「なに・・・探してるの・・」 
\¤\᡼\¸ 9
 「どこでぇイメージ 5 ポチッ!するの・・」イメージ 5 ポチッ
国家は戦争へ一直線ヨーー

                            
     
   「ここですヨォォー」         https://blog.with2.net/link.php?1887711      
  ありがとう       ニャァン!
 
「ドシタモンカァ~、トヘネンゴツ・・・・」
 「ヌキー~~~」「ヌキシテタマラン。」 
「ヒンダルルワぁー~~」
7月2日。 の投開票日です。
期日前投票は、前回同時期に比べ1.4倍。
投票率も前回の43.5%を大幅に上回る可能性が高そう。
投票率は1%増減するだけで約11万票も動き、
選挙結果を大きく左右するそうです。
都民は忘れたのか?                                                                                  小池百合子が、小泉純一郎政権下で防衛大臣を務めた時に、                         「日本は、燃料電池戦闘機やハイブリッド戦車を開発すべきだ」                          と言ったことを。第ニ自民党を形成しつつある小池百合子は、「中身がからっぽ」だが、しばらくは隆盛だろう。
もっと出るだろう!

政治の膿(うみ)を出せ!
執刀医は我々国民


イメージ
自民党は主流:宏池会vs反主流:清和会の争闘の歴史でした
小渕総理が最後の自民党主流:宏池会の政治でした
宗主国の米国に旨く取り入る経済重視、防衛力は米国利用。
小渕総理後、清和会の森総理、小泉アベ福田麻生
第2次アベと清和会派閥所属が総理に就任しています。
清和会は米国のポチ政治が極端です。中国敵視、台湾派閥です
30日、日刊スポーツが清和会最大派閥細田派の状況を記事にしています
イメージ

                                        
イメージ 
スポーツ紙の方が昨日アキバで起きた事件を正確に伝えている。
朝日は「一部の聴衆から『安倍辞めろコール』が起きた」としか書いていない。
ばかりか安倍の言い分を中心に報道している。
一般紙は報道の使命を終えたのではないか。テレビは言を待つまでもない。

 


下村元文科相への闇献金。
加計学園だけでなく、ある大手予備校代表が12年9月に博文会に50万円分のパー券を購入しているのに収支報告書に記載がない。
このように記載義務があるのに不記載のパー券は全部で1000万円に上る。
これも複数の20万円以下の企業と個人と逃げるのだろうか。

かつて小沢一郎氏は土地購入資金が収支報告書に記載があるのに日付がズレていたというだけで検察の捜査を受けている。
200万円は11の個人と企業からのものといい、その11の個人と企業を示せというと、それは法律で公表しなくてもいいということになっていると拒否。
コレ比較非常におかしい。

問題発言撤回後の稲田防衛大臣。報道陣に囲まれても一切何も答えない。
官邸から「答えるな」という指示が出ている。しかし顔はいろいろなことを発言している。「あなたたちがいくら私を辞めさせようとしても私には総理が付いているのよ」と。稲田の表情はそういっているように見える。

萩生田文書といわれるものは3つある。
萩生田氏はこれらは内容がいずれも正しくないといい、文科相も同調する。
そして、自分は総理から何も指示を受けていないという。
しかも彼は会見を開かず、そういうコメントを出すだけである。
逃げているといわれても仕方があるまい。文科省からは怒りの声噴出。

漫画「ゴルゴ13」の主人公、デューク東郷が海外展開する日本の中小企業向けに、安全対策の重要性を説く解説付きの漫画10万部を外務省が全国で無料で配布する。外務省のホームページに今年の3月から掲載され、80万件以上のアクセスがあったという。外務省にとしては、なかなか粋な試みである
米韓首脳会談。
終了後の記者会見は行われるが、記者質問はなし。内容は相当厳しいものになる。
米軍による北朝鮮への奇襲攻撃は行われる可能性は大。
米軍側の準備はすべて整っている。また8月には米韓合同軍事演習が行われるが、この時期が危ない。http://electronic-journal.seesaa.net/article/451335661.html
28日、マクマスター米大統領補佐官は次の注目発言。
米韓首脳会談の直前。「トランプ大統領は北朝鮮を核保有国として認めないし、米国に対する脅威になることも容認しない。そのためには軍事オプションを含むすべての選択肢を準備する」。これは北朝鮮には圧力をかけ続けるということである
都議選で公明党がおかしな動きをしている。
公明党は候補者のいない地域で、公明票を都民Fと自民党に半分ずつに分けているというウワサが出ている。
公明党は国政で自民党と組んでいるので、ひそかに都議選でも自民党を支援している。卑怯でひどい話だ。http://president.jp/articles/-/22448
30日夕刊フジの興味深い2人の選挙プランナーの都議選分析。
松田馨の都民F49、自民党30
三浦博史は都民F35、自民党46
三浦はいつも自民党寄りの予測。
この差は公明党は候補を出していない選挙区の公明党票を都民Fと自民党に折半、三浦はそれを知っている。
遂にトランプ政権が中国にキレた。
29日、中国の丹東銀行を制裁対象にすると発表。
この銀行は北朝鮮が国際金融取引を行う際の窓口として利用され、マネーロンダリングにかかわったと認定。
弾道ミサイル開発に関わる企業との間で、数百万ドル相当の取り引きがあったという。米国は中国を見切っている。

自民党は野党の閉会中審査に応じようとしない。
竹下国対委員長は「都議選の結果を見て考える」といっている。最悪の対応。
そして稲田大臣も温存せざるを得ない。
しかしそれが都民の怒りを増幅させている
。もし投票率が高くなると、自民党は目も当てられない惨敗になる。将棋でいえば詰んでいる。

下村元文科相の闇献金疑惑。
加計隠しの乱暴な国会運営。
豊田真由子議員の不祥事。
稲田防衛大臣の公選法違反発言。
これに続く下村元文科相の闇献金疑惑。
本人は否定しているが、明らかな脱法献金。自民党はアウトだ。
下村と加計   
公明が自民に票をまわした・・・・情報あり。。。。