ポチよろしくです
                                       
    「ここですヨォォー」  https://blog.with2.net/rank4667-0.

今日の誕生日の花は      トレニア
  花言葉               愛嬌
ゴマノハグサ科
「トレニア」の画像検索結果
希望の党進出に東京都選出の自民党議員は怯えている。
頼みは公明党の推薦、
これには厳しい条件。
衆院候補は3万5千枚のはがきを郵送料なしで出せるが、
そのうち2千枚は「比例は公明党」と書いて出し、その名簿を公明党に提出するのが条件。
自民党も比例候補がいるので、コアの支持者が離れる
確かに前原誠司には言葉にインパクトがない。「発信力」にかける。
尤も、小池百合子との比較なんだが。
メデイア総力で小池百合子持ち上げテェなんだっ!
アリャァ、かなりバックの大きな勢力を見て取れる。
会見背後の希望の党の「希」は普通のコンピューター登録の文字でなくデザイン。
商標登録自分でやったとわざわざバラシテル。申請登録6か月の期間がいる。
2月には申請していた希望の党。すべてが計画的。。比して前原の話しぶり。
反安倍の多くの国民が思っていること、言いたいことを代弁しないといけないのに、カメラを向けられたリアルタイムの場で言葉が出ない。それもだ。
小池百合子に秋波を送るなど最悪。離党者が増えるだけじゃないか
権力維持、権謀術能力の差が出てる。
石川健治東大教授「今回の衆院解散は「国会の召集権」が絡んでいる。
憲法53条後段に基づき野党が臨時国会の召集を求めたにもかかわらず総理がなかなか応じず、ようやく召集される臨時国会で一切の審議もせずに解散というのでは53条違反だ」

希望の党,読売社説に納得
「憲法改正案、公明は慎重姿勢を崩さず、膠着状態。
今回の解散は、この局面を打開する狙い。
自民、公明、日本維新の会の現勢力にとどまらず、小池結成を表明した「希望の党」とも連携する。
新たな枠組みで衆院の3分の2を確保し、発議する。そんな展開も考えられる」

「ハーメルンの笛吹き男」ならぬ「永田町のホラ吹き男」
安倍がTV局をはしごするのを見越し、安部と同時にTV出演。
苦虫を嚙み潰したような安倍を見ながら「改革は私」印象付ける。
パフォーマンスは超一流。実像より虚像を知り尽くしている。
前原、見栄を張るな。
火事場のバカ力を出せ。