。
ぜひご覧ください。

2010年1月号◇巻頭言3 ファッション誌、付録バブル?

なお、本大学では長年、月例で公開講座(大学セミナー)を開催し、トップセールスマンなどから営業の生きたノウハウと事例を学習する機会を提供しています。

なお、本大学では長年、月例で公開講座(大学セミナー)を開催し、トップセールスマンなどから営業の生きたノウハウと事例を学習する機会を提供しています。

公開講座(大学セミナー&社長スクール)のご案内はこちら。

人気ブログランキング ←応援、よろしく!(1日1クリック)

2010年2月公開講座

eigyojissenuniv at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年02月07日

トップセールスマンセミナー(再録)

◇和田創(事務局)
私が理事長を務める「NPO法人営業実践大学」では 第164回公開講座を行います。
実は、本大学は、現在のスタイルでの運営を2011年3月に終了します。
ついては、2010年1月〜9月を過去の好評セミナーのアンコール企画としました。
長らくのご支援に対し、心より感謝します。
第2弾の案内文は以下のとおり。

リフォームなど、高額にもかかわらず、顧客が自らのニーズを整理しきれないとか、購入後でないと良否が判断できない商品が少なくありません。
こうした営業活動で大切なのは、初期段階で顧客と信頼関係を形成し、相手から選ばれる側になることです。
そこで、長らく訪問の回数が重視されてきました。
しかし、実際には顧客の反発を強めたり不信を招いたりして商談の成立を遠のけているケースが目立ちます。
ゲストは、信頼関係の形成には接触の量より“質”が重要と断言します。
今月は、顧客との良好なコミュニケーションを可能にするトークの急所を学ぶ実践的なセミナーです。

概要は以下のとおり。

日 程◆2010年2月10日(水)
時 間◆午後7時40分〜9時20分(1時間40分)
会 場◆ジェイック(地下鉄神保町駅至近)
演 題◆顧客の信頼を高める 実践トーク15の急所
副 題◆売上を伸ばすには、接触の量より質を大事にせよ!
ゲスト◆木戸一敏氏(モエル株式会社代表取締役)

氏は、1962年生まれ。
対人関係が苦手の小心者でしたが、営業に憧れてフルコミの世界に飛び込みました。
3カ月でトップになりましたが、営業の真髄を極めようと住宅リフォーム会社へ入社し、半月でトップに。
その後、リフォーム会社を興しました。
2002年、モエルを設立してコンサルタントとして独立。
「モエル塾」「みとめ方研究所」も主宰。
指導、講演や著書は多数。

当日は、ー付&インタフォンの突破、9グ象を与える名刺交換、チ蠎蠅醗豕い紡任漸鬚韻襦↓相手の本心を見抜く、相手の考えを引き出す、雑談を商談に変える、NOに対する敗者復活など、即使える内容が盛りだくさん。

私・和田創は前座として、「社長スクール」で講演を行います。
演題は、「実質“下請け”状態から抜け出せ!」
時間は、午後6時50分〜7時20分(30分間)。
もはや下請けでは会社や社員を守れません。
どのように脱却すべきかについて、ガイドラインとポイントを示します。

当日の受講料は一般4千円、会員2千円。
NPO法人なので、収益事業でなく社会貢献事業。
ぜひお気軽にご参加ください。
初めての方、営業未経験者、学生、大歓迎です。

なお、途中の20分間はフリータイム(名刺交換会&休憩)。
毎回、ゲストと参加者、参加者同士で大盛りあがり。
どうか名刺をお忘れなく。
お持ちでない方は、手書きなどでも結構。

では、会場でお目にかかりましょう。

人気ブログランキング ←応援、よろしく!(1日1クリック)

2010年2月公開講座

eigyojissenuniv at 07:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年02月03日

上海ディズニーランド開業へ

◇浅野都(事務局)
NPO法人営業実践大学では会報『月刊営業人(えいぎょうびと)』を発行しています。
このたび、本大学の理事長・和田創(わだ・そう)による「巻頭言」をホームページで公開することにしました。
ぜひご覧ください。

2010年1月号◇巻頭言2 上海ディズニーランド開業へ

なお、本大学では長年、月例で公開講座(大学セミナー)を開催し、トップセールスマンなどから営業の生きたノウハウと事例を学習する機会を提供しています。

なお、本大学では長年、月例で公開講座(大学セミナー)を開催し、トップセールスマンなどから営業の生きたノウハウと事例を学習する機会を提供しています。

公開講座(大学セミナー&社長スクール)のご案内はこちら。

人気ブログランキング ←応援、よろしく!(1日1クリック)

2010年2月公開講座

eigyojissenuniv at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年02月01日

セールストークの急所とは?(再録)

◇和田創(事務局)
私が理事長を務める「NPO法人営業実践大学」では 第164回公開講座を行います。
実は、本大学は、現在のスタイルでの運営を2011年3月に終了します。
ついては、2010年1月〜9月を過去の好評セミナーのアンコール企画としました。
長らくのご支援に対し、心より感謝します。
第2弾の案内文は以下のとおり。

リフォームなど、高額にもかかわらず、顧客が自らのニーズを整理しきれないとか、購入後でないと良否が判断できない商品が少なくありません。
こうした営業活動で大切なのは、初期段階で顧客と信頼関係を形成し、相手から選ばれる側になることです。
そこで、長らく訪問の回数が重視されてきました。
しかし、実際には顧客の反発を強めたり不信を招いたりして商談の成立を遠のけているケースが目立ちます。
ゲストは、信頼関係の形成には接触の量より“質”が重要と断言します。
今月は、顧客との良好なコミュニケーションを可能にするトークの急所を学ぶ実践的なセミナーです。

概要は以下のとおり。

日 程◆2010年2月10日(水)
時 間◆午後7時40分〜9時20分(1時間40分)
会 場◆ジェイック(地下鉄神保町駅至近)
演 題◆顧客の信頼を高める 実践トーク15の急所
副 題◆売上を伸ばすには、接触の量より質を大事にせよ!
ゲスト◆木戸一敏氏(モエル株式会社代表取締役)

氏は、1962年生まれ。
対人関係が苦手の小心者でしたが、営業に憧れてフルコミの世界に飛び込みました。
3カ月でトップになりましたが、営業の真髄を極めようと住宅リフォーム会社へ入社し、半月でトップに。
その後、リフォーム会社を興しました。
2002年、モエルを設立してコンサルタントとして独立。
「モエル塾」「みとめ方研究所」も主宰。
指導、講演や著書は多数。

当日は、ー付&インタフォンの突破、9グ象を与える名刺交換、チ蠎蠅醗豕い紡任漸鬚韻襦↓相手の本心を見抜く、相手の考えを引き出す、雑談を商談に変える、NOに対する敗者復活など、即使える内容が盛りだくさん。

私・和田創は前座として、「社長スクール」で講演を行います。
演題は、「実質“下請け”状態から抜け出せ!」
時間は、午後6時50分〜7時20分(30分間)。
もはや下請けでは会社や社員を守れません。
どのように脱却すべきかについて、ガイドラインとポイントを示します。

当日の受講料は一般4千円、会員2千円。
NPO法人なので、収益事業でなく社会貢献事業。
ぜひお気軽にご参加ください。
初めての方、営業未経験者、学生、大歓迎です。

なお、途中の20分間はフリータイム(名刺交換会&休憩)。
毎回、ゲストと参加者、参加者同士で大盛りあがり。
どうか名刺をお忘れなく。
お持ちでない方は、手書きなどでも結構。

では、会場でお目にかかりましょう。

人気ブログランキング ←応援、よろしく!(1日1クリック)

2010年2月公開講座

eigyojissenuniv at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年01月29日

ユニクロ柳井正、成功に自信

◇浅野都(事務局)
NPO法人営業実践大学では会報『月刊営業人(えいぎょうびと)』を発行しています。
このたび、本大学の理事長・和田創(わだ・そう)による「巻頭言」をホームページで公開することにしました。
ぜひご覧ください。

2010年1月号◇巻頭言1 ユニクロ柳井正、成功に自信

なお、本大学では長年、月例で公開講座(大学セミナー)を開催し、トップセールスマンなどから営業の生きたノウハウと事例を学習する機会を提供しています。

なお、本大学では長年、月例で公開講座(大学セミナー)を開催し、トップセールスマンなどから営業の生きたノウハウと事例を学習する機会を提供しています。

公開講座(大学セミナー&社長スクール)のご案内はこちら。

人気ブログランキング ←応援、よろしく!(1日1クリック)

2010年2月公開講座

eigyojissenuniv at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年01月28日

トークで顧客の信頼をつかめ

◇和田創(事務局)
私が理事長を務める「NPO法人営業実践大学」では 第164回公開講座を行います。
実は、本大学は、現在のスタイルでの運営を2011年3月に終了します。
ついては、2010年1月〜9月を過去の好評セミナーのアンコール企画としました。
長らくのご支援に対し、心より感謝します。
第2弾の案内文は以下のとおり。

リフォームなど、高額にもかかわらず、顧客が自らのニーズを整理しきれないとか、購入後でないと良否が判断できない商品が少なくありません。
こうした営業活動で大切なのは、初期段階で顧客と信頼関係を形成し、相手から選ばれる側になることです。
そこで、長らく訪問の回数が重視されてきました。
しかし、実際には顧客の反発を強めたり不信を招いたりして商談の成立を遠のけているケースが目立ちます。
ゲストは、信頼関係の形成には接触の量より“質”が重要と断言します。
今月は、顧客との良好なコミュニケーションを可能にするトークの急所を学ぶ実践的なセミナーです。

概要は以下のとおり。

日 程◆2010年2月10日(水)
時 間◆午後7時40分〜9時20分(1時間40分)
会 場◆ジェイック(地下鉄神保町駅至近)
演 題◆顧客の信頼を高める 実践トーク15の急所
副 題◆売上を伸ばすには、接触の量より質を大事にせよ!
ゲスト◆木戸一敏氏(モエル株式会社代表取締役)

氏は、1962年生まれ。
対人関係が苦手の小心者でしたが、営業に憧れてフルコミの世界に飛び込みました。
3カ月でトップになりましたが、営業の真髄を極めようと住宅リフォーム会社へ入社し、半月でトップに。
その後、リフォーム会社を興しました。
2002年、モエルを設立してコンサルタントとして独立。
「モエル塾」「みとめ方研究所」も主宰。
指導、講演や著書は多数。

当日は、ー付&インタフォンの突破、9グ象を与える名刺交換、チ蠎蠅醗豕い紡任漸鬚韻襦↓相手の本心を見抜く、相手の考えを引き出す、雑談を商談に変える、NOに対する敗者復活など、即使える内容が盛りだくさん。

私・和田創は前座として、「社長スクール」で講演を行います。
演題は、「実質“下請け”状態から抜け出せ!」
時間は、午後6時50分〜7時20分(30分間)。
もはや下請けでは会社や社員を守れません。
どのように脱却すべきかについて、ガイドラインとポイントを示します。

当日の受講料は一般4千円、会員2千円。
NPO法人なので、収益事業でなく社会貢献事業。
ぜひお気軽にご参加ください。
初めての方、営業未経験者、学生、大歓迎です。

なお、途中の20分間はフリータイム(名刺交換会&休憩)。
毎回、ゲストと参加者、参加者同士で大盛りあがり。
どうか名刺をお忘れなく。
お持ちでない方は、手書きなどでも結構。

では、会場でお目にかかりましょう。

人気ブログランキング ←応援、よろしく!(1日1クリック)

2010年2月公開講座

eigyojissenuniv at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年01月12日

雇用、下振れリスクが増大!

◇浅野都(事務局)
NPO法人営業実践大学では会報『月刊営業人(えいぎょうびと)』を発行しています。
このたび、本大学の理事長・和田創(わだ・そう)による「巻頭言」をホームページで公開することにしました。
ぜひご覧ください。

2009年12月号◇巻頭言4 雇用、下振れリスクが増大!

なお、本大学では長年、月例で公開講座(大学セミナー)を開催し、トップセールスマンなどから営業の生きたノウハウと事例を学習する機会を提供しています。

なお、本大学では長年、月例で公開講座(大学セミナー)を開催し、トップセールスマンなどから営業の生きたノウハウと事例を学習する機会を提供しています。

公開講座(大学セミナー&社長スクール)のご案内はこちら。

人気ブログランキング ←応援、よろしく!(1日1クリック)

2010年1月公開講座

eigyojissenuniv at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!