国家は戦争へ一直線ヨーーポチで反撃へヨロシクです    

ツツジ科
「しゃくなげ」の画像検索結果 ふるさとの山形県庄内地方には、シャクナゲを田の水口に供えて豊作を願う神事がありました。白装束の青年たちが、自生するシャクナゲを採りに鳥海山に登るのです
豊作を願う石楠花採りて来し
 学徒の戦死語り継ぐべし
鳥海昭子

   

15歳いいかの子どもの数は前年より17万人少なく、36年連続で減少する見通し。価値観の変化と、解消されない 待機児童の問題、増え続ける 収入少ない非正規雇用なども影響ーーー。東京新聞Web
  1948年に公布された「祝日法」では「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」と定められているの。

昭和天皇には7人お子。7番目は貴子さま。
長兄・明仁(平成天皇)の学友・島津久永(薩摩藩支藩日向佐土原14代従五位下・)当時の流行語「私の選んだ人を見て下さって…」
当時昭和天皇の子の降下として世相をにぎわしました。
宮崎が新婚旅行の地とそれがきっかけで新婚メッカになるの火をつけましたね。

佐土原高月院に眠る第9代藩主。忠持の頃-
大阪夏の陣秀頼の乳母、乳兄弟ゆえ総大将・木村重成
「佐土原八日町に重成の誕生の地がある」
と藩内の事跡や伝説等を選集させた忠持『旧事雑記』にアル。クリックすると新しいウィンドウで開きます

「佐土原 こいの...」の画像検索結果佐土原藩4代藩主島津忠高が
26歳の若さで亡くなり、その子・万吉丸は2歳にも満たない年齢であった為、
世継ぎを巡って争いが生じました。その混乱の中、万吉丸の母・松寿院が
「息子と藩が、大海を泳ぐ鯨のように力強くたくましく育って欲しい」

と願いを込めて鯨に似せたようかんを作らせました。「佐土原 こいの...」の画像検索結果
万吉丸は後に5代藩主島津惟久となり、名君と慕われたそうです。
以来佐土原町ではは縁起物になり、のぼりや畳など、
いろいろなものををモチーフにして作っているのだそうです
くじらようかん」、
米の粉を練った物をあんこで挟んで蒸した和菓子です!
 「佐土原 こいの...」の画像検索結果
鯨を守るためと日本船に激突するユダヤロックフェラーのグリンピース
このユダヤ金融資本たちが多くの鯨を殺し2万人の日本人を殺した

国民感情のレッドラインを超えました
自国が土砂災害で大変になってる状況でもゴルフを優先する無責任野郎ですからね😬アヘを一刻も早く降ろすのが最大の安全保障。
鎌倉赤く染まりないている